ゆめ カード クレジット の 日。 新着情報|ゆめカード

クレジットカードの利用明細はいつ届く!?明細が届かない原因

ゆめ カード クレジット の 日

年会費は永年無料• ETCカードは年会費・発行手数料無料• ゆめタウンでいつでも還元率1. 毎週木・土は値引積立額最高7. 5%!• 毎月1日・20日はポイント5倍• Apple Pay決済でも還元率1. 5%が可能• 60歳以上の方は5のつく日がお得• ディズニーデザインを発行可能 ここでは、中四国にお住いの方がゆめカードを持っておくべき理由となる、ゆめカードのメリットを解説します。 年会費は永年無料 ゆめカードは、 永年年会費無料で利用できる点が、第1のメリットと言って良いでしょう。 ゆめカードの年会費は永年無料となっており、 家族カードも2枚まで年会費無料で発行することができます。 節約に有効なカードでも、年会費がかかってしまっては相対的に損をしてしまうケースがあります。 また、スーパーの節約用に複数枚のカードを使い分けている方も多いかと思いますので、2枚持ち・3枚持ちの場合でも年会費の負担が無いのは嬉しいですね! 永年年会費無料で利用できるゆめカードは、節約主婦の強い味方になってくれますね。 年会費無料のお得なクレカ• ETCカードも永年無料で利用可能 ゆめカードでは、 ETCカードを年会費・新規発行手数料無料で発行することができます。 ETCカードでは、年会費は無料でも発行手数料がかかってしまうケースも多いので、完全に無料でETCカードを利用できるのは嬉しいですね。 ゆめカードは、ETCカードの利用でもポイントを貯めることができますので、車を持っている方はとりあえずETCカードは同時に発行しておくのがおすすめです。 お得なETCカードの条件• ゆめタウンで還元率1. 5%でお買い物ができる ゆめカードの最大のメリットが、 ゆめタウンでいつでも還元率1. 5%でお買い物をすることができる点です。 ゆめカードの申込時には、 2つのポイントコースを選択することができます。 値引積立額移行コース• 景品交換コース いずれのコースを選択した場合でも、ゆめタウン・ゆめマートでの利用で100円に1. 5ポイント(1. 5円相当)のポイントを貯めることがで可能です。 値引積立額移行コースを選択では、ポイントが 即時1ポイント=1円として、ゆめタウンの値引き積立額に移行されます。 値引積立額が500円分貯まるごとに500円分の値引券が発行されますので、ゆめタウン・ゆめマートでお買い物をする方には大きなメリットです。 さらに、ゆめタウン・ゆめマート以外の通常加盟店でのカードの利用でも、100円に0. 5ポイント(還元率0. 5%)でポイントを貯められます。 普段のカードの利用で貯めたポイントで、ゆめタウン・ゆめマートの値引券をゲットできるのは節約主婦には嬉しいですね! 1回当たりの利用額 値引積立額 還元率 2,000円〜4,999円 100円 2. 0%〜5. 0% 5,000円〜9,999円 200円 2. 0%〜4. 0% 10,000円〜19,999円 450円 2. 2%〜4. 5% 20,000円〜29,999円 900円 3. 0%〜4. 5% 30,000円〜49,999円 1,800円 3. 6%〜6. 0% 50,000円以上 2,800円 最大5. 6% 値引積立額の還元率がもっともお得なのが 30,000円利用時で、1,800円の値引積立額がプレゼントされ還元率は6. 0%相当です。 さらに、ゆめカード利用時の還元率1. 5%のポイントも貯まりますので、 最大で合計7. 5%の驚異の還元率で値引積立額を貯めることが可能となっています。 毎月1日・20日は還元率5. 0% ゆめカードでは、 毎月1日・20日の「ゆめタウンデー」にポイントが5倍になる特典があります。 ゆめタウンデーでは、ゆめタウン・ゆめマートのお買い物100円につき5円の値引積立額が加算され、 通常の5倍の還元率5. 0%でポイントを貯めることができます。 月に2回、ポイント5倍デーが用意されていますので、ゆめタウンデーのみを狙えば1万円のお買い物で500円分の値引き券をゲットすることができますよ。 さらに、ゆめカードの利用では、クレジットカードの利用ポイントとして0. 5%のポイントも加算され、合計で5. 5%の高還元率でポイントを貯めることが可能です。 毎週木・土のクレジットの日の特典と合わせて、毎日のお買い物をお得に節約しちゃいましょう! 毎月25日はゆめか払いでポイント5倍 毎月25日は「ゆめかの日」となっており、 ゆめタウン・ゆめマートでの電子マネー「ゆめか」の利用で、ポイントが5倍になる特典があります。 電子マネーゆめかは、ゆめタウン・ゆめマートの電子マネーとなっています。 ゆめカードには、電子マネーゆめかが一体となっていますので、毎月25日のゆめかの日には電子マネーを利用するようにした方がおトクです! 電子マネーゆめかは、ゆめカードからチャージ・オートチャージを設定することができますので、スマートに利用することが可能です。 ただし、電子マネーゆめかへのチャージではポイントの付与はありませんので、ポイントの2重取りなどは不可となっています。 Apple Pay決済でも還元率1. 5% ゆめカードは Apple Payに登録可能となっており、ゆめタウン・ゆめマートでの Apple Pay決済でも還元率1. 5%でポイントを貯めることができます。 iPhoneタッチでのスマート決済で、クレジット決済と同様のお得な還元率でポイントを貯められますので、毎日のお買い物で便利にApple Payを活用することが可能ですね! さらに、ゆめタウン・ゆめマート以外のQUICPay加盟店でも、還元率0. 5%でポイントを貯めることが可能です。 ゆめカードでは、 電子マネーチャージでのポイント付与は対象外となっていますので、電子マネーを利用したいシーンではApple Payをフルに活用するようにしましょう。 Apple Payでお得なクレジットカード• 60歳以上の方はさらにお得 60歳以上の方は、毎月5のつく日にゆめタウン・ゆめマートでのお買い物で、 値引積立額が5倍になる特典があります。 1日・20日 ゆめタウンデーでポイント5倍 毎週木・土 カードの日 25日 ゆめかの日 5日・15日・25日 60歳以上の方限定でポイント5倍 このように、毎週なにかしらのイベントが開催されており、お得にゆめタウン・ゆめマートでお買い物をすることができます。 年金生活などで、できるだけ毎日の家計を節約したいという方にも、大きなメリットですね! ディズニーデザインを発行可能 ゆめカードでは、 ディズニーデザインのカードを発行することができるのも大きなメリットです。 ゆめカードの通常デザインでは、 と、 ピンクとシルバーの2種類のカラーのデザインを選択することができます。 さらに、 国際ブランドをJCBで発行した場合にのみ、限定のディズニーデザインのカードを発行することが可能です。 ディズニーデザインのカードでは、ピンクを基調にしたレース模様に、 ミニーちゃんがデザインされたキュートなデザインとなっています。 ディズニーデザインのクレジットカードでは、ミッキーがモチーフになっているものが多く、ミニーちゃんがデザインされたカードは希少と言って良いでしょう。 スーパーマーケットのカードと言うと、どうしてもデザインがダサくなってしまいがちですが、若い方でも抵抗なく使えるディズニーデザインが選択できるのは嬉しいですね! ディズニーファンにおすすめのクレカ• こんな方におすすめ ゆめカードの8つのメリットから、 次のようなタイプの方におすすめできるカードとなっています。 付帯保険はなし• 通常還元率は低い• ポイントの使い勝手は限定的 ここでは、ゆめカードを申し込みする前に、知っておくべきデメリットの内容を解説します。 付帯保険は付かない ゆめカードでは、 国内外の旅行保険などの付帯保険が付かない点をデメリットと感じてしまう方も多いでしょう。 特に、海外旅行の際には100万円を越える医療費がかかってしまうケースがありますので、海外旅行保険は必須の補償と言って良いでしょう。 海外旅行をする際には、海外旅行保険の付帯したサブカードを併用するようにしたいですね。 ゆめカードでは、国際ブランドをJCBに選択した場合、JCBの年間50万円までの海外ショッピング保険が付帯します。 海外旅行保険付きのおすすめクレカ• 通常還元率は0. 5%と低い ゆめカードでは、 通常還元率が0. 5%と低くなっている点もデメリットと言って良いでしょう。 年会費無料のクレジットカードでも、還元率が1. 0%を超えるカードは多くなっていますので、年間に獲得できるポイント数に大きな違いが出てしまいます。 ただし、 ゆめカードはゆめタウン・ゆめマートでいつでも還元率1. 5%で利用できるほか、ポイントが5倍になるイベントも豊富に用意されています。 普段のお買い物ではほかの高還元率のクレカを使い、ゆめカードはゆめタウン用のクレジットカードと割り切って考えても良いかも知れませんね。 ポイント高還元率のクレカ• ポイントの使い道は限定的 ゆめカードの第3のデメリットが、 ポイントの使い道が限定されてしまっている点です。 ゆめカードのポイントは、• お申込み翌々月までにゆめタウン・ゆめマート以外でのカードの利用:クレジット積立500ポイント(500円相当)• WEB明細サービスへの初めての登録:クレジット積立500ポイント(500円相当)• 携帯電話料金の支払いをゆめカードに登録:クレジット積立500ポイント(500円相当)• 電気料金の支払いをゆめカードに登録:クレジット積立500ポイント(500円相当) 上記の利用・登録条件を達成すると、クレジット積立2,000ポイントがプレゼントされ、合計で3,000円相当の特典をゲットすることが可能です。 ゆめタウン・ゆめマートでの利用では、いつでも還元率1. 5%でポイントを貯めることが可能となっており、ゆめタウンの「値引積立額」を効率的に貯めることができます。 「クレジットの日」などのお得なイベントも豊富に用意されており、ゆめタウン・ゆめマートでのお買い物でフルに活用することができます。 ゆめカードは年会費無料で発行することができますので、節約用のカードとしては非常に優秀なカードと言って良いでしょう。 カードデザインには可愛いディズニーデザインも選択することができますので、スーパー系カード特有のダサさに抵抗がある方にもおすすめできますよ! 国際ブランド ゆめカードの国際ブランドには、• JCB• VISA の、いずれかの国際ブランドを選択することができます。 国際ブランドの違いによる基本的な機能や特典の差はありませんので、国内利用が多い方はJCB、海外でも使いたい方はVISAブランドといった選び方で問題ないでしょう。 ただし、 ディズニーデザインで発行したい方はJCB限定となっていますので、JCBブランドを選択するようにしましょう。 国際ブランドの選び方• 審査 ゆめカードの申込資格は、 高校生を除く18歳以上の方です。 学生や専業主婦の方でも申し込みができるカードとなっており、申込窓口も非常に広いカードと言って良いのではないでしょうか。 ゆめタウン・ゆめマートの会員カードとしての側面もある流通系のカードとなっていますので、 審査基準自体も作りやすいカードと考えて良いでしょう。 とくに、ゆめタウン・ゆめマートのメインの顧客層は主婦層の方となっており、歓迎されていると考えることができます。 審査は自動審査を導入してスピーディになっており、最短1週間〜2週間程度の発行期間でカードを受け取ることが可能です! 限度額 ゆめカードの 限度額は最高100万円までとなっています。 ただし、申込時の初期利用限度額は10万円〜30万円程度が目安となっているようです。 専業主婦や学生など収入の無い方の場合は、10万円程度の低めの限度額で設定される傾向があります。 初期利用限度額が低く設定された場合でも、半年程度の利用実績を積めば限度額の増枠は可能です! クレジットカードの限度額• ポイントの交換先・お得な使い道 ゆめカードのポイントプログラムでは、• ゆめカードのお得情報• 旅行・レジャーなどの最新情報• 占い・料理などのお楽しみコンテンツ など、読み応えのある情報誌です。 さらに、youme・PRESSでは、豪華景品が当たるプレゼントキャンペーンなども開催されていますので、懸賞好きの方には要チェックの情報誌ですよ! youme・PRESSのバックナンバーなどは、ゆめカードの公式ページからpdfで閲覧することも可能です。 イズミトラベル ゆめカードでは、 旅行予約サービス「イズミトラベル」が付帯しています。 イズミトラベルでは、大手旅行代理店の国内外のパッケージツアーを、 最大5%オフでお得に予約することが可能です。 ゆめカード会員だけではなく、旅行の同行者すべてが割引の対象となりますので、家族旅行や友人との旅行の際にもお得にサービスを活用することができますね! ゆめカードの利用では、旅行代金に0. 5%の値引積立額を貯めることもできますので、割引&ポイントでお得に旅行を予約することができますね。 ゆめタウン・ゆめマートでいつでも還元率1. クレジットカードの日には最大還元率7. 毎月1日・20日は還元率5. 5% ゆめカードでは、ゆめタウン・ゆめマートでいつでも還元率1. 5%でポイントを貯めることが可能となっており、Apple Payの利用でも同様にポイントを貯めることができます。 毎週木・土のクレジットカードの日には、お買い物金額に応じて最大還元率7. 5%の値引積立額を貯めることが可能です。 また、毎月1日・20日には還元率5. 5%で値引積立額を貯めることができますので、ゆめタウン・ゆめマートでのお買い物を最強に節約することができるカードとなっています。 ゆめカードでは、最大5,000円相当がもらえる入会キャンペーンを開催していますので、お得にカードを手に入れてみてはいかがでしょうか! あわせて読みたい•

次の

ゆめタウンの支払い方法

ゆめ カード クレジット の 日

返金の仕組みでわかる、購入から返品までの期間• クレジットカード会社への請求日 上記2つによって決まります。 また、返金方法は現金ではなく、 カード決済自体の取り消し、または請求金額の相殺になります。 以下でそれぞれ詳しく見ていきましょう。 返金の仕組みでわかる、購入から返品までの期間 クレジットカードで購入した商品を返品する場合は、 購入先や「いつ返品したか」によって返金されるタイミングに差が生じます。 例えば、実店舗での利用かつ商品の購入から返品までの時間があまり経過していない場合には、クレジットカードの請求が確定していないケースが多く、 決済を取り消すことが可能です。 決済を取り消すということは、 最初から商品を購入していないことになります。 そのため、返金処理という概念はなく、請求書にも記載されません。 一方、ネットショップでの利用や購入から返品までの時間が経過している場合には、クレジットカードの請求が確定しているケースが多く、 一度購入金額通りに決済されて請求がきます。 そのようなケースにおける返品では、翌月または翌々月に返金処理されます。 例えば、15日締めで翌月10日払いのクレジットカードを利用した場合は、毎月15日までに買い物をした代金が請求書に反映されて翌月10日にカード会社から請求されます。 しかし、 必ずしも15日までに利用したものが全て反映されるわけではありません。 その理由は、クレジットカードを利用した店舗がその日のうちにクレジットカード会社に請求するとは限らないためです。 1日ごとに請求する店舗もあれば、1ヶ月に1回まとめて請求する店舗もあります。 各店舗がカード会社にどのタイミングで請求しているかわからないため、返品やキャンセルする際はクレジットカード会社ではなく、 まずは利用した店舗に連絡を入れましょう。 店側の請求がまだの場合には決済の取り消し、請求済みの場合には店側からカード会社に連絡して返金処理の手続きに移ります。 返金の方法 現金で購入した商品の返品と同様に、「現金で返金」されるかどうか気になっている方も多いと思いますが、 クレジットカードの場合、現金での返金には対応していません。 その理由は、 「ショッピング枠の現金化の防止」と「店側の手数料負担軽減」のためです。 クレジットカードのショッピング枠は、あくまでも商品を購入するために設けられているものです。 しかし、支払いをキャンセルした場合の返金を現金で受け取ることができれば、ショッピング枠のキャッシング枠利用(現金化)になってしまいます。 また、クレジットカードに加盟している店舗は、クレジットカード決済時に手数料を支払っており、現金での返金になると手数料分の損が生じてしまいます。 このような不正利用や店側の損失を生じさせないようにするために、クレジットカードの返金処理は現金ではなく「カードのショッピング枠に返金」、つまり 「請求金額から、返金分を差し引いて請求する」という方法が採用されているのです。 クレジットカードの返金処理における3つの注意点 クレジットカードの返金処理は、現金で受け取ることができませんが、しっかりと返金処理されるということを聞いて安心した方も多いと思います。 しかし、クレジットカードで返金処理を行う際には、以下の3つの点に注意が必要です。 付与されたポイントが失効する• 手数料が発生する可能性がある• 海外利用時は為替レートで損をする可能性がある それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。 付与されたポイントが失効する 1つ目は付与されたポイントが失効することです。 クレジットカードで商品を購入すると、クレジットカードの利用額に応じてポイントが得られることがあります。 しかし、これらのポイントは商品の購入やクレジットカードを利用して初めて得られるものなので、 一度付与されても返金処理がされることでポイントは失効します。 クレジットカードのポイントは返金処理が完了したタイミングで失効するのが一般的です。 既にポイントを使ってしまった場合には、翌月の付与分と相殺するなどの処置がとられます。 手数料が発生する可能性がある クレジットカードの返金処理に手数料がかかるということはありません。 利用金額全ての返金処理を受けることが可能です。 しかし、飛行機や電車、バスなどのチケットなどの返金処理を希望する場合には、 システム利用料や発券手数料などを含めた別途キャンセル料が発生する可能性があります。 また、利用した店舗によっては送料を差し引いた残額の返金処理、キャンセル手数料を差し引いた残額の返金処理になるケースもあります。 後でトラブルになることを防ぐためにも、返品やキャンセルにどのような手数料が発生するのか事前に確認しておきましょう。 【あわせて読みたい記事】 海外利用時は為替レートで損をする可能性がある クレジットカードを海外で利用しても、返金処理をしてもらうことは可能です。 そのため、海外でも安心してクレジットカードを利用できます。 日本でクレジットカードを利用して買い物をする際は円が単位となっていますが、海外でクレジットカードを利用して買い物をする際は現地の通貨を単位としています。 そのため、購入した際の為替レートと返金処理する際の為替レートが異なるのが一般的です。 このような為替レート差が生じた時に、カードを利用した時にさかのぼって計算してくれるところもあれば、返金処理する際の為替レートを採用するところもあります。 返金処理する際の為替レートが高くなっていた場合には、 為替レート差による損失が生じる可能性があります。 購入したものの金額によっては、為替レート差による損失が大きくなる可能性もあるため、海外利用時における返金処理がどのようになっているか事前に確認しておきましょう。 返金処理されない場合の対処法 クレジットカードで購入した商品を返品すると、店舗側からクレジットカード会社に返金処理を依頼することになります。 最低でも返金処理の完了まで1~2ヶ月かかるため、この期間はカードの明細書などを確認しながら返金処理を待つ期間と言えます。 しかし、3ヶ月経過しても反映されていない場合は、返金処理がどこかで滞っていると判断しても問題ありません。 3ヶ月経過しても明細書に何も返金処理に関する内容が記載されていない場合には、次の「加盟店に連絡する」のステップに移りましょう。 まずは改めて明細を確認 カードを使用した加盟店とカード会社は、利用者の立場から見ると、どちらともトラブルになる可能性があります。 そのため、両社に連絡を行い一定期間が経った場合、加盟店に連絡する前に、改めて明細を確認するところからスタートしましょう。 当たり前ですが、明細はカードの使用履歴を記したものであるため、カードがどこで使用されたのか、返金がいつあったのかを明確に知ることができます。 加えて、 返金があったとしても連絡はないため、明細の確認を行い、問題があった場合には再度連絡することをおすすめします。 加盟店に連絡する 返金処理が行われていない場合には、「クレジットカード会社が返金処理の手続きを怠っている」と考えるかもしれませんが、そうとは限りません。 返品を受け付けた店(加盟店)が返金処理に必要な手続きを忘れている可能性があります。 「そのようなケースでもクレジットカード会社に連絡すれば、解決してくれるのでは?」と思うかもしれませんが、店(加盟店)からの返金処理しか受け付けていません。 クレジットカード会社に連絡しても「利用した店舗に問い合わせてください」と二度手間になるため、 まずは加盟店に連絡して返金処理を忘れていないか確認します。 店(加盟店)側に問題があった場合は、そこから返金処理の手続きを行うことになるため、返金処理の完了までに最低でも1~2ヶ月はかかることを想定しておきましょう。 カード会社に連絡する 加盟店に連絡して返金処理を忘れていないかを確認して、もし加盟店が返金処理を忘れていなかった場合にはカード会社側で何かしらのトラブルが生じている可能性があります。 そのため、そのようなケースでは、カード会社に連絡して返金処理について確認します。 カード会社側に何らかの落ち度があった場合には、そこから返金処理が行われるため、次の請求に反映される可能性が高いと言えます。 加盟店側またはカード会社側に不備があった場合も、基本的に返金処理が完了しても連絡はありません。 連絡したからと言って放置するのではなく、最後までしっかりと 返金処理が完了したのか明細書などで確認することを忘れないようにしましょう。 参考までに、各カード会社ごとの返金方法、ルールに関してまとめました。 返金方法 期間 ルール VISA 基本はカード 1ヶ月~2ヶ月 加盟店から連絡する Master Card 基本はカード 1週間から2ヶ月 加盟店から連絡する JCB 基本はカード 翌月10日 加盟店から連絡する エポス 基本はカード 2ヶ月 加盟店から連絡する 楽天 基本はカード 翌月か翌々月の口座引き落とし日 加盟店から連絡する こんな時は返金される?シチュエーション別クレジットカード返金処理 ここでは、返金される場合のシチュエーションを見ていきましょう。 Amazonで注文した商品をキャンセル、返品した 商品の到着後30日以内であれば、返品することによってクレジットカード払いでも返金されます。 期間によっては、当月に差し引かれることもあるものの、翌月には同じ金額が指し戻され、返金処理が完了します。 また、未使用・未開封でなければ100%の金額で返金されない点には注意が必要です。 クーリングオフした カード払いで契約した場合であってもクーリングオフは成り立ちます。 期限は8日や20日など取り扱う商品によって異なるものの、国が定めた制度であるため、まともな販売者であれば対処してくれるでしょう。 販売会社とクレジットカード会社に連絡を行い、書面を通して返金処理が進んでいきます。 不正利用被害など、詐欺にあった 気づかない内にカードが誰かに使われていたというケースは少なくありません。 その場合には、クレジットカード会社によって返金が行われます。 カード会社に相談したうえで、 規約違反などがない限りは返金される点は安心だといえるでしょう。 また、規約違反だけでなく、暗証番号が正当なものを使用されていた場合には不正利用でも補償されなことがある点は注意が必要です。 二重引き落としされていた 二重引き落としの場合は、カード会社に連絡を行うことによって返金されます。 加えて、カードの明細などを確認し、早い段階で連絡すれば、二重引き落としそのものを防ぐことが可能です。 仮に、二重引き落としに気づき、引き落とし日の金額が確定するまでにカード会社に連絡できなくても、 翌月払い戻しを受けることができます。 海外のホテルでデポジット処理をした 海外のホテルではデポジット 支払い保証の預かり金 を必要とすることがあります。 そのデポジットは、あくまでも信用情報を担保するための預かり金であるため、後に返金されるものです。 しかし、 返金の時期は非常にまばらであるため、いつの予定になるのかはよく確認しておきましょう。 購入した商品を返品できない場合の対処法 店(加盟店)に返品やキャンセルを認めてもらうことができないケースでも、 カード付帯のショッピング保険を活用することで、万が一の場合には補償を受けることが可能です。 ただし、補償を受けられるだけであって返金処理を受けられるわけではないので注意が必要です。 ショッピング保険とは、クレジットカードで購入した商品が破損または盗難にあった時に損害を補償してくれる保険です。 各クレジットカードによってショッピング保険の内容は異なり、1回の申請に対して数千円程度の自己負担が発生するものもあれば自己負担なしのもの、補償期間が90日間のものもあれば180日以上のものもあります。 ただし、全ての買い物に適用されるわけではありません。 例えば、動物や植物、パソコンやスマホ、食料品、自動車や自転車、小切手やチケットなどは適用されません。 また、本人の故意や重大な過失があるケース、紛失や置き忘れ、誤使用による損害や保管状態が原因、配送中に生じた損害は対象外です。 このように、クレジットカードで購入した全ての商品に適用されるわけではありませんが、店側などの理由で返品を拒否されて返金処理が受けられない場合には、大きなサポートと言えるでしょう。 参考までに、いくつかの店舗での返金方針を記載しておきます。 各社対応方針が異なるため、返金対応をする場合は店舗公式ページをご確認下さい。 サービス名 返金方針 PayPal 買手保護制度に当てはまる場合、180日以内に返金。 ZARA 返金に関しては企業判断。 ローソン 商品そのものがない場合は厳しい。 全て期間以内でなければ受付ない。 キャンセル料金、取消手続手数料を引いた金額をカード会社へ返金。 コンビニ払いなら手数料は顧客負担。 返品できる条件として、商品受領後、8日以内にカスタマーセンターに連絡した場合に返品可能。 しかし、クレジットカードの場合は、同じように領収書と商品を店舗に持って行っても 現金を返してもらえるわけではありません。 返品までの時間が短い場合は決済をキャンセルすることで、最初から買い物をしていないことと同様になります。 ところが、決済をしてから時間が経つと請求が確定するため、一度カード会社に請求されてしまいます。 その後、1~2ヶ月後に返金処理が行われますが、 返金処理が完了したという連絡はないため、カード明細書を確認するなど返金処理が行われたかしっかりと確認しましょう。

次の

クレジットカードの返金処理はいつ反映される?返金方法やポイント処理など1から解説

ゆめ カード クレジット の 日

返金の仕組みでわかる、購入から返品までの期間• クレジットカード会社への請求日 上記2つによって決まります。 また、返金方法は現金ではなく、 カード決済自体の取り消し、または請求金額の相殺になります。 以下でそれぞれ詳しく見ていきましょう。 返金の仕組みでわかる、購入から返品までの期間 クレジットカードで購入した商品を返品する場合は、 購入先や「いつ返品したか」によって返金されるタイミングに差が生じます。 例えば、実店舗での利用かつ商品の購入から返品までの時間があまり経過していない場合には、クレジットカードの請求が確定していないケースが多く、 決済を取り消すことが可能です。 決済を取り消すということは、 最初から商品を購入していないことになります。 そのため、返金処理という概念はなく、請求書にも記載されません。 一方、ネットショップでの利用や購入から返品までの時間が経過している場合には、クレジットカードの請求が確定しているケースが多く、 一度購入金額通りに決済されて請求がきます。 そのようなケースにおける返品では、翌月または翌々月に返金処理されます。 例えば、15日締めで翌月10日払いのクレジットカードを利用した場合は、毎月15日までに買い物をした代金が請求書に反映されて翌月10日にカード会社から請求されます。 しかし、 必ずしも15日までに利用したものが全て反映されるわけではありません。 その理由は、クレジットカードを利用した店舗がその日のうちにクレジットカード会社に請求するとは限らないためです。 1日ごとに請求する店舗もあれば、1ヶ月に1回まとめて請求する店舗もあります。 各店舗がカード会社にどのタイミングで請求しているかわからないため、返品やキャンセルする際はクレジットカード会社ではなく、 まずは利用した店舗に連絡を入れましょう。 店側の請求がまだの場合には決済の取り消し、請求済みの場合には店側からカード会社に連絡して返金処理の手続きに移ります。 返金の方法 現金で購入した商品の返品と同様に、「現金で返金」されるかどうか気になっている方も多いと思いますが、 クレジットカードの場合、現金での返金には対応していません。 その理由は、 「ショッピング枠の現金化の防止」と「店側の手数料負担軽減」のためです。 クレジットカードのショッピング枠は、あくまでも商品を購入するために設けられているものです。 しかし、支払いをキャンセルした場合の返金を現金で受け取ることができれば、ショッピング枠のキャッシング枠利用(現金化)になってしまいます。 また、クレジットカードに加盟している店舗は、クレジットカード決済時に手数料を支払っており、現金での返金になると手数料分の損が生じてしまいます。 このような不正利用や店側の損失を生じさせないようにするために、クレジットカードの返金処理は現金ではなく「カードのショッピング枠に返金」、つまり 「請求金額から、返金分を差し引いて請求する」という方法が採用されているのです。 クレジットカードの返金処理における3つの注意点 クレジットカードの返金処理は、現金で受け取ることができませんが、しっかりと返金処理されるということを聞いて安心した方も多いと思います。 しかし、クレジットカードで返金処理を行う際には、以下の3つの点に注意が必要です。 付与されたポイントが失効する• 手数料が発生する可能性がある• 海外利用時は為替レートで損をする可能性がある それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。 付与されたポイントが失効する 1つ目は付与されたポイントが失効することです。 クレジットカードで商品を購入すると、クレジットカードの利用額に応じてポイントが得られることがあります。 しかし、これらのポイントは商品の購入やクレジットカードを利用して初めて得られるものなので、 一度付与されても返金処理がされることでポイントは失効します。 クレジットカードのポイントは返金処理が完了したタイミングで失効するのが一般的です。 既にポイントを使ってしまった場合には、翌月の付与分と相殺するなどの処置がとられます。 手数料が発生する可能性がある クレジットカードの返金処理に手数料がかかるということはありません。 利用金額全ての返金処理を受けることが可能です。 しかし、飛行機や電車、バスなどのチケットなどの返金処理を希望する場合には、 システム利用料や発券手数料などを含めた別途キャンセル料が発生する可能性があります。 また、利用した店舗によっては送料を差し引いた残額の返金処理、キャンセル手数料を差し引いた残額の返金処理になるケースもあります。 後でトラブルになることを防ぐためにも、返品やキャンセルにどのような手数料が発生するのか事前に確認しておきましょう。 【あわせて読みたい記事】 海外利用時は為替レートで損をする可能性がある クレジットカードを海外で利用しても、返金処理をしてもらうことは可能です。 そのため、海外でも安心してクレジットカードを利用できます。 日本でクレジットカードを利用して買い物をする際は円が単位となっていますが、海外でクレジットカードを利用して買い物をする際は現地の通貨を単位としています。 そのため、購入した際の為替レートと返金処理する際の為替レートが異なるのが一般的です。 このような為替レート差が生じた時に、カードを利用した時にさかのぼって計算してくれるところもあれば、返金処理する際の為替レートを採用するところもあります。 返金処理する際の為替レートが高くなっていた場合には、 為替レート差による損失が生じる可能性があります。 購入したものの金額によっては、為替レート差による損失が大きくなる可能性もあるため、海外利用時における返金処理がどのようになっているか事前に確認しておきましょう。 返金処理されない場合の対処法 クレジットカードで購入した商品を返品すると、店舗側からクレジットカード会社に返金処理を依頼することになります。 最低でも返金処理の完了まで1~2ヶ月かかるため、この期間はカードの明細書などを確認しながら返金処理を待つ期間と言えます。 しかし、3ヶ月経過しても反映されていない場合は、返金処理がどこかで滞っていると判断しても問題ありません。 3ヶ月経過しても明細書に何も返金処理に関する内容が記載されていない場合には、次の「加盟店に連絡する」のステップに移りましょう。 まずは改めて明細を確認 カードを使用した加盟店とカード会社は、利用者の立場から見ると、どちらともトラブルになる可能性があります。 そのため、両社に連絡を行い一定期間が経った場合、加盟店に連絡する前に、改めて明細を確認するところからスタートしましょう。 当たり前ですが、明細はカードの使用履歴を記したものであるため、カードがどこで使用されたのか、返金がいつあったのかを明確に知ることができます。 加えて、 返金があったとしても連絡はないため、明細の確認を行い、問題があった場合には再度連絡することをおすすめします。 加盟店に連絡する 返金処理が行われていない場合には、「クレジットカード会社が返金処理の手続きを怠っている」と考えるかもしれませんが、そうとは限りません。 返品を受け付けた店(加盟店)が返金処理に必要な手続きを忘れている可能性があります。 「そのようなケースでもクレジットカード会社に連絡すれば、解決してくれるのでは?」と思うかもしれませんが、店(加盟店)からの返金処理しか受け付けていません。 クレジットカード会社に連絡しても「利用した店舗に問い合わせてください」と二度手間になるため、 まずは加盟店に連絡して返金処理を忘れていないか確認します。 店(加盟店)側に問題があった場合は、そこから返金処理の手続きを行うことになるため、返金処理の完了までに最低でも1~2ヶ月はかかることを想定しておきましょう。 カード会社に連絡する 加盟店に連絡して返金処理を忘れていないかを確認して、もし加盟店が返金処理を忘れていなかった場合にはカード会社側で何かしらのトラブルが生じている可能性があります。 そのため、そのようなケースでは、カード会社に連絡して返金処理について確認します。 カード会社側に何らかの落ち度があった場合には、そこから返金処理が行われるため、次の請求に反映される可能性が高いと言えます。 加盟店側またはカード会社側に不備があった場合も、基本的に返金処理が完了しても連絡はありません。 連絡したからと言って放置するのではなく、最後までしっかりと 返金処理が完了したのか明細書などで確認することを忘れないようにしましょう。 参考までに、各カード会社ごとの返金方法、ルールに関してまとめました。 返金方法 期間 ルール VISA 基本はカード 1ヶ月~2ヶ月 加盟店から連絡する Master Card 基本はカード 1週間から2ヶ月 加盟店から連絡する JCB 基本はカード 翌月10日 加盟店から連絡する エポス 基本はカード 2ヶ月 加盟店から連絡する 楽天 基本はカード 翌月か翌々月の口座引き落とし日 加盟店から連絡する こんな時は返金される?シチュエーション別クレジットカード返金処理 ここでは、返金される場合のシチュエーションを見ていきましょう。 Amazonで注文した商品をキャンセル、返品した 商品の到着後30日以内であれば、返品することによってクレジットカード払いでも返金されます。 期間によっては、当月に差し引かれることもあるものの、翌月には同じ金額が指し戻され、返金処理が完了します。 また、未使用・未開封でなければ100%の金額で返金されない点には注意が必要です。 クーリングオフした カード払いで契約した場合であってもクーリングオフは成り立ちます。 期限は8日や20日など取り扱う商品によって異なるものの、国が定めた制度であるため、まともな販売者であれば対処してくれるでしょう。 販売会社とクレジットカード会社に連絡を行い、書面を通して返金処理が進んでいきます。 不正利用被害など、詐欺にあった 気づかない内にカードが誰かに使われていたというケースは少なくありません。 その場合には、クレジットカード会社によって返金が行われます。 カード会社に相談したうえで、 規約違反などがない限りは返金される点は安心だといえるでしょう。 また、規約違反だけでなく、暗証番号が正当なものを使用されていた場合には不正利用でも補償されなことがある点は注意が必要です。 二重引き落としされていた 二重引き落としの場合は、カード会社に連絡を行うことによって返金されます。 加えて、カードの明細などを確認し、早い段階で連絡すれば、二重引き落としそのものを防ぐことが可能です。 仮に、二重引き落としに気づき、引き落とし日の金額が確定するまでにカード会社に連絡できなくても、 翌月払い戻しを受けることができます。 海外のホテルでデポジット処理をした 海外のホテルではデポジット 支払い保証の預かり金 を必要とすることがあります。 そのデポジットは、あくまでも信用情報を担保するための預かり金であるため、後に返金されるものです。 しかし、 返金の時期は非常にまばらであるため、いつの予定になるのかはよく確認しておきましょう。 購入した商品を返品できない場合の対処法 店(加盟店)に返品やキャンセルを認めてもらうことができないケースでも、 カード付帯のショッピング保険を活用することで、万が一の場合には補償を受けることが可能です。 ただし、補償を受けられるだけであって返金処理を受けられるわけではないので注意が必要です。 ショッピング保険とは、クレジットカードで購入した商品が破損または盗難にあった時に損害を補償してくれる保険です。 各クレジットカードによってショッピング保険の内容は異なり、1回の申請に対して数千円程度の自己負担が発生するものもあれば自己負担なしのもの、補償期間が90日間のものもあれば180日以上のものもあります。 ただし、全ての買い物に適用されるわけではありません。 例えば、動物や植物、パソコンやスマホ、食料品、自動車や自転車、小切手やチケットなどは適用されません。 また、本人の故意や重大な過失があるケース、紛失や置き忘れ、誤使用による損害や保管状態が原因、配送中に生じた損害は対象外です。 このように、クレジットカードで購入した全ての商品に適用されるわけではありませんが、店側などの理由で返品を拒否されて返金処理が受けられない場合には、大きなサポートと言えるでしょう。 参考までに、いくつかの店舗での返金方針を記載しておきます。 各社対応方針が異なるため、返金対応をする場合は店舗公式ページをご確認下さい。 サービス名 返金方針 PayPal 買手保護制度に当てはまる場合、180日以内に返金。 ZARA 返金に関しては企業判断。 ローソン 商品そのものがない場合は厳しい。 全て期間以内でなければ受付ない。 キャンセル料金、取消手続手数料を引いた金額をカード会社へ返金。 コンビニ払いなら手数料は顧客負担。 返品できる条件として、商品受領後、8日以内にカスタマーセンターに連絡した場合に返品可能。 しかし、クレジットカードの場合は、同じように領収書と商品を店舗に持って行っても 現金を返してもらえるわけではありません。 返品までの時間が短い場合は決済をキャンセルすることで、最初から買い物をしていないことと同様になります。 ところが、決済をしてから時間が経つと請求が確定するため、一度カード会社に請求されてしまいます。 その後、1~2ヶ月後に返金処理が行われますが、 返金処理が完了したという連絡はないため、カード明細書を確認するなど返金処理が行われたかしっかりと確認しましょう。

次の