ブルー バード 浜崎 あゆみ。 浜崎あゆみ / BLUE BIRD (Short Ver.)

浜崎あゆみ BPM(テンポ) まとめ

ブルー バード 浜崎 あゆみ

解説 [ ] 前作「」より、約3か月振りのリリース。 「Ladies Night 〜another night〜」は同年発売の7thアルバム『』に収録されていた同楽曲をアレンジしたもの。 本作で自身の持つシングル首位獲得数記録は27作に更新され、女性アーティスト部門では歴代1位の記録を更新、総合ではの38作に次ぐ歴代2位となった。 また、シングルの総売り上げ枚数が2,000万枚を突破した。 それまでシングルの総売り上げが2,000万枚を突破したのはB'z・・・の4組のみで、ソロ歌手および女性歌手としては史上初の快挙となった。 初登場1位、累計売上25. 9万枚。 収録曲 [ ] 全曲:ayumi hamasaki CD• Panasonic「 FX01」CMソング• BLUE BIRD "Harderground remix"• BLUE BIRD "Original Mix -Instrumental-"• Beautiful Fighters "Original Mix -Instrumental-" DVD• BLUE BIRD video clip• Beautiful Fighters video clip• BLUE BIRD making clip DVD• BLUE BIRD video clip• Beautiful Fighters video clip• Beautiful Fighters making clip 収録アルバム [ ]• BLUE BIRD• Beautiful Fighters• 『』 脚注 [ ] [].

次の

BLUE BIRD 浜崎あゆみ 歌詞情報

ブルー バード 浜崎 あゆみ

解説 [ ] 前作「」より、約3か月振りのリリース。 「Ladies Night 〜another night〜」は同年発売の7thアルバム『』に収録されていた同楽曲をアレンジしたもの。 本作で自身の持つシングル首位獲得数記録は27作に更新され、女性アーティスト部門では歴代1位の記録を更新、総合ではの38作に次ぐ歴代2位となった。 また、シングルの総売り上げ枚数が2,000万枚を突破した。 それまでシングルの総売り上げが2,000万枚を突破したのはB'z・・・の4組のみで、ソロ歌手および女性歌手としては史上初の快挙となった。 初登場1位、累計売上25. 9万枚。 収録曲 [ ] 全曲:ayumi hamasaki CD• Panasonic「 FX01」CMソング• BLUE BIRD "Harderground remix"• BLUE BIRD "Original Mix -Instrumental-"• Beautiful Fighters "Original Mix -Instrumental-" DVD• BLUE BIRD video clip• Beautiful Fighters video clip• BLUE BIRD making clip DVD• BLUE BIRD video clip• Beautiful Fighters video clip• Beautiful Fighters making clip 収録アルバム [ ]• BLUE BIRD• Beautiful Fighters• 『』 脚注 [ ] [].

次の

浜崎あゆみ BLUE BIRD 歌詞&動画視聴

ブルー バード 浜崎 あゆみ

浜崎あゆみ。 ayuの愛称で呼ばれ、多くの人がその歌と容姿に心を奪われた。 しかし彼女のことを心から愛する人が、本当に想いを寄せているもの。 もちろん、ファンとの絆や感謝を伝える歌は『BLUE BIRD』よりも、『MY ALL』『Who…』などが分かりやすくあてはまる。 むしろ一般的に『BLUE BIRD』は、夏を彩る恋歌に分類されても良いと思うのだ。 だがファンが聴く『BLUE BIRD』は、ただの夏歌でも恋歌でもないのだ。 浜崎あゆみは、自分の経験した事以外は歌にしないと言う。 その言葉から彼女の初期作品である『A song for XX』は、彼女自身の事を歌っていると言える。 そんな彼女自身を歌った『A song for XX』は『BLUE BIRD』と対峙しているのだ。 『A song for XX』から『BLUE BIRD』の歌詞を読むと『BLUE BIRD』でayuが、いかに時を経て多くの愛に救われたかを実感する。 それ程に過去の彼女は、愛の不確かさや人の身勝手さから生まれる孤独に傷ついていた。 その傷を『A song for XX』のモノクロを想像する曲長と歌詞に乗せ、不信感でいっぱいな悲鳴に似た声で歌い表現している。 打って変わって『BLUE BIRD』は、前奏からすでに未来への確かな幸せと明るい希望が伺えてしまうのだ。 あんなに傷を負っていた彼女の描く、幸せと希望が静かにキラキラと幕をあけるのを感じる。 その胸の高鳴りは、曲中の「言葉は必要なかった」「居場所はいつもここにあった」が原点だ。 この二つの歌詞は『A song for XX』で歌った自分自身が、過去になった事を言い切った。 彼女が抱えた傷は、もう癒えたのだ。 あの頃の彼女は「居場所がなかった」「見つからなかった」「未来には期待できるのか分からずに」いたのだから。 愛と呼ばれる感情の中で、誰しもが経験する感情ゆえに一番分かりやすく、とてもayuらしい表現だ。 ayuは、自分が信じた人や物に対して自分の心のすべてを差し出し、真摯に愛を伝える。 『BLUE BIRD』の歌詞を眺めると、『』で括られた部分と、そうでない部分が存在する。 それは、ファンへの感謝と信頼を込めた愛情表現。 そして、恋人への想いを込めた愛情表現とで分けられているのだ。 『』で括られた歌詞は、恋人への想いを会話にして描いている。 まるで思い出を語るように、ふたりが離れ離れになったとしても「君が笑ってくれればいい」と愛しい人の幸せを、悲しいほど願っている。 あえて名前は出さないが、二人共が彼女を支え強くしたと思うのだ。 人が人を大切に想うこと。 恋愛だけではなく、仲間や同志として、人と人が出会い生まれる愛情は、恋愛感情だけではない。 そのことを、この最後の一節で表現している。 この愛は、彼女が得た最大で最強の愛だ。 歌詞をよく読むと、それが浮かび上がる。 そう言って泣いてしまった君(僕)を見て、「こらえきれずに、僕も泣いた」。

次の