ツッコミオーケストラ 粗品。 霜降り明星 粗品 クセがスゴいネタGP ネタ「オーケストラ」

粗品 X ツッコミオーケストラ

ツッコミオーケストラ 粗品

『M-1グランプリ2018』チャンピオン・霜降り明星。 せいやの舞台を縦横無尽に動き回るアグレッシブなボケと粗品のつい真似したくなる一言ツッコミで知られているコンビだが、霜降り明星のおもしろさは漫才だけにとどまらない。 せいやの「器用さ」と「誠実さ」という大きな武器 霜降り明星の魅力は、ラジオ『霜降り明星のだましうち! 』『霜降り明星のオールナイトニッポン0』YouTubeチャンネル『』などで見せるフリートークにも存分に現れている。 特に「自分の好きなものを語っているとき」のおもしろさは決して先輩芸人にも引けを取らない。 生粋の昭和好きとして知られているせいやは、テレビやラジオでもその想いを熱く語っている。 特に大ファンであるアグネス・チャンへの想いは尋常ではなく、たびたび粗品や視聴者を置き去りにするほどの愛を見せているが、衝撃だったのが『しもふりチューブ』で突然披露した「存在しないアグネス・チャンの曲を勝手に作って歌う」という奇行には恐怖すら覚えた。 【アグネス愛】ラスト2分衝撃の展開せいや大奇行【霜降り明星】 また、せいやは人や物事の特徴を捉えるのがうまく、状況を的確にわかりやすく伝える能力がとても高い。 特に『霜降り明星のオールナイトニッポン0』内のコーナー『霜降り交遊録』(霜降り明星が有名人と絡んでいる様子を想像する)が絶品で、声は決して似てるわけではないのに喋り方の癖や言葉のチョイスで絶妙に似せるその「雰囲気モノマネ」はまさに唯一無二。 四千頭身の後藤や宮下草薙の草薙といった同世代の芸人から、大和田伸也や鈴木亮平などの俳優陣、果ては河北麻友子からアンミカまで、そのレパートリーは無限といえる。 しかも、せいやのするモノマネにはきちんとリスペクトと愛がある。 誰のモノマネをしていても「バカにしてやろう」という嫌味がなく、誠実に向き合っているからこそリスナーは気持ち良く笑うことができる。 このせいやの「器用さ」と「誠実さ」は霜降り明星にとって大きな武器になっている。 粗品が持つ「純粋さ」という諸刃の剣 反対に粗品の武器は「純粋さ」にあると思う。 大のパチンコ好きの粗品は『しもふりチューブ』に「パチンコ初心者講座」「パチンコものまね」「ガチで好きなパチンコ台Best3を語る」などそのパチンコ愛を全面に出した動画を数多く投稿しているのだが、「海物語の保留数字の熱さ」「ジャグラーの払い戻し音のデカさ」「当たり演出の3択を外したときの横で打ってるおばさんのリアクション」など霜降りファンの誰がわかるんだよと言いたくなるようなものばかり。 一般的に決して良いイメージがないパチンコの話を子供のようなキラキラした顔でする粗品を見ているだけで笑ってしまう。 自身のラジオ『霜降り明星のオールナイトニッポン0』でもハガキ職人たちの投稿に対しておもしろいものはおもしろい、つまらないものはつまらないと一刀両断し、決して馴れ合いを許さない。 リスナー同士が険悪な雰囲気になったり、失敗したときに出る粗品の下級悪魔のような笑い方は本当にゾッとする。 だが、この良いも悪いも両方100%楽しむことのできる粗品は誰よりも人間らしく、そこが最高。 彼らのトークの凄さは「わからなくても面白い」というところにある。 彼らのファン層が若者中心でパチンコや昭和など決してド真ん中ではない話題であるにも関わらず、粗品のキレのあるツッコミと着眼点やせいやの細かいディテールまでこだわったモノマネの再現度の高さによって2人の熱量がリスナーにも乗り移り、まるで自分自身が体験した話のように聴くことができる。 自分たちがおもしろいと思うことをやりつづけ、その面白さを他人にも共有することのできる人間はそう多くない。 だからこそ、M-1グランプリ優勝から1年経った今でも霜降り明星は活躍しつづけられるのだと思った。

次の

【動画】粗品のピアノ歴とレベルが凄い!世界的ピアニストと共演していた!

ツッコミオーケストラ 粗品

『クイック・ジャパンvol. 145』 霜降り明星 昨年の『M-1』で優勝し、一躍注目の存在となった霜降り明星は各々、高校時代からお笑いコンテストに出ていた経歴の持ち主。 粗品はピン芸人としてデビューし、同世代をリードする存在だったが、なぜ、せいやとコンビを組んだのか? 2019年8月24日発売の『クイック・ジャパン』vol. 145で、粗品はこのように語っている。 「最初は『ハイスクールマンザイ』という、同世代の人間しかいないところで会ったんですよ。 周りひとりもオモロいやつおらんなって思ってた中、こいつだけはちょっと面白いって思えたのがせいやだった。 それですぐ連絡先交換して」 もともとコンビを組みたかったのではなく、せいやだからコンビを組みたかったと語る粗品。 実際にコンビを組んでみると、「さすが面白いこと考えてくるな」と、感心させられる毎日だったという。 そんな粗品が大事にしているのは、誰にも似ていないことだという。 「発明を絶対したいなと思ってて。 何個かは生んだと思ってます。 ツッコミにポーズを必ずつけて、体言止めでツッコむというのは、1個発明ですし。 相方ひとりが動き回って、上手と下手どこに相方がいても、僕が真ん中でツッコむ、っていうのも、今までになかったやり方だと思います。 で、僕たちは同時にボケツッコミをすることがあるんですね。 『7代目ひょうきん者』っていうボケがあるんですけど、せいやの動きと一緒に、僕が実況のように言う。 これも自分らの中ではかなりの発明だと思ってます」 オリジナリティへのこだわりを示す粗品。 「(僕らのようなことを)はよやられるんちゃうか、っていう焦りはありました。 正直、劇場で毎日『M-1』の練習をやってたので、無意識に違うコンビが僕のツッコミの感じになってたりするんですよ。 そいつに先に『M-1』に行かれたら、結局僕らがパクりっていわれるじゃないですか。 「全員が認めてくれるコンビになりたい」という野望を持つ彼が、これからどんな発明を生み出すのか、興味深く見守ることになりそうだ。 145(2019年8月24日発売/太田出版) 『クイック・ジャパンvol. 145』 の詳細・購入リンクはこちら.

次の

粗品 (お笑い芸人)

ツッコミオーケストラ 粗品

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。 粗品が意識する、お笑いの「リズム感」 『千鳥のクセがスゴいネタGP』。 なんとなく『あらびき団』風味のネタから本格的なものまで盛りだくさん。 中でも2本ピンネタを披露した粗品は圧巻だった。 1本目は「ツッコミオーケストラ」(ノブ命名)。 粗品がオーケストラ風に指揮をしながら自身のツッコミをサンプリングしたものを流していく。 以前、粗品が「お笑い芸人じゃなかったら指揮者になりたかった」と言っていたのを思い出した。 「自分たちの漫才とかお笑いにも、オーケストラ的要素を入れたいなって勝手に思ってまして『なんでやねん!』って、この『なんでやねん!』が、何拍置いてツッコむかでお笑い変わりますから。 意識してるリズム感とかもありますし」(『1万人の第九2019』/19年12月21日)と。 それを体現したネタを作り上げたのだなと。 素晴らしかった。 2本目は、「パチンコものまね」。 これも粗品の大好きなものをネタに昇華。 大悟はもちろん、みちょぱも完全に理解しているのも可笑しかった。 くっきーは鈴木福とのコラボネタ。 そのオチが「(ガンダムの)ギャンの盾」。 「知ってる・知らない関係なしで笑えるもんな」と大悟。 以前、兼近が指摘した「知らないもののたとえ」に対するアンサーかのようだった。 知らないものにたとえるのがダメなのではなく、定番のたとえに頼って笑えないようにたとえるのがダメなのだと。 最後のロバート秋山の「乳道」がヒドすぎて最高だった。 有料配信 『久保みねヒャダこじらせライブ』、ゲストは千葉雄大。 ライブの性質上、何ひとつ具体的なことは言えないけど、おもしろかった。 あげぽよ。 『Living』、さすが坂元裕二という感じの、深読みするとキリがないファンタジー風味の会話劇。 『浦和から持ってきて!』。 以前ラジオでも話題となった伊集院光と佐久間Pの出会いとなった『ナミダメ』の映像が観られるとは! しかもこのときから佐久間Pが画面に登場。 痩せてる。 『ハイパーハードボイルドグルメリポート』の上出Pセレクトの番組は、自身の原点となったという『世界ナゼそこに?日本人』の映像。 現在とはまったく違う風貌の若き日の上出が、ケニアのモヨ・チルドレン・センターを取材したVTR。 『ゴッドタン』、「腐りカルタ」をリモートで制作。 「腐り2大巨頭」のハライチ岩井とインパルス板倉が「たいてい売れてない先輩ほど、芸人以外の活動を認めない」、「YouTubeをテレビっぽくやろうとして逆に時代遅れがバレてんだよ」、「そんなにお金欲しいなら芸人じゃなかったんじゃないですか?」(以上、岩井)、「『ちょっと待ってくださいよ!』とかもういい」、「それほど仲よくもないくせに、仲よしコンビが売れる風潮になってからそういうことにしてるコンビ朽ち果てろ」(以上、板倉)など次々にカルタを埋めていく。 ノブコブ徳井がフォローに回る側にならざるを得ないほど。 「のびのびやれる番組は2クールで終わる」という案を板倉が出すと「『ゴッドタン』くらいだよね、ちゃんとつづいてるの」と言う劇団ひとり。 「前、マジで思ってたんだけど、いつ引退するのかなあって思ったときに、俺、『ゴッドタン』終わったら辞めようかなって」 今日観たい番組:「クラシックのプロがスゴイと思うJ-POP」など 『ガキの使い』(日テレ)は「松本を笑わせろ!異色芸人9人大喜利」。 挑戦するのはレギュラーメンバーのほか、ハリウッドザコシショウ、庄司智春、ダイアン津田、パンサー尾形、小島よしお、ジャンポケおたけ。 『関ジャム』(テレ朝)は「クラシックのプロがスゴイと思うJ-POP」の第2弾。 『おかべろ』(フジ)にいとうあさこ。 『にけつッ!!

次の