奥園レシピ。 奥薗壽子の読むレシピ―今日の献立がすぐ決まる (産経新聞社の本)

奥薗壽子のスープジャーのお弁当 手づくりスープはカラダにやさしい!

奥園レシピ

スポンサーリンク 奥薗流 ほうれん草のナムル レシピ ルテイン31. 6mg、亜鉛10. 3mg、ビタミンC 105mg、ビタミンE 8. 1mgが含まれている奥薗流ほうれん草のナムルの作り方です。 ほうれん草1束を蒸し茹でにする。 ほうれん草にはルテインだけでなく、ビタミンC・Eも入った目にいい野菜です。 茹でたら流水にさらして粗熱をとり、食べやすい大きさに切って水気を絞る。 高野豆腐 3枚 を水で戻して絞ったら、細切りにし、小麦粉 大2 をまぶす。 長ネギ 1本 を斜め細切りにし、豚肩ロースは細切りにして片栗粉 小1 と醤油 小1 で揉みこむ。 フライパンにオリーブオイル 大1 をひいて火にかけ、豚肩ロースを炒める。 豚肉がこんがり焼けてきたら高野豆腐を加え、高野豆腐に焦げ目が付くまで炒める。 高野豆腐に焦げ目が付いたら火を止め、合わせ調味料を加えて全体に絡めて、長ネギも加えて余熱でさっと炒める。 仕上げに炒りゴマ 大2 を振りかければ完成! ほうれん草のナムルアレンジ レシピ 【五目焼きそば】 材料 ほうれん草のナムル ゴマ油 中華麺 【作り方】• ゴマ油で中華麺を炒め、ほうれん草のナムルと混ぜ合わせ、味を調えれば完成! 【肉野菜スープ】 お好みでラー油をかければ、ピリ辛スープにもなります。 材料 醤油 ゴマ油 ほうれん草のナムル 【作り方】• 鍋にナムルが少し浸る程度に湯を沸かし、ナムルを加えたら醤油とゴマ油で味を調えれば完成! 奥薗流かぶの葉のふりかけレシピ ルテイン25. 6mg、亜鉛9. 6mg、ビタミンC 199mg、ビタミンE 14. 2mgが摂れる奥薗流 かぶの葉ふりかけの作り方です。 カブの葉 200g を小口切りにする。 たらこをキッチンばさみで皮ごと切り刻み、たらこペーストにし、酒 大1 を混ぜておく。 フライパンに豚ひき肉を入れてから火にかけ、じっくり炒める。 豚ひき肉に火が通ったらカブの葉を加えて炒め合わせ、豚肉にカブの葉がなじんだら、たらこペーストを加えて混ぜ合わせる。 たらこにある程度 火が通ったら みじん切りにした生姜 1かけ ・かつお節 1パック を入れて和える。 仕上げに炒りゴマ 大3 を振り入れ、お好みで醤油・七味で味を調えれば完成! かぶの葉ふりかけアレンジレシピ 【卵焼き】 溶き卵にかぶの葉ふりかけを加えて、通常通り卵焼きを作る。 【チヂミ】 チヂミ生地にカブの葉ふりかけを混ぜて焼く。 【サラダ】 カブの実の部分をいちょう切りにし、軽く塩もみしたものにカブの葉ふりかけをかける。 【ふりかけご飯】 アツアツご飯にカブの葉ふりかけをかける。 奥薗流パセリミートソース レシピ ルテイン10. 5mg、亜鉛11. 9mg、ビタミンC 236mg、ビタミンE 10. 7mgが入った奥薗流パセリミートソースの作り方です。 玉ねぎ 1個 をみじん切りにし、トマト 2個 を皮ごと さいの目状にぶつ切りする。 玉ねぎが透き通ってしんなりしてきたら、ケチャップ 大4 を加えて全体に水分が飛んでねっとりしてくるまで炒め合わせる。 サッと炒めたらフタをして弱火で約5分蒸しにする。 パセリの葉の部分を細かめにハサミで切ってボウルに入れ、軸の部分は包丁で小口切りにする。 フライパンにオリーブオイル 大1 をひいて火にかけ、パセリの軸から炒め、続いて葉も加えて炒める。 ドリアやオムレツなどにもアレンジ可能。 【ミートソースパスタ】 茹でたパスタにパセリミートソースをかける。 スポンサーリンク.

次の

心臓を若返らせる奥園レシピ 心不全予備軍は鉄分不足

奥園レシピ

最近、心臓の機能が衰えている「心不全予備軍」の人が増えていると言います。 心臓の機能が衰えていると、階段の上り下りでも息切れをし、疲れやすくなります。 心臓病治療・研究の第一人者 東京都健康長寿医療センターの原田和昌先生によると、心臓の衰えに一番注目されているのが「心臓に必要なエネルギー源」となる「栄養素」が足リていないと言うことが最近分かったと言います。 医学界が注目する心臓のエネルギー源となる栄養素 この栄養素とは、鉄分です。 鉄分が足りない人は、息切れしやすく心不全予備軍の可能性があります。 今まで、一度衰えた心臓の機能はたとえ薬でも回復することはできないと言うのが定説でしたが、鉄分を補うことで心機能がアップすると言うことが最近分かりました。 心臓の動きが悪い心不全の患者さん、息切れとかの症状のある人300人に、鉄分を1年間注射で投与し、心臓の機能を調べたところ心臓の機能が非常に良くなっていました。 この研究は、一昨年ヨーロッパ心臓学会で発表され、今後の心臓病の治療ガイドラインを書き換える可能性もあるそうです。 心臓を若返らせる鉄分たっぷりの奥園レシピ 心臓の機能を回復させるために必要な鉄分は、1日10mgが目安です。 鉄分10mgは、レバーなら77g、レバニラ炒め約1人前になります。 ほうれん草で10mgの鉄分を取るにはおひたしなら14皿分になります。 レバニラを毎日食べ続けるのは結構大変。 また、ほうれん草のおひたしを14皿食べ続けるのは不可能ですよね。 そこで、料理研究家 奥園壽子さんが鉄分が多くいつでも食べられる「常備菜」を考案してくれました。 常備菜なら作り置きできますから、忙しい主婦にはとても助かりますね。 これで、常備菜の出来上がりです。 この常備菜を1食あたり約140g(小皿1枚分)を毎食3回食べると、鉄分1日10mgがクリアできます。 ただ、おなじ常備菜を食べ続けるのは飽きてしまいますよね。 そこで、この常備菜をベースに様々な料理に使ってバリエーションを増やします。 例えば、「うどん」と「常備菜」にとろみをつけて「あんかけうどん」にします。 これで、鉄分4mg摂れます。 小松菜と常備菜で、小松菜のおひたしにすると、鉄分3. 4mg摂れます。 常備菜を色々な料理にアレンジして、鉄分1日10mg摂取を目指しましょう。

次の

奥薗壽子のスープジャーのお弁当 手づくりスープはカラダにやさしい!

奥園レシピ

写真も図版もないけれど、エッセイを読み進めるうちに自然と「これなら作れそう」「美味しそう」「作ってみよう」となること、請け合いです。 紹介されているレシピはいわゆる家庭料理ですが、きちんとだしをとり、季節の食材を使い、無駄が出ない料理ばかり。 毎日の料理をらくらくとこなせるようになる、主婦ならではの賢い知恵がちりばめられています。 食の安全性や外食費の高騰など、家庭料理が見直されているいま、お料理初心者さんにもベテランさんにも、男性にも女性にもお勧めします。 そのレシピをもとに簡単な献立例も提案しているので、今夜のメニューがすぐに決まります。 編集作業中も女性スタッフの間で「昨日これ作りました。 美味しかったです! 」「週末これ作りたい。 」と会話が飛び交うほど。 ご自宅でも、通勤中でも、読むだけでお料理がしたくなることを保証します。 新聞紙上で連載されたレシピが春・夏・秋・冬と季節ごとに1年分載っています。 ふつうの料理本と違って料理のできあがり写真・絵はありませんし、プロセス写真もありません。 材料表はありますが、一つの料理が2ページちょっとの文章だけで紹介されています。 イラストは奥薗さん自身が描いたものだそうです。 あら、それじゃあ、料理のイメージがわかりにくのではと思われるかもしれません。 が、この本の狙いはふつうの料理本とは違っています。 この本は「あれが食べたいなぁ」とか「娘がダイエットするっていうから、何を作ってあげよう」とか「時間が30分しかない、パッと作れて、さっと食べられて、ちゃちゃっと片付けられるものを!」といったその時々の状況から生まれる料理と、作りながら「この手間は、仕上がりにこんなふうに影響するから大事ですよ」と大事なところはしっかり教えてくれるという親切さがあります。 「なすは食べやすい大きさに切り」など、大雑把に書かれているところもあるので、食べやすい大きさって言っても乱切りなの? くし型切りなの?と困ってしまうところもあるので星4つとしました。 が、味付けを含めて、「あなたに合ったものにすればいいんですよ」という作者からのメッセージだと最近は思っています。 何も作らなくても、読んでいるだけで食べたような気分になる本です。 (いや、読んでいると作りたくなってきます) 私は秋の章のキムチ鍋にはまりました。 家族も大好きです。

次の