ダークプール。 急速に取引シェアを伸ばしている「ダークプール」とはなにか

巨額資金が動く!秘密の証券市場「ダークプール」をご存じか?(現代ビジネス) 赤かぶ

ダークプール

[東京 19日 ロイター] — 金融庁は19日、証券会社が取引所外で顧客の売買注文を引き合わせる「ダークプール」と呼ばれるサービスへの規制導入に向け、議論を始めた。 これまで、ダークプールでの株取引には規制がなかったが、金融庁はこのサービスを個人投資家にも提供する証券会社が増えつつあることを警戒。 情報開示義務を課すなどして、個人投資家の保護につなげたい考えだ。 金融庁は同日の「市場ワーキング・グループ」(座長=神田秀樹・学習院大学法科大学院教授)に規制の必要性と骨格を示し、了承された。 6月をめどに規制案をまとめ、監督指針や東京証券取引所の規則を改正につなげる。 ダークプールは、取引所外で機関投資家や個人投資家の注文を証券会社がマッチングさせる仕組み。 取引所の荒い値動きを回避でき、機関投資家が大口の注文をさばいたり、急いで流動性を得たい場合などに利点がある。 一方で、情報開示義務がないため、取引の参加者や注文動向、気配情報が外部からわからず、顧客が最良の価格での注文執行を望んでいるにもかかわらず、本当に最良価格で約定しているのか確認できない。 ダークプールが東証の取引に占める割合は約5%。 サービスを提供する20社程度のうち、5社が個人投資家向けにサービスを提供している。 金融庁は、ダークプールを利用する個人に対し、証券会社による意向確認が適正にできているか、個人投資家が意図せざる損失を受けていないか警戒している。 金融庁は、運営会社の情報や、ダークプールに参加する投資家の情報開示を義務づける一方、注文をマッチングさせた時点の参照価格などの記録・保管を通じ、顧客が求める場合は市場価格より有利な価格で約定するよう規制する方針。 ダークプールをめぐっては、米国などで顧客情報の漏えいなどの事件が発生し、規制が先行している。 米欧、カナダ、豪州、香港では情報開示規制が導入済みのほか、小口注文をダークプールに出す場合、市場の最良気配よりも1ティック以上良い価格や最良の売り気配値・買い気配値の仲値での執行が義務づけられている国もある。 reuters.

次の

巨額資金が動く!秘密の証券市場「ダークプール」をご存じか?(現代ビジネス) 赤かぶ

ダークプール

[東京 19日 ロイター] — 金融庁は19日、証券会社が取引所外で顧客の売買注文を引き合わせる「ダークプール」と呼ばれるサービスへの規制導入に向け、議論を始めた。 これまで、ダークプールでの株取引には規制がなかったが、金融庁はこのサービスを個人投資家にも提供する証券会社が増えつつあることを警戒。 情報開示義務を課すなどして、個人投資家の保護につなげたい考えだ。 金融庁は同日の「市場ワーキング・グループ」(座長=神田秀樹・学習院大学法科大学院教授)に規制の必要性と骨格を示し、了承された。 6月をめどに規制案をまとめ、監督指針や東京証券取引所の規則を改正につなげる。 ダークプールは、取引所外で機関投資家や個人投資家の注文を証券会社がマッチングさせる仕組み。 取引所の荒い値動きを回避でき、機関投資家が大口の注文をさばいたり、急いで流動性を得たい場合などに利点がある。 一方で、情報開示義務がないため、取引の参加者や注文動向、気配情報が外部からわからず、顧客が最良の価格での注文執行を望んでいるにもかかわらず、本当に最良価格で約定しているのか確認できない。 ダークプールが東証の取引に占める割合は約5%。 サービスを提供する20社程度のうち、5社が個人投資家向けにサービスを提供している。 金融庁は、ダークプールを利用する個人に対し、証券会社による意向確認が適正にできているか、個人投資家が意図せざる損失を受けていないか警戒している。 金融庁は、運営会社の情報や、ダークプールに参加する投資家の情報開示を義務づける一方、注文をマッチングさせた時点の参照価格などの記録・保管を通じ、顧客が求める場合は市場価格より有利な価格で約定するよう規制する方針。 ダークプールをめぐっては、米国などで顧客情報の漏えいなどの事件が発生し、規制が先行している。 米欧、カナダ、豪州、香港では情報開示規制が導入済みのほか、小口注文をダークプールに出す場合、市場の最良気配よりも1ティック以上良い価格や最良の売り気配値・買い気配値の仲値での執行が義務づけられている国もある。 reuters.

次の

焦点:株式市場歪める「ダークプール」、超高速取引より深刻な脅威に

ダークプール

この記事のもくじ• 証券会社の中で注文を付け合わせる「ダークプール」 ダークプールとは、取引所を通さずに証券会社が投資家同士の注文を付け合わせる(マッチング)取引です。 通常の株式取引では取引が公開されているので、板情報で注文状況がわかります。 これに対して 証券会社の中で注文をマッチングするダークプールでは、投資家の注文価格や注文数量などの流動性が外部から見えず、匿名性が確保されているのが特徴です。 個人投資家向けの整備が進むダークプール 本来は機関投資家向けのサービスとして提供がはじまったダークプールですが、個人投資家向けのサービス提供もはじまり、 2018年に入るとSBI証券や松井証券、カブドットコム証券などで独自のダークプールの提供がはじまっています。 シェア拡大と多様化が進むダークプール 注文情報の匿名性が確保されていることなどに加えて、約定率や約定単価の改善などが期待できることから、ダークプールの取引規模は近年拡大しています。 東京証券取引所(東証)の調査によると、 ダークプールのシェアは2014年をピークに一度減少したものの、2016年には過去最高の5. 6%を記録するなど、一転して増加傾向にあります。 呼値変更をきっかけに中小型株式のシェアが拡大 これまでのダークプールの取引は「TOPIX Core30」や「TOPIX Large70」などの大型株に集中する傾向がありました。 しかし、2014年の呼値単位の変更をきっかけとして、「TOPIX Mid400」や「TOPIX Small」といった中小型株式が取引シェアの多くを占めています。 ダークプール取引のメリット・デメリット 投資銀行やヘッジファンドに代表されるは株式市場のトレンドを決定する重要な取引参加者であり、その注文数量は出来高のかなりの部分を占めます。 そのため、 機関投資家の注文が他の取引参加者の行動を加速させ、取引市場の不安定性を引き起こすことは珍しくありません。 ダークプールでは注文の匿名性が確保されているため、取引市場そのものに影響を与えるような注文でも、想定外の価格変動がない取引を低コストで実現できるというメリットがあります。 取引の正当性を誰が検証する? このようなメリットがある ダークプールは、匿名性の高さから発注した取引が実際に執行されるかどうかの面で不確実であることは否定できません。 また、通常の取引所取引との間にタイムラグが生じてしまうため、取引所の板情報が切り替わるタイミングによっては、取引所よりも不利な価格で約定する懸念があります。 まとめ 欧米諸国を中心に活発なダークプールでの取引ですが、日本でもネット証券を中心に個人投資家に向けてダークプールを開放するなど、独自の道を歩みはじめています。 この記事や後述するダークプールに関する書籍を参考に、オープンな市場取引(リットプール)とは異なるダークプールに関する知識を深めましょう。 ダークプールの実態を知るための3冊 免責事項 株の教科書. com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。 その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。 当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。 お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。 投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。

次の