カービィwiki。 スーパーカービィハンターズ 攻略Wiki : ヘイグ攻略まとめWiki

星のカービィポータル

カービィwiki

クイズ作成者 Mr.B 難易度 選択肢 投票 1 「はるかぜとともに」のデデデ大王を倒した時にもらえるスコアは100000である 27 2 ギムとレーザーボールをミックスして放置すると必ずスープレックスをコピーできる 21 3 バンダナワドルディはヘルパーを1度も出さなかった時、ダイビングロケット5発当てると倒すことが出来る 3 4 格闘王への道で、ヘルパーを出した時のバトルウィンドウズの合計HPは663である 1 5 真・格闘王への道のタイトル画面のグローブは黄色である 2 6 メタナイトでゴーDXのタイトル画面で、ソードナイトは一番右にいる 2 7 極・大車輪2ヒットよりも大車輪1ヒットの方が強い 9 8 銀河にねがいをの隠し星「??? 」で1度も後戻りせずに進むと、最低でも20体のタックと出会う 4 9 コピー能力「コピー」では、タックからコピー能力を入手することは出来ない 8 10 カブーラーの砲弾を破壊してもスコアは入らない 272 11 「大王の逆襲」のマスクド デデデを倒した時にもらえるスコアは500000ではない 3 12 実は 1 ~ 11 の中には間違いがある! ぇ F:A~Dの中には1つ以上間違いがある! 意味不 選択肢 投票 1 AとB 4 2 AとC 10 3 AとD 64 4 AとE 5 5 BとC 6 6 BとD 20 7 BとE 184 8 CとD 27 9 CとE 6 10 DとE 16 11 EとF 27 クイズ作成者 Mr.B 難易度 A:ムービー05「たっしゃでくらせよ」の中で、ダイナブレイドのヒナたちはリンゴを平均3個以上食べている B:ムービー29「騎士の凱旋」で流れているBGMの番号は065のみである C:サブゲーム「かちわりメガトンパンチ」で、150mtではポップスターにヒビを入れる事はできない D:ワムバムジュエルの3連続の叩き潰しは必ず右から始まる E:「はるかぜとともに」をクリアしなくても「白き翼ダイナブレイド」「激突! グルメレース」「洞窟大作戦」 を遊ぶことが出来る F:A~Eの中には1つだけ正しい文があるんだ! 意味不 選択肢 投票 1 AとB 8 2 AとC 9 3 AとD 27 4 AとE 8 5 AとF 1 6 BとC 2 7 BとD 2 8 BとE 4 9 BとF 3 10 CとD 25 11 CとE 103 12 CとF 6 13 DとE 46 14 DとF 20 15 EとF 12 クイズ作成者 ami 難易度 選択肢 投票 1. はるかぜとともにで普通の吸い込みだけではコピーできないコピー能力は8つ以上ある 9 2. 洞窟大作戦に出てくるお宝ファルシオンはマルクの持つ剣を指す 201 3. 洞窟大作戦で一番高い値打ちを持つめいとうサムライのお宝ナンバーは2でも3でも割り切れない 3 4. 白き翼ダイナブレイドで、隠しスイッチがあるのはマシュマロ城とキャンディ山 2 5. 銀河に願いをで、ソードとビームのコピーのもとデラックスは同じ星で取れる 3 6. アニメのカービィで、オープニングが変わったのは第72話から 4 7. キャンディ山とスカイハイは同じ曲 2 8. メタナイトでゴーの剣のポイントの上限は50 1 9. サブゲームコンベアタッチで使われている曲の原曲は64のこうじょうけんがく 1 10. カービィの初代ゲームが発売されたのはポケモン赤・緑が出る前 3 クイズ作成者 Mr.B 難易度 A:ムービーは36番まである B:「メタナイトの逆襲」にて、カービィは2連主砲と左右ウィングとリアクターを自力で破壊した C:ムービー03「あしたはあしたのかぜがふく」で、背景の夕日は徐々に沈んでいる D:スタッフロールが流れるモードは「銀河にねがいを」「大王の逆襲」 「メタナイトでゴーDX」の3つである 選択肢 投票 1 A 8 2 B 9 3 C 2 4 D 3 5 AとB 5 6 AとC 3 7 AとD 7 8 BとC 3 9 BとD 17 10 CとD 4 11 AとBとC 5 12 AとBとD 96 13 AとCとD 0 14 BとCとD 3 15 AとBとCとD 7 クイズ作成者 ami 難易度 A. ヘルパーマスターの道において、ファッティホエールはデデデ大王より後に出て、ツインウッズより先に出る。 洞窟大作戦のお宝で、プラチナリングと金のジョウロとしんじつのてかがみをあわせた値段はクイーンクラウンとみつぼしの杖とボンバーナックルをあわせた値段より高い。 メタナイトの逆襲のチャプター3のスタート時の制限時間 カウント は1000で割り切れない。 サウンドテストの曲総数は120よりも多い。 サブゲームの早撃ちカービィでデデデにあたったときの点数は中ボスに当てたときの点数の2倍以上。 選択肢 投票 1 Aのみ 1 2 Bのみ 1 3 Cのみ 1 4 Dのみ 0 5 Eのみ 2 6 Fのみ 0 7 AとB 1 8 AとC 1 9 AとD 1 10 AとE 0 11 AとF 3 12 BとC 0 13 BとD 0 14 BとE 2 15 BとF 1 16 CとD 0 17 CとE 71 18 CとF 1 19 DとF 0 20 DとE 0 21 EとF 1 22 間違いなんてない 5 クイズ作成者 Mr.B 難易度 キツイかも A:2連主砲をスープレックスの投げ技のみで撃破するには最低でも3回は物を投げる必要がある B:「メタナイトでゴーDX」で使えるマッハトルネイドは、威力以外の性能はクラッシュと全く同じである C:オプション画面でカービィが左手に持っている工具はマイナスドライバーである D:実は「激突! グルメレース」にはクラッコが登場している E:シアタールームで見られないムービーが存在する F:「格闘王への道」のムービーに出るトロフィーには表裏の区別がない 前から見ても後ろからでも同じ 選択肢 投票 1 AとBとC 2 2 AとBとD 8 3 AとBとE 1 4 AとBとF 3 5 AとCとD 0 6 AとCとE 1 7 AとCとF 1 8 AとDとE 1 9 AとDとF 6 10 AとEとF 1 11 BとCとD 4 12 BとCとE 1 13 BとCとF 12 14 BとDとE 0 15 BとDとF 3 16 BとEとF 2 17 CとDとE 58 18 CとDとF 4 19 CとEとF 0 20 DとEとF 0 答えは。 解説は下をドラッグ。 カービィ すっぴん で1種類。 通常のコピー能力で26種類 実は、マイクで3つ。 ヘルパーが20種類。 その他に「スターシップ」、「ウィリーライダー」、「ワープスター」、「たいほう」、「トロッコ」、「いてっ! 」、「やられた…」、「むてきキャンディ」、「メタナイト」、メタナイト版の「いてっ! 」「やられた…」、ヘルパーそれぞれの「やられた…」、「ミックス」、ヘルパー生成時、「スカッ! 」、グルメレースのデデデ3種 普通、食べたor勝った、負けた 、グルメレースの黄色カービィ =2P 、ヘルパー タックにさらわれている がある。 ヘルパーの「やられた…」はヘルマスゲームオーバー時に登場。 「ミックス」は飲み込むとコピールーレットが始まるとき、ほおばっている間密かに登場している。 「スカッ! 」はなにかを飲み込んでスカだったときに一瞬登場。 合計86かな? まだある! という場合はコメントにお願いします。 過去に何度も修正されています。 まだある可能性あり。 特に グルメレースの黄色カービィは作成者がソフトを一本しか持っていないため、 確認できません。 もし確認できる方がいたら、結果をコメントにお願いします。 クイズ作成者 ami 難易度 選択肢 投票 1 メタナイトの逆襲でチャプター1から脱出までの8つ チャプター5の後半部分は含まず、メタナイトを倒したあとの最後の脱出部分は含む。 13 答えは 19。 下をドラッグしてみよう。 1 トータル37545で、平均が4693. 125。 4600より大きい。 2 隠し部屋をご存知ですか? 5 ココア洞窟。 6 フロリアではなくハーフムーン。 7 ウイスピーウッズに次ぐ2番目。 8 真っ先に出てくるファンファンは中ボスオールスターズでは3番目に出てくる。 9 3ポイント。 11 強制的に消される。 12 海、アクアリスで。 ヘビーロブスター戦は051。 13 アイアンマムが140、ジュキッドが130。 14 ファイターのほうが先。 15 デデデ大王、ダイナブレイド、魔人ワムバムロック、ヘビーロブスター、メタナイト、バトルウィンドウズ、ギャラクティック・ノヴァ、マルクの計8体。 16 洞窟大作戦などのゲームオーバーの曲が、銀河に願いをの冒頭で使われる。 17 180,181,182となる。 180は12で割り切れる。 18 バンダナワドルディがいる。 ちょっと意地悪かも。 19 これが正解。 メタナイトがカービィの代わりに飛翔する。

次の

星のカービィポータル

カービィwiki

キャラクター特性 遠く平和な星のひと。 何でも吸い込みコピーする、その芸達者ぶりはスマブラでも存分に味わえる。 前作12キャラの中で3強の次に強かったキャラであり、 それ故に大きな批判にあったせいか、今作では何と文句無しの最弱産廃キャラにされてしまった。 ちなみにそんなカービィより強かった3強の弱体化は何故か強〜中堅程度で許されている。 この差はカービィの操作が簡単だった点と、桜井の身内贔屓だと言われて桜井氏がトラウマを負ったせいだと思われる。 体が小さいので敵の技を避けやすいが、重さが全キャラ中ワースト4で、縦にも横にもよく吹っ飛ぶ。 カービィの1回のジャンプ力は非常に低く、地上ジャンプだけだと最下位から2番目。 だが飛行 多段ジャンプ を所持しているため、全てのジャンプをあわせると高さは1番となる。 ただし空中横移動はいまいちなため、同じく空中5段ジャンプを使えるプリンと比べると、上に行けるが横には行けない。 全体的に攻撃力が低い上に判定面で当てにできる技が少なく、有効な飛び道具がない上に機動力が低めなので差し込みもいまいち。 更に火力不足で耐久も脆いため、非常に性能負けしやすいタイプ。 それでいて性能は全キャラ中でも最弱争い確定の部類なので、勝ちを狙うなら使うべきではないだろう。 勝ち負けにこだわらずプレイが出来る人、どうしてもカービィを使いたい人、マゾキャラが好きな人、道連れが好きな人に向いたキャラだ。 長所 ・飛行を持っているため、復帰力は横、縦共に高い。 ・復帰力の高さとメテオ技の存在により、復帰阻止がしやすい。 ・相手キャラの通常必殺技をコピーできる。 ・身体が小さく、特にしゃがんでいるときはかなり多くの攻撃をかわせる。 ・絶が使いやすい。 ・NBと前後投げで道連れが狙える。 ・かわいい。 短所 ・リーチが短く、判定の強くない技が多いので相手の攻撃に一方的に打ち負けやすい。 ・攻撃力が低く、コンボもしづらいので火力と決め手の不足にかなり悩まされる。 ・コピーしないと、飛び道具が使いにくい上Bしかない。 ・コピーしても、大抵の技は本家より劣化しており使いにくくなっているものが多い。 ・そもそも、コピーが難しい。 ・身体が軽く、縦横共に非常に吹っ飛びやすい。 ・移動スピードが遅く、立ち回りづらい。 ・落下速度の遅さから、着地地点を読まれやすく着地狩りに弱い。 ・前後投げが使いにくい。 A パンチ。 とりあえず二段目へ。 A ここから普通に性能の高い連続攻撃を出していいが、横強が機能する状況なら狙いたい。 連続A 前方に小さな衝撃波を出す。 隙が少なく、ダメージ量が多いのでかなり有用な技。 ダッシュ攻撃• ダッシュA 自分の進行方向とは逆向きに敵を飛ばす。 後隙が非常に大きく、こちらからの追い討ちは難しい。 技発動中に崖から飛び出すと、普通に落ちていくので注意。 カービィの本体に当たり判定があるので、 リーチの長い技を当てられると止められてしまう。 基本的にはあまり出したくない技。 強攻撃• 横A 斜め方向へのシフトが可能。 攻撃のスキがあまりなく、少々相手と間を取りたいときなどに役立つ。 ベクトルが横に近く、安定した攻撃力を誇り、フィニッシュにもなる。 空中後とならんでカービィの主力技。 上A 向いている方向と反対側に攻撃する。 技の出が早い。 落下速度が速い、または体が大きくて重いキャラには、低パーセント時、コレの連打が有効。 ここから空中上などに繋がる。 下A リーチが長く、打点が極めて低いためガード漏れを狙いやすい。 横強同様使いやすいが、持続は短い。 復帰阻止にも有効。 スマッシュ攻撃• 横スマ 斜めにシフト可能。 隙が大きいが、大きく踏み込むのでリーチがほかの技より長め。 ジャストミートに影響されやすいので出だしを当てるように心掛けるべき。 威力はかなり低く、その割に隙があるのでほとんど使えない。 上スマ カービィの持つ技の中で一番のふっとばし能力を誇る技。 だが発生が遅くてかなり当てづらい。 しかも、カスあたりしやすく、後方で当たるとほとんど吹っ飛ばせない。 「ザシュッ!」と斬撃音が鳴った時がクリティカルで、最も高い威力を発揮する。 下スマ 技の端のベクトルがほぼ真横なので、落下が速いキャラ、硬直の長いキャラに対するフィニッシュが楽。 根元で当てると浮くので注意。 復帰阻止に重宝する。 空中攻撃• 空中N 持続は長いが、あまり攻撃力はない。 判定も弱い。 ほとんど使える局面はない。 強いてあげるなら前を向いている状況で復帰阻止したいときのみ。 空中前 前方に3回キックする。 3段目の威力は高め。 技発動中に上手くキャラの動きを調整して、なるべく3段目を当てられるように。 この技は、復帰の距離を伸ばすので頭に入れておきたい。 発生がはやく、そこそこリーチもあるのでダッシュからの奇襲に使う。 空中後 発生が早く、判定も強く、威力があるので、カービィ屈指の強力技。 ガーキャン投げされないように先端あてを狙おう。 横スマ同様、ジャストミートに影響されやすく、最後のあたりのカス当てだと反撃を受けやすい。 空中上 うまく当てるとフィニッシュも狙える技。 が、リーチがなく当てづらい。 ふっとばし方向が当たり具合によって変わるので、フィニッシュしやすい場所を当てていくように。 右を向いている時、出だしを当てると右上、 終わり際を当てると左に吹っ飛ばす。 飛行があるカービィはジャンプが非常に暴発しやすいのでCスティックを使うと良い。 空中下 メテオ技。 他キャラのと違い、それほど強く吹っ飛ばすことはできない。 しかし、かなり下まで拘束し持っていくことが可能なので当ててしまえばバーストしやすい。 崖下から戻ろうとする相手にこれでとどめを刺そう。 判定が強いので、当てる相手が復帰技を使用しても打ち勝ちやすい。 技の終わりが地上に当たると、衝撃波が発生し、当てた相手を横に飛ばすので、コンボには使いにくい。 メテオの中でも出は遅い方なので、タイミングには気をつけるように。 つかみ・投げ• つかみ・つかみ攻撃 思った以上につかめる範囲が広いのでつかみを狙いに行こう。 しかし、追撃は厳しい。 また、つかみ打撃の性能もひどく、ゲムヲと肩を並べるほど。 前投げ 相手を道連れにすることができる恐ろしい技。 しかしなんと、レガバチャ入力によってモーション中につかみ抜けをされてしまう。 しかもその間もこちらのモーションが続いているので、大きな隙をさらすことになる。 完全にクソ性能な投げである。 道連れを狙うが相手に抜けられ、自分だけが死亡……という惨状が目に浮かぶ。 後投げ こちらも前投げ同様抜けられてしまうことがある。 しかしこちらはモーションが短いので、ある程度ダメージがあれば安心できる。 崖を背負った時に使える。 上投げ カービィは他の投げの性能がひどいので困ったらこれを使う。 攻撃後、カービィの体が少し浮くが、 その時空中ジャンプの回数が無くなるので、乱戦時のほかキャラからの横槍には注意。 着地時の爆発に、他の敵も巻き込むことができる。 下投げ 相手をダウンさせることができる。 攻撃後、相手のダメージにもよるが、反撃をくらい易いので注意。 必殺ワザ• B 相手を吸い込んだ後、 Aで中にいるキャラを星型弾として放出。 他のキャラにダメージを与えることができる。 中にいるキャラが大きく、重いほど星型弾の威力も上がる。 Bまたはスティック下で吸い込んだキャラの通常必殺技をコピー。 特定の帽子等がコピーしたしるし。 コピーした技はBボタンで使用可能。 他キャラのNBの特性も忠実にコピーされる。 しかし、カービィの体の大きさが小さいので、本来の技の性能と比べリーチ、威力などが オリジナルより若干下がっているものもある。 カービィは飛び道具を持っていないため、サムスなどの飛び道具コピーは重宝する。 とはいえ、タイマンでは隙が大きすぎて封印安定。 だが、ガード不能技のため、不意をついてつかってみるのも悪くない。 コピーが強力な相手にはつかってみてもいいかも。 ファルコ、シーク、サムス、ドクマリあたりはコピーできれば楽になる。 また、邪道だがこの技は道連れが可能である。 口に敵キャラを含み、そのまま崖から落ちるだけ。 空中からの方が確実だが、失敗した時、復帰はかなり厳しい。 空中でコピー・吐き出しをすると、相手は浮き上がりほとんど復帰してしまうので、注意。 ちなみに、吸い込む前5段ジャンプを使い切ってしまっていてもキャラを吸い込むと回数が復活する。 以下,それぞれのコピーの性能一覧。 特に詳しく書いてないキャラは 元と性能が変わってないコピー。 ・ドクターマリオ 額帯反射鏡 ドクターマリオが頭に付けている銀色の丸いヤツ を頭につけている。 本家と違いカプセルがヒットした時の音が違う。 ・マリオ M帽子を被っている。 ファイアーボールが使える。 ・ルイージ L帽子を被っている。 ファイアーボールが使える。 ・クッパ 若干発生が早い。 角と赤髪が生えている。 クッパブレスが使える。 ・ピーチ 王冠を被っている。 キノピオガードが使える。 ・ヨッシー ヨッシーの顔上半分の帽子を被っている。 飲み込みが使える。 ・ドンキーコング 全身が茶色い毛で覆われる。 範囲が狭く、威力もオリジナルより落ちている。 ジャイアントパンチが使える。 ・キャプテン・ファルコン ファルコンのヘルメットを被っている。 本家よりも出も少し速く、軽いので空中で出しやすい。 掛け声も「ふぁるこ〜んぱ〜んち」と緩い感じで非常に可愛らしい。 ・ガノンドロフ 範囲や威力は劣化してるが,オリジナルとは違い, 溜め動作のときは完全に無声で、ワザを出すときに「ウォウ!」と軽く唸る。 ぼーっとしてるプレイヤーになら奇襲に使えるかも。 ガノンのようなヘアスタイルをしている。 もみあげが長い。 ・ファルコ オリジナルと性能は変わらないが構えが異なる。 頑張ればクイブラ可。 青のとさかと嘴が生え、目の周りが真っ赤になる。 ブラスター 連射不可 が使える。 一見には単なる劣化と判断されるのだが、実はオリジナルに比べて有利な部分がある。 まず落下速度の違い。 これによってファルコのような機敏なクイブラは困難とまず思われるのだが、その軽さのおかげでこちらはなんとSJからの2連ブラが可能。 また、ジャンプ隙も3F勢なので実はファルコよりも弾幕を張ることが可能。 急降下のタイミングは難しいと思われる。 ・フォックス 狐の耳が生える。 ブラスターが使える。 ・ネス PKフラッシュは本家同様空中で使った後しりもち落下になるのでご用心。 ネスと同じ帽子を本家と逆方向 つばの部分を後ろ向き にして被っている。 掛け声がほのぼのとしていて非常に可愛らしい。 ・アイスクライマー もこもこした服を着てる。 コピー「フリーズ」に酷似。 一人なのでアイスは一つしか打てない。 ・サムス 積極的にコピーしにいこう。 パワードスーツのメットを着用。 チャージショットが使える。 ・カービィ 吸い込んでも変化なし。 元のゲームの,いわゆるスカ。 他のキャラのコピーを持ったカービィなら、そのコピーを奪うことができる。 ・ゼルダ 子供時代のゼルダの帽子をかぶっている。 ネールの愛が使える。 ・シーク シークと同じ布を巻いた格好。 仕込み針が使える。 ・リンク おなじみのリンクの帽子をかぶってる。 身長が低いので元よりも射程距離は落ちる。 弓矢が使える。 ・こどもリンク 元と性能は変わらない。 ちゃんと矢は炎エフェクトである。 帽子はぱっと見リンクと同じだが,微妙に色が違う。 炎の弓矢が使える。 ・ピチュー 元と性能は変わらない。 しっかり自分に1ダメージ食らう。 ピチューの耳が生える。 ・ピカチュウ ピカチュウの耳が生える。 ・プリン プリンの耳が生える。 ・ミュウツー 尻尾と変な耳みたいなのが生える。 尻尾はミュウツーよりもミュウのものに近い。 掛け声は「ぬぅん!」 ・Mr. ・ロイ マルスと同様,リーチが短い。 横B 地上と空中で、技の性質がかなり変わる。 地上 大きなスキがあり、当たった時はすごいふっとばし能力を発揮する。 しっかりとハンマーの先端で当てないと駄目。 タイマンではまず当たらない。 空中 スキは地上よりは少なく、多段ヒット攻撃となる。 空中で出す1回目に限り、カービィの体が少し浮く。 崖からの復帰に使える。 背面の残り判定は予想以上に多いので置きに使えないこともない。 ダメージ量が多く、斜め上の敵に攻撃する際に使える。 ただし、隙は多い。 が、実は上手く着地できると空中ハンマーの後隙は消すことが出来る。 狙うなら台の下で。 上B カッターで切り上げ・切り下ろし、着地後は地を這う衝撃波を出す、3段攻撃。 切り上げ時は、少々強いベクトルが上に働き、軍団戦などで重宝する。 切り下ろし時は、メテオ技となり、崖際で使うと相手を下へ吹っ飛ばす。 このとき、崖捕まり判定がある。 最後は、普通『ファイナルカッター弾』と呼ばれる。 飛び道具だが、相殺されることはなく、敵を押し出す効果がある。 技の出はそれほど早くなく、カービィ本体に当たり判定があるため、途中で攻撃を止められてしまうこともあり、攻撃としてはあまり使い物にならない。 発動中、左右にスティックを傾けることによって少々移動できる。 下B 形成・解除ともにスキが大きい技。 さらに発生も遅く、威力も無い駄目技。 地上についたあとは、合計38%まで打撃攻撃を無効化できる。 (魔人拳・眠る・ボム兵なども1回なら防げる) ガード同様、つかみは防げないので早々にB離しで解除する方がいい。 しかし、解除後も隙だらけなので注意。 復帰阻止に使えるが、威力が低いのであまり使う場面はないかも。 なお今作からストーン時に変化するオブジェにいくつかの種類が追加された。 オブジェの種類による性能の差異は無し。 以下オブジェの種類と説明 名前 説明 ストーン 前作からの続投。 石に糸目がついただけのシンプルなデザイン。 トゲ鉄球 トゲの付いた黒っぽい鉄球。 当たるとかなり痛そう。 ちなみにトゲの数は14個。 100t分銅 側面に100tと書かれた重り。 SDXにて変身できる「8t」と書かれた分銅が元ネタ。 ドッスン マリオシリーズでお馴染みの敵キャラ。 青っぽくトゲが無いデザインの特徴から、元となっているなっているのはスーパーマリオ64でのデザインだと思われる。 おじゃまブロック 花柄ピンクの箱に顔が描かれている。 元ネタはパネルでポンに登場するおじゃまブロック 花の妖精のデザイン。 立ち回り・戦略など 立ち回り カービィは遠距離戦ができず、スピードは最低ランクである。 防御力もなく、攻撃力も無いと、かなり戦闘力が低く設定されている。 前作が強すぎたためだろうか。 しかし、懐に飛び込むことができたらそこそこ戦える性能は持っている。 強力な空後A、使いやすい横A、リーチのある空前A、上A、弱などで戦おう。 また、カービィは、しゃがむと回避能力が大幅に上がる。 ブラスター・仕込針・ミサイルなど、かわせる技はかなり多い。 背の高いキャラにはつかまれなくもなるので、 しゃがみ状態はかなり活用できるということを覚えておいた方がよい。 復帰 空中ジャンプ直後に空中前or後攻撃をすると、横方向への移動距離が長くなる。 距離が遠ければファイナルカッターを。 復帰阻止 地上からは下強、下スマ、横Aで。 できれば、滞空時間の長さを活かして、場外に飛び込んで阻止しよう。 強力な空後Aか、メテオを当てよう。 WiiU• 収集要素• 3DS• 更新履歴 最新の10件 2020-06-25• 2020-06-14• 2020-06-05• 2020-06-01• 2020-05-31• 任天堂ニュース showrss: Failed fetching RSS from the server.

次の

カービィWiki

カービィwiki

キャラクター特性 遠く平和な星のひと。 何でも吸い込みコピーする、その芸達者ぶりはスマブラでも存分に味わえる。 前作12キャラの中で3強の次に強かったキャラであり、 それ故に大きな批判にあったせいか、今作では何と文句無しの最弱産廃キャラにされてしまった。 ちなみにそんなカービィより強かった3強の弱体化は何故か強〜中堅程度で許されている。 この差はカービィの操作が簡単だった点と、桜井の身内贔屓だと言われて桜井氏がトラウマを負ったせいだと思われる。 体が小さいので敵の技を避けやすいが、重さが全キャラ中ワースト4で、縦にも横にもよく吹っ飛ぶ。 カービィの1回のジャンプ力は非常に低く、地上ジャンプだけだと最下位から2番目。 だが飛行 多段ジャンプ を所持しているため、全てのジャンプをあわせると高さは1番となる。 ただし空中横移動はいまいちなため、同じく空中5段ジャンプを使えるプリンと比べると、上に行けるが横には行けない。 全体的に攻撃力が低い上に判定面で当てにできる技が少なく、有効な飛び道具がない上に機動力が低めなので差し込みもいまいち。 更に火力不足で耐久も脆いため、非常に性能負けしやすいタイプ。 それでいて性能は全キャラ中でも最弱争い確定の部類なので、勝ちを狙うなら使うべきではないだろう。 勝ち負けにこだわらずプレイが出来る人、どうしてもカービィを使いたい人、マゾキャラが好きな人、道連れが好きな人に向いたキャラだ。 長所 ・飛行を持っているため、復帰力は横、縦共に高い。 ・復帰力の高さとメテオ技の存在により、復帰阻止がしやすい。 ・相手キャラの通常必殺技をコピーできる。 ・身体が小さく、特にしゃがんでいるときはかなり多くの攻撃をかわせる。 ・絶が使いやすい。 ・NBと前後投げで道連れが狙える。 ・かわいい。 短所 ・リーチが短く、判定の強くない技が多いので相手の攻撃に一方的に打ち負けやすい。 ・攻撃力が低く、コンボもしづらいので火力と決め手の不足にかなり悩まされる。 ・コピーしないと、飛び道具が使いにくい上Bしかない。 ・コピーしても、大抵の技は本家より劣化しており使いにくくなっているものが多い。 ・そもそも、コピーが難しい。 ・身体が軽く、縦横共に非常に吹っ飛びやすい。 ・移動スピードが遅く、立ち回りづらい。 ・落下速度の遅さから、着地地点を読まれやすく着地狩りに弱い。 ・前後投げが使いにくい。 A パンチ。 とりあえず二段目へ。 A ここから普通に性能の高い連続攻撃を出していいが、横強が機能する状況なら狙いたい。 連続A 前方に小さな衝撃波を出す。 隙が少なく、ダメージ量が多いのでかなり有用な技。 ダッシュ攻撃• ダッシュA 自分の進行方向とは逆向きに敵を飛ばす。 後隙が非常に大きく、こちらからの追い討ちは難しい。 技発動中に崖から飛び出すと、普通に落ちていくので注意。 カービィの本体に当たり判定があるので、 リーチの長い技を当てられると止められてしまう。 基本的にはあまり出したくない技。 強攻撃• 横A 斜め方向へのシフトが可能。 攻撃のスキがあまりなく、少々相手と間を取りたいときなどに役立つ。 ベクトルが横に近く、安定した攻撃力を誇り、フィニッシュにもなる。 空中後とならんでカービィの主力技。 上A 向いている方向と反対側に攻撃する。 技の出が早い。 落下速度が速い、または体が大きくて重いキャラには、低パーセント時、コレの連打が有効。 ここから空中上などに繋がる。 下A リーチが長く、打点が極めて低いためガード漏れを狙いやすい。 横強同様使いやすいが、持続は短い。 復帰阻止にも有効。 スマッシュ攻撃• 横スマ 斜めにシフト可能。 隙が大きいが、大きく踏み込むのでリーチがほかの技より長め。 ジャストミートに影響されやすいので出だしを当てるように心掛けるべき。 威力はかなり低く、その割に隙があるのでほとんど使えない。 上スマ カービィの持つ技の中で一番のふっとばし能力を誇る技。 だが発生が遅くてかなり当てづらい。 しかも、カスあたりしやすく、後方で当たるとほとんど吹っ飛ばせない。 「ザシュッ!」と斬撃音が鳴った時がクリティカルで、最も高い威力を発揮する。 下スマ 技の端のベクトルがほぼ真横なので、落下が速いキャラ、硬直の長いキャラに対するフィニッシュが楽。 根元で当てると浮くので注意。 復帰阻止に重宝する。 空中攻撃• 空中N 持続は長いが、あまり攻撃力はない。 判定も弱い。 ほとんど使える局面はない。 強いてあげるなら前を向いている状況で復帰阻止したいときのみ。 空中前 前方に3回キックする。 3段目の威力は高め。 技発動中に上手くキャラの動きを調整して、なるべく3段目を当てられるように。 この技は、復帰の距離を伸ばすので頭に入れておきたい。 発生がはやく、そこそこリーチもあるのでダッシュからの奇襲に使う。 空中後 発生が早く、判定も強く、威力があるので、カービィ屈指の強力技。 ガーキャン投げされないように先端あてを狙おう。 横スマ同様、ジャストミートに影響されやすく、最後のあたりのカス当てだと反撃を受けやすい。 空中上 うまく当てるとフィニッシュも狙える技。 が、リーチがなく当てづらい。 ふっとばし方向が当たり具合によって変わるので、フィニッシュしやすい場所を当てていくように。 右を向いている時、出だしを当てると右上、 終わり際を当てると左に吹っ飛ばす。 飛行があるカービィはジャンプが非常に暴発しやすいのでCスティックを使うと良い。 空中下 メテオ技。 他キャラのと違い、それほど強く吹っ飛ばすことはできない。 しかし、かなり下まで拘束し持っていくことが可能なので当ててしまえばバーストしやすい。 崖下から戻ろうとする相手にこれでとどめを刺そう。 判定が強いので、当てる相手が復帰技を使用しても打ち勝ちやすい。 技の終わりが地上に当たると、衝撃波が発生し、当てた相手を横に飛ばすので、コンボには使いにくい。 メテオの中でも出は遅い方なので、タイミングには気をつけるように。 つかみ・投げ• つかみ・つかみ攻撃 思った以上につかめる範囲が広いのでつかみを狙いに行こう。 しかし、追撃は厳しい。 また、つかみ打撃の性能もひどく、ゲムヲと肩を並べるほど。 前投げ 相手を道連れにすることができる恐ろしい技。 しかしなんと、レガバチャ入力によってモーション中につかみ抜けをされてしまう。 しかもその間もこちらのモーションが続いているので、大きな隙をさらすことになる。 完全にクソ性能な投げである。 道連れを狙うが相手に抜けられ、自分だけが死亡……という惨状が目に浮かぶ。 後投げ こちらも前投げ同様抜けられてしまうことがある。 しかしこちらはモーションが短いので、ある程度ダメージがあれば安心できる。 崖を背負った時に使える。 上投げ カービィは他の投げの性能がひどいので困ったらこれを使う。 攻撃後、カービィの体が少し浮くが、 その時空中ジャンプの回数が無くなるので、乱戦時のほかキャラからの横槍には注意。 着地時の爆発に、他の敵も巻き込むことができる。 下投げ 相手をダウンさせることができる。 攻撃後、相手のダメージにもよるが、反撃をくらい易いので注意。 必殺ワザ• B 相手を吸い込んだ後、 Aで中にいるキャラを星型弾として放出。 他のキャラにダメージを与えることができる。 中にいるキャラが大きく、重いほど星型弾の威力も上がる。 Bまたはスティック下で吸い込んだキャラの通常必殺技をコピー。 特定の帽子等がコピーしたしるし。 コピーした技はBボタンで使用可能。 他キャラのNBの特性も忠実にコピーされる。 しかし、カービィの体の大きさが小さいので、本来の技の性能と比べリーチ、威力などが オリジナルより若干下がっているものもある。 カービィは飛び道具を持っていないため、サムスなどの飛び道具コピーは重宝する。 とはいえ、タイマンでは隙が大きすぎて封印安定。 だが、ガード不能技のため、不意をついてつかってみるのも悪くない。 コピーが強力な相手にはつかってみてもいいかも。 ファルコ、シーク、サムス、ドクマリあたりはコピーできれば楽になる。 また、邪道だがこの技は道連れが可能である。 口に敵キャラを含み、そのまま崖から落ちるだけ。 空中からの方が確実だが、失敗した時、復帰はかなり厳しい。 空中でコピー・吐き出しをすると、相手は浮き上がりほとんど復帰してしまうので、注意。 ちなみに、吸い込む前5段ジャンプを使い切ってしまっていてもキャラを吸い込むと回数が復活する。 以下,それぞれのコピーの性能一覧。 特に詳しく書いてないキャラは 元と性能が変わってないコピー。 ・ドクターマリオ 額帯反射鏡 ドクターマリオが頭に付けている銀色の丸いヤツ を頭につけている。 本家と違いカプセルがヒットした時の音が違う。 ・マリオ M帽子を被っている。 ファイアーボールが使える。 ・ルイージ L帽子を被っている。 ファイアーボールが使える。 ・クッパ 若干発生が早い。 角と赤髪が生えている。 クッパブレスが使える。 ・ピーチ 王冠を被っている。 キノピオガードが使える。 ・ヨッシー ヨッシーの顔上半分の帽子を被っている。 飲み込みが使える。 ・ドンキーコング 全身が茶色い毛で覆われる。 範囲が狭く、威力もオリジナルより落ちている。 ジャイアントパンチが使える。 ・キャプテン・ファルコン ファルコンのヘルメットを被っている。 本家よりも出も少し速く、軽いので空中で出しやすい。 掛け声も「ふぁるこ〜んぱ〜んち」と緩い感じで非常に可愛らしい。 ・ガノンドロフ 範囲や威力は劣化してるが,オリジナルとは違い, 溜め動作のときは完全に無声で、ワザを出すときに「ウォウ!」と軽く唸る。 ぼーっとしてるプレイヤーになら奇襲に使えるかも。 ガノンのようなヘアスタイルをしている。 もみあげが長い。 ・ファルコ オリジナルと性能は変わらないが構えが異なる。 頑張ればクイブラ可。 青のとさかと嘴が生え、目の周りが真っ赤になる。 ブラスター 連射不可 が使える。 一見には単なる劣化と判断されるのだが、実はオリジナルに比べて有利な部分がある。 まず落下速度の違い。 これによってファルコのような機敏なクイブラは困難とまず思われるのだが、その軽さのおかげでこちらはなんとSJからの2連ブラが可能。 また、ジャンプ隙も3F勢なので実はファルコよりも弾幕を張ることが可能。 急降下のタイミングは難しいと思われる。 ・フォックス 狐の耳が生える。 ブラスターが使える。 ・ネス PKフラッシュは本家同様空中で使った後しりもち落下になるのでご用心。 ネスと同じ帽子を本家と逆方向 つばの部分を後ろ向き にして被っている。 掛け声がほのぼのとしていて非常に可愛らしい。 ・アイスクライマー もこもこした服を着てる。 コピー「フリーズ」に酷似。 一人なのでアイスは一つしか打てない。 ・サムス 積極的にコピーしにいこう。 パワードスーツのメットを着用。 チャージショットが使える。 ・カービィ 吸い込んでも変化なし。 元のゲームの,いわゆるスカ。 他のキャラのコピーを持ったカービィなら、そのコピーを奪うことができる。 ・ゼルダ 子供時代のゼルダの帽子をかぶっている。 ネールの愛が使える。 ・シーク シークと同じ布を巻いた格好。 仕込み針が使える。 ・リンク おなじみのリンクの帽子をかぶってる。 身長が低いので元よりも射程距離は落ちる。 弓矢が使える。 ・こどもリンク 元と性能は変わらない。 ちゃんと矢は炎エフェクトである。 帽子はぱっと見リンクと同じだが,微妙に色が違う。 炎の弓矢が使える。 ・ピチュー 元と性能は変わらない。 しっかり自分に1ダメージ食らう。 ピチューの耳が生える。 ・ピカチュウ ピカチュウの耳が生える。 ・プリン プリンの耳が生える。 ・ミュウツー 尻尾と変な耳みたいなのが生える。 尻尾はミュウツーよりもミュウのものに近い。 掛け声は「ぬぅん!」 ・Mr. ・ロイ マルスと同様,リーチが短い。 横B 地上と空中で、技の性質がかなり変わる。 地上 大きなスキがあり、当たった時はすごいふっとばし能力を発揮する。 しっかりとハンマーの先端で当てないと駄目。 タイマンではまず当たらない。 空中 スキは地上よりは少なく、多段ヒット攻撃となる。 空中で出す1回目に限り、カービィの体が少し浮く。 崖からの復帰に使える。 背面の残り判定は予想以上に多いので置きに使えないこともない。 ダメージ量が多く、斜め上の敵に攻撃する際に使える。 ただし、隙は多い。 が、実は上手く着地できると空中ハンマーの後隙は消すことが出来る。 狙うなら台の下で。 上B カッターで切り上げ・切り下ろし、着地後は地を這う衝撃波を出す、3段攻撃。 切り上げ時は、少々強いベクトルが上に働き、軍団戦などで重宝する。 切り下ろし時は、メテオ技となり、崖際で使うと相手を下へ吹っ飛ばす。 このとき、崖捕まり判定がある。 最後は、普通『ファイナルカッター弾』と呼ばれる。 飛び道具だが、相殺されることはなく、敵を押し出す効果がある。 技の出はそれほど早くなく、カービィ本体に当たり判定があるため、途中で攻撃を止められてしまうこともあり、攻撃としてはあまり使い物にならない。 発動中、左右にスティックを傾けることによって少々移動できる。 下B 形成・解除ともにスキが大きい技。 さらに発生も遅く、威力も無い駄目技。 地上についたあとは、合計38%まで打撃攻撃を無効化できる。 (魔人拳・眠る・ボム兵なども1回なら防げる) ガード同様、つかみは防げないので早々にB離しで解除する方がいい。 しかし、解除後も隙だらけなので注意。 復帰阻止に使えるが、威力が低いのであまり使う場面はないかも。 なお今作からストーン時に変化するオブジェにいくつかの種類が追加された。 オブジェの種類による性能の差異は無し。 以下オブジェの種類と説明 名前 説明 ストーン 前作からの続投。 石に糸目がついただけのシンプルなデザイン。 トゲ鉄球 トゲの付いた黒っぽい鉄球。 当たるとかなり痛そう。 ちなみにトゲの数は14個。 100t分銅 側面に100tと書かれた重り。 SDXにて変身できる「8t」と書かれた分銅が元ネタ。 ドッスン マリオシリーズでお馴染みの敵キャラ。 青っぽくトゲが無いデザインの特徴から、元となっているなっているのはスーパーマリオ64でのデザインだと思われる。 おじゃまブロック 花柄ピンクの箱に顔が描かれている。 元ネタはパネルでポンに登場するおじゃまブロック 花の妖精のデザイン。 立ち回り・戦略など 立ち回り カービィは遠距離戦ができず、スピードは最低ランクである。 防御力もなく、攻撃力も無いと、かなり戦闘力が低く設定されている。 前作が強すぎたためだろうか。 しかし、懐に飛び込むことができたらそこそこ戦える性能は持っている。 強力な空後A、使いやすい横A、リーチのある空前A、上A、弱などで戦おう。 また、カービィは、しゃがむと回避能力が大幅に上がる。 ブラスター・仕込針・ミサイルなど、かわせる技はかなり多い。 背の高いキャラにはつかまれなくもなるので、 しゃがみ状態はかなり活用できるということを覚えておいた方がよい。 復帰 空中ジャンプ直後に空中前or後攻撃をすると、横方向への移動距離が長くなる。 距離が遠ければファイナルカッターを。 復帰阻止 地上からは下強、下スマ、横Aで。 できれば、滞空時間の長さを活かして、場外に飛び込んで阻止しよう。 強力な空後Aか、メテオを当てよう。 WiiU• 収集要素• 3DS• 更新履歴 最新の10件 2020-06-25• 2020-06-14• 2020-06-05• 2020-06-01• 2020-05-31• 任天堂ニュース showrss: Failed fetching RSS from the server.

次の