左足 親指 しびれ。 指のしびれ:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

足のしびれ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

左足 親指 しびれ

気になる「足のしびれ」。 皆さんも一度は経験されたことがあるのではないでしょうか? 両足にしびれを感じる方、片足だけに感じる方、おしりから感じる方など感じる部位もさまざまです。 どちらにしましても、ビリビリと走り抜けるその感覚は決して気持ちのいいものではありませんし、不安になられる方も多いと思います。 その症状が長引いたり、日に日にしびれが大きくなるとなおさらです。 一口に「足のしびれ」といっても、考えられる原因は色々あり、その為対処方法も変わってきます。 もちろんそんなに心配しなくてもいい場合もありますが、思わぬ病気が潜んでいることもあるので、注意が必要です。 そう、 しびれが症状のサインというケースもあるのです。 そこで今日は足のしびれについて、皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。 しびれについての理解を深め、症状の改善に繋がればと思います。 足のしびれの原因とは何なのでしょう? 「足のしびれ」というのは、神経症の一つで、感覚の低下、運動麻痺や異常知覚などの症状としてあらわれます。 「長い間正座をしてしびれた」という経験をされた方も多いと思いますが、その場合は一時的なものなので、時間が経てば治まりますので心配ありません。 ただし、両足ではなく、片側だけがしびれる、または急にしびれ、急に治まるといった不安定なしびれは病気が関係していることもあり、注意が必要です。 足だけがしびれる場合 足だけがしびれる場合は、 血流が悪くなったり、骨の変形などにより神経を圧迫した結果起こるケースが多いと言われています。 血流が悪くなる原因としては、 動脈硬化症、糖尿病、血管の閉塞などが考えられます。 動脈硬化が進行し、脳梗塞になることもありますので、注意が必要です。 骨の変形は背骨が変形することにより、手足の先に行く神経が圧迫されることによりしびれが起こる場合があります。 脊椎の椎骨(ついこつ)の間にある軟骨が飛び出して神経を圧迫する 腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアや椎骨の形が変化し神経を通す空間(脊柱管)へせり出し、神経を圧迫し、腰から膝にかけて痛みや強いしびれが起きる 脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)などが代表的です。 片足だけがしびれる 片足だけがしびれるという方は 足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)といって、足のくるぶしの後ろにある足根管が神経を圧迫していることがあります。 足首の捻挫や骨折の後遺症、静脈瘤などが原因になることが多いようです。 またその他にも 外側大腿皮神経障害(がいそくだいたいひしんけいしょうがい)といって、ベルトやコルセットなどの締め付けが強すぎると、片足だけにしびれが発生することがあります。 おしりから太ももの後ろ、ふくらはぎに渡ってしびれる この場合は 座骨神経痛(ざこつしんけいつう)が考えられます。 年齢と共に筋肉が衰え、おしりから足にかけて痛みやしびれが起きやすくなります。 親指にしびれが出た場合は? 足のしびれといっても、特に 親指にしびれを感じる方も多くいらっしゃいます。 その場合はどういったことが考えられるのでしょうか? 足の親指がしびれている場合は、 腰に何らかの異常が起こっている場合が多、先程お伝えしました 椎間板ヘルニアである可能性があります。 また 糖尿病の初期症状として足の親指がしびれる場合があり、 高血糖により身体の神経がにぶくなっている為に症状が起こると言われています。 また きつい靴、自分の足に合っていない靴を履くことにより、親指が圧迫され、しびれることがあります。 こちらは 外反母趾の原因にもなります。 この場合は、自分のサイズに合った靴に変えることで、しびれは改善されます。 病気の治し方、ならない為には? いかがでしたでしょうか? 足のしびれといっても、一過性のものから手術や入院を必要とする大きな病気までさまざまで、驚かれたかと思います。 骨の変形によるヘルニアや糖尿病などの内臓疾患、動脈硬化による脳の病気などは、病院での治療が必要になります。 専門医師に相談しながら、改善するのが得策と思われます。 一方で、大きな事態にならないよう、日々気をつけることは私たちにも可能であり、逆に私たちにしかできないとも言えます。 しびれの大きな原因は、血流の悪化と骨の異常でしたから、予防策としては、 体、特に足を冷やさないようにし、改善に努めましょう。 靴下を履いたり、運動を習慣化したり、体型に合った服や下着に変えるだけでも、血流は著しく改善されます。 また喫煙されている方は 禁煙あるいは減煙されるだけでも変化しますので、見直すいいきっかけにしていただければと思います。 また骨の変形を防ぐ為にも、 正しい姿勢を意識するようにしましょう。 私たちを取り巻く現代社会は、姿勢を悪化する条件が非常に整っています。 パソコンやスマホ、テレビなどをする際は、ついつい姿勢は前のめり、首も傾いてしまっています。 このように悪い姿勢というのは、見た目だけの問題ではなく、身体に負担のかかる姿勢で、結果関節など身体の至るところを圧迫してしまいます。 ですので、使用する際は、姿勢も意識するようにして下さいね。

次の

指のしびれ:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

左足 親指 しびれ

正座などによって引き起こされる足のしびれは自然なものですが、これといった理由もないのに足のしびれが続く場合には注意が必要です。 正座をしていたわけでもないのに、足がジンジンしびれる• 腰痛がつらくて、足のしびれも気になる• いつも足の裏に何かが張り付いているようで、しびれている このような症状があるとき、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 足のしびれの原因となる病気 足のしびれは何かしらの病気が原因となって起きることがあります。 神経や骨の病気 足のしびれを引き起こす神経や骨の病気としてよくあるものは次の通りです。 腰椎椎間板ヘルニア 背骨の骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が、腰への負担などによって変性し、神経の通っている脊柱管内へ脱出することで神経を圧迫している状態です。 腰痛が主な症状ですが、足やお尻の周辺にしびれや痛みを伴うこともあります。 足根管症候群 そっこんかんしょうこうぐん 足の裏に行く神経が、内くるぶしの部分で圧迫されて起こります。 かかとを除く足の裏から足の指にかけてしびれて痛くなり、足の甲や足首より上にはしびれがないことが特徴です。 足の裏に何かがついているような感じを伴うこともあります。 体の病気が原因となる足のしびれ 次のような原因で足のしびれが起きることもあります。 脳血管障害 一般的にと呼ばれている病気です。 大きく分けて、脳の血管が破れて出血する、脳の血管が詰まって起こるがあります。 いずれの場合も、手足のしびれ、意識がおかしい、呂律が回らないなどの症状がみられることがほとんどです。 発症後すぐに適切な処置をすることが大事な病気のため、おかしいと感じたらただちに受診した方がよいでしょう。 受診の目安とポイント 足のしびれが続いていてよくならない場合や、他の症状が伴っている場合などは一度受診した方がよいでしょう。 基本的には整形外科への受診でよいですが、原因によっては他の科目を紹介されることもありますので、医師の指示に従いましょう。 受診時には、いつからどんな強さで足がしびれているのか、しびれるのは片足だけか・両足か、しびれの他にいつからどんな症状があるのかなどを伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の原因によって、足のしびれを感じるケースもあります。 一時的な神経の圧迫 正座などで一時的に神経を圧迫することで足がしびれることもあります。 一時的なしびれを感じたら 無理に動かすとしびれを悪化させるたり、こむらがえりの原因となることがあります。 しびれが自然におさまるのを待ちましょう。 血行不良 冷えなどの血行不良によってしびれを感じることもあります。 血行不良を感じたら ぬるめのお風呂にゆっくりとつかるなどして血行を促進しましょう。 湯船で足裏から足の付け根にかけてマッサージするのもよい方法です。 冬はもちろん夏でもエアコンの効いた室内にいる時には、靴下などで冷えすぎないように調節しましょう。 デスクワークの合間に軽く足首や足の指を動かすストレッチなどを行い、足先の血行をよくするのもよいでしょう。 よくならないときには 日常生活でできる対処法を試しても症状がよくならない場合には、一度病院を受診してみましょう。

次の

足の先端がしびれる原因|手足のしびれをケース別に分析

左足 親指 しびれ

しびれを感じたらお医者様を頼りましょう 痛風の初期症状は足の親指の激痛であるとされがちですが、実際はしびれが先に来ていると言われています。 ただ自覚されにくいものであり、そのしびれをただの違和感として見落としてしまうことは多いようです。 それほどまでに微々たるしびれです。 痛風の場合は、しびれを放置するとしびれの時間がどんどん長くなるようです。 痛みを伴うようになり、そしてよく言われている激痛が走るとされています。 ただ、しびれ自体は様々な病気の兆候でもあります。 もし、足を何処かにぶつけてしまったとか、上から何かを落っことしてしまったとか、そうした物理的被害が心当たりにない状態でしびれが発生した場合は、痛風やその他の病を疑う必要があります。 しびれの場合は、神経が圧迫されてしまっている場合や、糖尿などの病気を罹患している可能性があります。 まずは内科にいって診断してもらいましょう。 そこで投薬等の治療行為を受け、それで経過を見ましょう。 もし、内科の治療で改善が見られない場合は診療科を変える必要があります。 次は整形外科にも診断を受けてみてください。 内科と整形外科の診断をうければ、大抵の痺れの原因は突き止められるはずです。 早期発見早期治療で簡単治癒を目指しましょう しびれが痛風を起因とするものであれば、その段階で食事療法をはじめることで、痛風を改善することは可能です。 どんな病気であっても、早期発見であれば簡単な治療で治癒することが可能です。 ただ、しびれがあるからといって確実に痛風だというわけではありません。 他の病気の可能性を考えることなく、痛風の改善だけにつとめるのはやめましょう。 痛風だと決めつけたことで、他の病気が進行してしまう可能性があります。 体の不調を感じたら、すみやかにお医者様の診断をうけてください。

次の