お布施 封筒 色。 お布施を包む時の「のし」の水引は赤ですか?黄色ですか?

お布施の書き方|封筒/袋/金額/薄墨・包み方・渡し方・金額の相場

お布施 封筒 色

見出し• お布施の袋1. 奉書紙で包む お布施の包み方は2種類ありますが、奉書紙というものを使って包む包み方が最も正式であり、かつ、最も丁寧な方法であるとされています。 ちなみに奉書紙とは和紙の一種です。 もともとは楮を原料とする和紙の楮紙のうち、白土などを混ぜて漉きあげたものことを指しており、日本では古くから高位者が下位の者に意思や命令を伝えるための奉書などの古文書を書く際の紙として使われていたという歴史があります。 時代が進むと、パルプを原料とするものも含めた白くてしっかりした和紙の総称として言われるようになりました。 奉書紙を使う場合は、半紙でお金を包んでから奉書紙で包むのがマナーです。 半紙でお札を包んだ「中包み」を作るようにしましょう。 その後、その中包みを奉書紙で包みます。 奉書紙はツルツルしている面を表側、ザラザラした面を裏側にします。 なお、お札を入れる中袋があるなら、半紙ではなく、その中袋にお札を入れて奉書紙で包むようにしましょう。 奉書紙は、慶事の時の上包みの折り方と同様に、上側の折り返しに下側をかぶせるような折り方をします。 お布施はお寺の住職の方に渡すものであり、お布施自体は不祝儀ではないので、弔事の時のような上包みの折り方をする必要はありません。 具体的な折り方としては、まず、半紙をダイヤ形にし、お札は表に顔が来るようにした上で、自分に向かって平行にお札を半紙の中央に置きましょう。 その後、下の角からお札の底辺に沿って折り上げます。 お札を右側に2cm程ずらしてから左側から折りたたみ、右側を底辺に沿って折ります。 次にお札の部分を上に向かって折り上げますが、この時にお札の大きさよりも少し余裕を持たせて折る方が良いです。 そして残った部分を折りたたみ、表面の折り重なった方を右下に持っていきます。 この状態で中袋を奉書紙の中央に置き、左、右、下、上の順で折って完成です。 奉書紙は文具店やインターネットで購入することができます。 お布施の袋2. 白い無地の封筒 奉書紙を使って包むお布施の包み方のほかにも、白い無地の封筒を使って包むという方法もあります。 奉書紙を使わない場合にはお布施を包むために白い無地の封筒を使用しても問題ありません。 ただし、市販の白い無地の封筒で包む場合には郵便番号が記載されている封筒は避けるようにして下さい。 郵便番号の記入欄がない真っ白な封筒を用意するのがマナーとなっています。 封筒の種類には、封筒が二重になっているタイプのものもありますが、このような封筒は「不幸ごとが重なる」と連想されやすいので使用しないようにして下さい。 一重のものを用意するようにしましょう。 また、お布施を包む用の封筒としてあらかじめ「御布施」や「お布施」のように文字がプリントされている封筒も売られています。 このような封筒を使って包むのも問題ありません。 また、このような封筒を使用する場合は中袋に入れずに封筒にそのままお札を入れてしまっても良いです。 封筒は、奉書紙と同様、文具店やインターネットで購入することができますが、これらのほかにもスーパーやコンビニでも購入することが可能です。 お布施の袋として不祝儀袋は使用可能? 不祝儀袋は、弔事や仏事の際にお金を入れる袋のことを指して言います。 文具店やコンビニ、インターネットや100均ショップなどで購入することが可能です。 しかし、不祝儀袋はお布施では使用しないのが一般的とされています。 本来、不祝儀袋というものは不幸があった人に対して渡す時に使うものであり、お寺の僧侶に渡すお布施は、僧侶に不幸があったわけではないため不祝儀袋は使用しません。 お布施の目的は、供養や法要をおこなってくれる僧侶へのお礼と感謝を伝えることです。 そのため、形式にこだわった、仰々しく豪華な不祝儀袋である必要はないのです。 お通夜や葬儀といったような重要な法要で数十万円以上の高額なお布施を入れる場合にはお布施袋もその金額に合わせてそれなりの形式のものを用意しても良いですが、一般的な法事や法要の際に渡すお布施は簡易なものでも問題ありません。 簡易な袋を使用しても失礼にあたるということはないので安心して下さい。 お布施袋の書き方1. 表面と裏面 お布施袋には表面と裏面にそれぞれ必要事項を記載する必要があります。 まずはお布施袋の表書きについてです。 お布施袋の表面の上段には「御布施」や「お布施」と表書きを書きます。 そのほかにも、交通費の場合は「御車料」、宴席代であるお膳料を渡す場合は「御膳料」と記載します。 市販の封筒を購入した場合にはすでに表書きが印字されていることもありますが、そのような場合はそのまま使用して問題ありません。 裏面には住所と包んだお金の金額を記入しましょう。 基本的には中包みや中袋を外包みや奉書紙で包む時に、中袋に包んだ金額を書いたり、白い封筒の表面に表書きと氏名を書いた場合は裏面には何も書かなくても良いと言われることもあります。 しかし、お寺の記録や経理・税務上は書いてあった方が良いとされています。 金額を記載しておく方がより丁寧になるので、念のため記載しておくことが好ましいのです。 本来はしなくて良いことでも地域独自のルールがある場合があるので、その際はその地域のマナーに従うようにするのが良いです。 お布施袋の書き方2. 数字の書き方 袋に金額を書く場合のマナーもいくつかあります。 まずは、金額の頭に「金」という文字を入れることです。 そして、最後には単位として「圓也」という文字も記入します。 金額を書く際には算用数字ではなく漢数字で書くようにしますが、使う漢数字は旧字体を使用するというのもマナーです。 一は「壱」、二は「弐」、三は「参」といったように、また、十は「拾」や万は「萬」という旧漢字を使うようにします。 ただし、封筒に金額を記入する欄があり、その欄が横書きだった場合には数字で書いても構いません。 お布施袋に書くときは濃墨の筆を使う お布施袋に表書きを書く際には、できるかぎり毛筆を使って書くのが良いとされています。 必ず毛筆で書かなくてはいけないという決まりはありませんが、できるだけ毛筆を使用して濃墨で書くようにしましょう。 市販されている筆ペンでも良いです。 なお、お通夜やお葬式の時に持っていく香典には、香典袋の表書きは薄墨で書くのがマナーであるとされています。 これは、「悲しみのあまり、文字を書く墨も涙で薄くなってしまった」という思いを表現するために使われています。 しかしお布施袋に薄墨を使うのは間違いになります。 香典のように不幸があった親族に渡すときは弔意を表すために薄墨を使いますが、お布施は僧侶への感謝の気持ちとして渡すお金であり、お寺に不幸があったわけではないので、濃墨を使うようにしましょう。 お布施を渡すのがお葬式の場であっても、同様の理由により、薄墨で書く必要はありません。 ちなみに筆ペンの場合は、濃墨用と薄墨用があるので間違えないように注意が必要です。 また、中袋に書く文字に関しても、表書きと同様に必ずこうしなければいけないという決まりはありませんが、できるだけ毛筆で書くのが好ましいです。 毛筆以外では筆ペンや筆風タッチのサインペンを使用するように心がけましょう。 なお、中袋に書く文字の墨色も濃墨にして下さい。 お金の入れ方は?お布施の場合は新札を 冠婚葬祭ではお金を入れる向きにもマナーがあり、一般的にはお祝いごとであればお札の顔を表面に向けて入れ、弔事であれば顔を裏面に向けて入れるというものがあります。 お布施は弔事であるというイメージから、お札を入れる向きも弔事の入れ方をすると思う方もいるでしょう。 しかし、お布施袋にはお祝いごとの時と同様のお札の入れ方をします。 これは、お布施袋に書く文字に濃墨を使う理由と同じで、お寺に不幸があったわけではないためです。 そのため、お札はお布施袋の表面に顔がくるように入れましょう。 また、お札に関しても、香典袋に入れる際には不幸に対してあらかじめ準備をしていたという失礼を避けるために古いお札を入れたり、新札の場合でもあえて折り目をつけてから入れたりします。 しかし、お布施はあらかじめ用意しておくものなので、入れるお札は古札を用意する必要はありません。 新札を入れるようにして下さい。 香典と比べると、入れるお札の状態や向きが異なっています。 間違えないように気をつけて包むようにしましょう。 お布施の場合は水引はないほうがいい そもそも水引とは、慶事から弔事に至るまで広く用いられるもので、物事を浄化し邪気を払う力があるとされています。 お布施袋の水引も筆やお札同様、お寺に不幸があったわけではないのでつけません。 市販の袋に水引がついていれば使用しても良いですが、基本的には使わないのがマナーとなっています。 しかし、地方によってはお布施に水引が必要な場合や、不祝儀袋をお布施袋として使用する場合には水引をつけるのが一般的なので注意しなくてはいけません。 水引を使用する際には水引の結び方や色に注目して選ぶ必要があるでしょう。 水引の種類としては「あわじ結び」と「蝶結び」がよく用いられます。 あわじ結びは、結び切りと言われる結び方になっていて、結び目をほどくのが難しいことから結婚式や快気祝いなどの一度きりの祝い事や法事などの弔事の際に用いられています。 一方の蝶結びは結び目を簡単にほどくことができることから、何度繰り返しても良い出産や入学のお祝いの際に用いられます。 このため、お布施袋に使う場合はあわじ結びの水引を選ぶ必要があります。 色に関しては一般的には双銀や白黒の水引が用いられることが多いです。 しかし、地方によっても差があり、関西地方の場合では、お布施袋に用いる水引に黄色と白のものを使用しています。 これは、かつて皇室献上用の水引として用いられていたのが紅白の水引でしたが、この紅白の水引を染めた直後が黒白の水引に似ていたため、その区別ができなかったことに由来しているようです。 そして、紅白の水引を黒白の水引と間違えないようにするためにそのようになったと言われています。 また、御本山から本尊様を新仏壇に迎え入れる入仏法要やお墓を新設する建碑法要の際のお布施には紅白の水引を使うとされています。 これは、入仏法要や建碑法要が御本尊を迎え入れる祝い事であると考えられているためです。 本来、お布施には水引はつけないのがマナーですが、場合によってはこのようなルールもあるので地域や宗派のルールに応じた判断をおこないましょう。 マナーに添ったお布施袋の渡し方 お布施を渡す際は直接手渡しするのではなく、切手盆もしくは小さなお盆にのせて渡すか、袱紗に包んで渡すのがマナーです。 切手盆もしくは小さなお盆にのせて渡す場合は、僧侶の方の手が届く範囲にお盆をおき、表向きの文字が読めるような向きで渡すようにします。 なお、お盆をスライドさせて床を引きずるようにして差し出すのは見た目も悪いのでやめましょう。 なお、本来はこのようにお盆にのせてお布施を渡すのが良いものの、自宅以外の場所で法要をおこなう場合はお盆にのせて渡すのが困難になります。 そのような場合は袱紗を使用して渡すようにして下さい。 袱紗を使って渡す場合もお盆を使う時と同様に袱紗を床に置いてはいけません。 袱紗から封筒を取り出し、袱紗の上に封筒を置いて渡します。 ちなみに袱紗とは、ご祝儀袋やお布施や香典といった不祝儀袋を包む風呂敷のようなもののことを指します。 用途によって色を使い分けますが、法事などで僧侶の方に渡す場合は紫色の袱紗を用いるのが一般的です。 お布施を包む時は袱紗をダイヤの形になるように広げ、中央より少し右側にお布施を置きましょう。 右、下、上、左の順で折りたたんで包むのが正しい方法になります。 左から折りたたむと慶事の際のたたみ方になるので気を付けて下さい。 お布施袋にもマナーがある!しっかり把握しておこう お布施袋にも包み方や文字を書くのに使う墨の種類など、さまざまなマナーが存在します。 一見すると弔事の際のマナーに従いそうになるかもしれませんが、お布施は弔事とは異なり、僧侶の方に感謝を伝えるものになるので取り扱い方に気を付けないといけません。 お布施袋に関するマナーを理解し、必要な時には正しい方法で扱うようにしましょう。

次の

お布施の書き方|封筒/袋/金額/薄墨・包み方・渡し方・金額の相場

お布施 封筒 色

また状況に応じて表書きも書き分ける必要があります。 地域的なものもあり、厳格な決まりはありませんが、一般的な使い分けについてご紹介します。 東西本願寺の本山出版の書籍を参考にした浄土真宗本願寺派 西本願 、真宗大谷派 東本願寺 他真宗各派共通です。 僧侶へ御礼 法礼 などでお渡しする場合 年忌法要 法事 封筒の表書き:〇回忌法要 御布施 封筒の水引の色:黒白または黄白 故人の命日をご縁に親族が阿弥陀様の前に集まり仏法に耳を傾け味わう法要です。 水引の黒白と黄白の使い分けに厳格な決まりはありませんが、三回忌くらいまでは黒白それ以降は黄白と使い分けるとよいと思われます。 迷ったら無地の白封筒に表書きしても問題ありません。 またどの法要に対してか明記した方が丁寧ですが、単に「御布施」のみでもよいと思われます。 以下も同じです。 入仏法要、建碑法要 お墓を建立した時 封筒の表書き:入仏法要御布施、建碑法要御布施 封筒の水引の色:紅白 入仏法要はお仏壇を新しく購入し阿弥陀様を家にお迎えし、こちらでこれからお勤めさせて頂きますという意味で法要が行われます。 とくに大谷派 東本願寺 ではご移徙 ごいし やおわたましと言ったりもします。 この法要は慶事となりますので紅白ですが、中陰中などにお仏壇を購入され、このタイミングで紅白はどうだろう?という時は真っ白な無地の封筒に表書きしてお包みしても問題ありません。 建碑法要も同様にお墓を建立し、亡き人をご縁にこの場で仏縁を結ばせて頂きますという意味の法要で慶事となります。 浄土真宗では「入魂式」や「性根入れ」とは言いません。 こちらも紅白ではなく無地の白封筒に表書きを書いても問題ありません。 遷仏法要、遷座法要 封筒の表書き:遷仏法要御布施、遷座法要御布施 封筒の水引の色:真っ白な無地の封筒で お仏壇 御本尊 を引越しや修理などで移動させる際に仏間から移動させる前にお勤めされる法要です。 通称「お性根抜き」とよく言いますが、性根=魂 別に仏様の魂を抜くわけではないので座を移すという意味の遷座法要または遷仏法要が正確と言えます。 場所を移動させるのは慶事や御祝いでもないですし黒白もそぐわないと思われますので、無地の白封筒に「遷仏法要」と表書きしましょう。 報恩講 ほうおんこう 封筒の表書き:報恩講御布施、報恩講懇志 封筒の水引の色:一般的に紅白 ほんこさん、お取り越し、お引き上げなどの通称が多数ありますが、お念仏の教えを明らかにし私たちに伝えてくださった親鸞聖人に感謝し遺徳を偲ぶ法要です。 早い話が親鸞聖人の法事です。 浄土真宗のもっとも大切な法要とされ、私たちが人として生まれてお念仏の教えに出遭うことが出来たことを喜ぶ意味合いもありますのでお祝いの赤白の水引が一般的となりますが、こちらも真っ白な無地の封筒に表書きでも問題ありません。 永代経 封筒の表書き:法名+永代経懇志 封筒の水引の色:黄白 永代経とは永代読経の略で、お寺が永代に渡って護持され、いつまでもお念仏の声がこのお寺で続きますようにという志を故人になりかわり進納します。 黄白の封筒に表書きして納めます。 故人の四十九日などをご縁に納められますがいつ何度納めてもいい性質のものです。 本堂落慶法要 本堂を新築 、住職継承法要 住職が交代 封筒の表書き:本堂落慶法要御祝、住職継承法要御祝 封筒の水引の色:紅白 本堂の新築、現住職から若院さんへ住職の継承法要により次の代へ引き継がれる。 どちらもお祝い事ですので紅白です。 人生で何度もない大変おめでたいことです。 こちらが参列する時 葬儀、通夜に参列する時 表書き:御仏前、御香典 御香資、御香料、御香儀など 封筒の水引の色:黒白 黒銀 浄土真宗では亡くなると同時に仏となられているという考え方なので葬儀でも「御仏前」と表書きします。 他の宗派では亡くなって四十九日目に仏となられますので、亡くなって間もない葬儀では「御霊前」と表書きします。 浄土真宗では「御霊前」はどのような場面でも使用しません。 「御香典」の表書きは昔、葬儀の時の供物やお香を地域の人々が持ち寄り、お供えしていた習慣が今に残りお香をご仏前にお供えする代わりに「こちらをお香代にして下さい」という意味で使います。 「御香典」は他の宗派でも広く使いますので相手の宗派がわからない時は「御香典」の表書きでお包みするのが無難です。 年忌法要 法事 に呼ばれた場合 表書き:御仏前、御供 封筒の水引:黄白または黒白 法事に呼ばれ金封をお供えする場合、水引の色の使い分けは三回忌くらいまでの年忌法要は黒白、それ以降の法要は黄白がよいと思われますが、厳格な決まりはありません。 迷ったら真っ白な封筒に表書きしてお包みしても問題ありません。 どちらを書いても「ご仏前にお供えください」という意味合いになりますので問題ありません。 また金封ではなくお菓子などをお供えする場合も同様です。 御布施 御法礼 意味の補足 お布施や御法礼という言葉ですが、読経というサービスへの対価という意味はありません。 お念仏の教えを説いて頂いた「法施」に「財施」で感謝の気持ちを表しているものです。 どうぞ本堂にいらっしゃる阿弥陀様に御供えくださいという心でお渡ししましょう。 お経に値段をつけられるわけはありませんので「読経料」「回向料」という表書きは浄土真宗では相応しくありません。 参考になれば幸いです。 お寺でおつとめする法事 近年とくに都市部では住宅事情の変化もあり、自宅以外で法事 おもに年忌法要 浄土真宗の打敷の掛け方 まず打敷って何なのか? お仏壇を荘厳 お飾り するための仏具の一つで お参りのマナー間違いマナー違反 日常のお参りで当たり前にやっていることが実は間違いやマナー違反にな お寺の地鎮祭 空き地にこんな光景たまに見かけますよね。 建物の建築工事が始まる前に地鎮祭の準備が行わ 真宗大谷派の別院である高須別院 岐阜県海津市にある高須別院二恩寺。 道路に立てられている大きな看板に 歎異抄の名場面 歎異抄第二条より 親鸞聖人が東国を離れて年月が過ぎると、聖人がいないのをいい 西本願寺に伝わる七不思議 不思議と言っても浄土真宗自体が迷信とか怪奇現象を否定する宗派ですので 不要になった仏具 浄土真宗的解釈 仏具が古くなってしまったので新しいものに買い替えた。 さてこの壊れ 法事の用意をするのはなかなか大変です。 お寺と日程の調整をして、会食をする会場の手配をして、返礼品を用 浄土真宗の仏事作法で決まりがないこと一覧 浄土真宗の仏事でどのようにしたらいいか迷ったとき、浄土真.

次の

お布施の包み方と表書き

お布施 封筒 色

この記事に書かれていること• お布施の封筒はどんなものを選べばいい? お布施は奉書紙に包むか、白い封筒で包みます。 ここでは、お布施の「奉書紙での包み方」と「白い封筒での包み方」をお伝えしていきます。 表書きの書き方も一緒にまとめていきますね。 奉書紙にお布施を包む方法と表書き 奉書紙でお布施を包む場合は、半紙もしくは白封筒にお札を入れる(中包み)必要があります。 まず中包みの包み方の説明をしてから、外包みである奉書紙の包み方を説明します。 ちなみに奉書紙にお布施を包むのは1番丁寧だと言われています。 奉書紙の中の中包みには、お布施の金額と、施主の住所と氏名を書いておきます。 1、中包みが半紙の時の「お金の包み方」と「金額等の書き方」 奉書紙の中の中包みが半紙の時は以下のようにお金を包みます。 金額をこのように書いて、表面がこの面になるように入れます。 2、中包みが白封筒の時の「お金の入れ方」と「金額等の書き方」 中包みが白封筒の時のお金の入れ方、金額などの書き方は以下のようになります。 奉書紙(外包み)でのお布施の包み方は?表書きの書き方は? お布施の包み方は以下のようにします。 外包みの表書きは、お布施 御布施 、その下に施主の名前を書きます。 スポンサーリンク 白封筒にお布施を入れる方法と表書き お布施は市販の白い封筒に入れても大丈夫です。 この場合の白封筒は郵便番号の欄がないもの、二重封筒になっているものも不幸が重なることを連想させるためNGとなっています。 表書きは上にお布施、下に施主の氏名です。 白封筒の裏に住所と金額を書きます。 お金の入れ方は、表からお金を出したときに、すぐ肖像が見えるような入れ方をします。 スポンサーリンク お布施の表書きや裏書は薄墨?濃い墨? お布施の表書きは薄墨ではなく黒い濃い墨で書きます。 薄墨を使うのは、そのお金を渡す人に不幸があった時ですが、この場合お寺さんに不幸なことがあったわけではないので、濃い墨で書きます。 まとめ 「納骨のお布施の書き方」は一般的な他の法要の時と一緒な書き方です。 奉書紙で包むか、白封筒で包むかのどちらかで、 表書きは「お布施」と「施主の氏名」。 裏書、もしくは中包みに金額と住所を書くようにしましょう。

次の