ラブ ジェネレーション 最終 回。 ラブジェネレーション 最終回 : のほほん便り

ポリス×戦士 ラブパトリーナ!:「ガールズ×戦士」第4弾が7月26日スタート 「ファントミラージュ!」は6月28日に最終回

ラブ ジェネレーション 最終 回

1997年12月28日の「What's Up SMAP」でキムタクが聞き捨てならぬ発言をしていたのを発見しました。 なんと、ラブジェネで哲平が理子に言った プロポーズの言葉は、「キムタクが実際に結婚するときに使いたいと思っていたセリフだったんじゃねーの?」な内容なのです。 それは「What's Up SMAP」のリスナーの厳しいチェックから発覚したのでした。 キムタクはその日、 「拓哉様、一つ質問があります。 」 という投稿を読み上げました。 そして、その解説を始めたのです。 「そういうFAXが来てますけども、激しいですねぇチェックが!すごく細かいですですねぇ。 これはね、果たしてあのセリフは、あの、自分が僕で考えたモノなのかどうか、まずちょっとここで、ここにですね・・・」 といいながら台本を開き、 「これは、あっ最終回の台本ですね、「ラブジェネ」の。 コレ、あのプロポ-ズのシ-ンでしょ。 プロポ-ズのシ-ンは、あれですよ、あの台本上はね、展望所っていうとこだからね、シ-ンの32、49・・・50ペ-ジですね。 え~読みますと・・・」 と、最終回のセリフをチェックし始めます。 俺はお前が年とってしわくちゃのババァになるのを見ててやるから』『それって何?!結婚って事?』『そうだよ!』(キムタク棒読み。 笑)という、こういう流れになってるんですけど。 」 と台本にあるセリフを朗読?するキムタク。 最終回のあのプロポーズのセリフにはアドリブが入っていた 「確かねぇ、自分がやった覚えから行くと、これね、台本通り「俺の頭がハゲるのを見届けてくれ」って言うと、もうこの一言でプロポ-ズになっちゃうんですよ。 (--;) 「まず、『あっちょっと待ってふざけないで、ふざけないでちゃんと聞いて欲しいんだけど』って言った後に、『お前ハゲって好き?』」って聞いたワケ(笑) そしたらたか子がね、『・・ヤダ!』って言ったから、あっ、これはイケると思って、『あっそっかぁ~、じゃあ腹の出たオヤジは?』って言ったら、『ダメ!』って言ったの。 」 足したんかいっ!(笑)! そして真実が語られます。。。 「『お前の顔にシワできて、チチも垂れて、しわくちゃのババァになってくの俺見てるから』って言ったら、『何、それって結婚って事?!』っていう風になったんだけど。 あ~でも、まぁ今回「ラブジェネレ-ション」っていうドラマで、ああいうプロポ-ズをしましたけど、多分、自分がする時もね、ああいう感じだと思いますよ、たぶん。 ああ言う事を自分で言いたいから、プロポ-ズする時にああいう事言いたいなと思ってたから、たぶん俺の中から出て来た言葉だと思うし。 」 ハイ、以上!!! そうらしいです・・・思わず想像してしまいますよね、2000年11月のあの結婚報道の前にキムタクがこのセリフを実際に言ったのか・・・言ったのか・・・・言ったのか・・・言ったのね・・・ ちょっとヤケコーヒー飲んできます・・・ 関連記事.

次の

ラブジェネレーション 最終回(再放送):all around meのごはん日記

ラブ ジェネレーション 最終 回

ラブリラン10話最終回が6月7日(木)11:59~放送されましたね。 すれ違う町田(古川雄輝)とサヤカ(中村アン)。 町田の誕生日約束の場所で待っていると勇気をだしてメールを入れたサヤカ。 しかし、現れたのは亮介(大谷亮平)だったのです。 なぜ好き合っているいるのに、2人は別れなきゃいけなかったのか!? 好きな気持ちがお互い伝わるからこそ、見ている私も切なくなってしまいます。 好きでも一緒になれないこともあるのかな…。 サヤカが知ったのは会社の人伝えだったのです。 そんなサヤカは町田に会いにいきます。 そこで、町田のロンドン行はサヤカが記憶を失くす前から決まっていたことだった。 ということを隼人(市川知宏)から聞くのでした。 サヤカも町田と付き合っていた時は、激変したけど、町田もまた、サヤカのおかげで変われたのです。 それは、あのクールな町田が良く笑っていた…。 とても楽しそうでした。 そんな中、サヤカは失われた最後の記憶を取り戻す…。 上辺だけの良い記憶、それ以外の記憶を取り戻せたサヤカは…。 ラブリラン10話最終回!皆の反応は? 最終回の町田のこぼれる笑顔…。 2018年6月8日1時11分。 30歳男性経験のない、さやかが幸せを掴むことができるのか。 3月8日のクランクインから、5月14日のアップまで約2ヶ月記憶がないくらい怒涛の毎日を、キャスト、全てのスタッフの皆さまに支えていただき走る切ることができました。 お別れするのは、つらいけど最終回は、同じタイミングで、同じ気持ちを共有したいですね。 サヤカと町田が結ばれるシーンに皆大興奮! もちろん、私も大興奮でした(笑) 自分の気持ちを素直に見せる町田くんとサヤカ。 初回30日間無料で利用できます。 最後に ラブリラン最終回最高でしたね! リピしてもう2度も見ています(笑) あのクールな町田くんが最後に見せるこぼれるような笑顔。 サヤカにしか見せないあの笑顔は羨ましすぎます!! 次週からの楽しみがなくなって寂しいですが、サヤカと町田が結ばれて嬉しい気持ちでいっぱいです!!.

次の

ラブジェネレーション 最終回(再放送):all around meのごはん日記

ラブ ジェネレーション 最終 回

最後までハラハラ… だったけど、大滝詠一の主題歌通り、キモチよ~くフィニッシュしましたね。 王道ラブストーリーとしては「冬のソナタ」以来かな? ひさびさにテレビ前。 大いに盛り上がりました。 音楽が(不安調に)かわるたび、マズい、マズい… と、大騒ぎして、ヤンヤ。 はちあわせしそうな予感。 あるいは、思わず心グラつきそうな、嵐をよぶヒトコトを言いそうな気配。 「くるぞくるぞ… キタ~~ッ!」 やはり、なんといっても、片桐哲平を演じるキムタクと、上杉理子役、松たか子の圧倒的・魅力の勝利!でしたよね。 じつにハツラツとした会話が素敵的。 すっかり、魅了されてしまいました。 途中までは「いいんかいいんか。 これほど、東京ラブストーリーに、劇ウリで…」「これで、怒って失踪。 故郷に帰る、だったら笑うぞ」等々、言いたい放題、だったのですが、次第にクセになり、終盤に至っては、ほとんど、それをベースに楽しんでた感… また、ローカルにウケたのが「出ました。 透明林檎!」 それと、「またまた登場。 松たか子可愛かったし、なにかと嵐を呼びまくってた、初恋の人にして、義姉予備軍の水原さなえ役の、純名里沙。 リカとサトミじゃないけれど、リコちゃんと対照的なルックスと性格が、またナイ~ス! なにげに、脇役だけど、ご友人の藤原紀香や、まさに「嵐を呼んだ!」哲平・兄の元彼女。 森口瑶子 も、それぞれ持ち味が全然違ってて、ヨカッタです。 ちょっと小憎たらしい、哲平の上司。 平田満も、巧みな存在感。 ビシバシしたり、皮肉っぽくなったり、思いがけず、ホロッとしたところ見せたり… さすが名脇役の器、充分でした。 最後の最後まで、堪能しました。

次の