プレシジョン システム サイエンス。 プレシジョン・システム・サイエンスの評判・転職・採用情報

プレシジョン・システム・サイエンス[7707]

プレシジョン システム サイエンス

ワクチンができるのも1年以上先の話であり、感染者を見つけ離隔しながら、経済を回すのはPCR検査でどんどん検査して確定診断する方向で、世界が動き出してきてる。 そのためには、全自動PCR検査装置を導入して医療従事者の負担軽減に努めなければならない。 これまではキャパの問題から新型コロナの疑いがある人しか受けられなかったが、スポーツ選手、夜の街、上場企業でも不特定多数の人に検査する需要が起き出している。 それ以上に... [] 同意! 新型コロナにり患した人は900万人台、まだ世界全体人口で見ても1%にも満たないだけに、まだ始まったばかり。 ワクチンができるのも1年以上先の話であり、感染者を見つけ離隔しながら、経済を回すのはPCR検査でどんどん検査して確定診断する方向で、世界が動き出してきてる。 そのためには、全自動PCR検査装置を導入して医療従事者の負担軽減に努めなければならない。 これまではキャパの問題から新型コロナの疑いがある人しか受けられなかったが、スポーツ選手、夜の街、上場企業でも不特定多数の人に検査する需要が起き出している。 それ以上に医療従事者や福祉介護施設の方々がクラスターリスクが高いので順番が違うだろうと個人的には思う。 まだ話題に出てきてないが、病院や福祉介護施設にPCR検査を受けられる体制を整える事で、医療崩壊を防ぐ事に全力を注ぐべき! その時には株価5,000円超えて来ると思う。 300箇所の検査態勢でカバーできないからね。 9億 km バイオロジクス 10. 61億 IDファーマ:アイロム 1. 24 億 アカデミア主導 東京都医学総合研究所 5. 1億 慶応大学 2. 58億 東京大学 2億 長崎 大学5000万 新潟大学3800万 支援金 東京都医学総合研究所 5億 東京都からの助成金 東京都医学総合研究所1億 以上 今日のナノキャリア 株価の掲示板 で見つけました。

次の

7707:プレシジョン・システム・サイエンス(株)の詳細と信用残高推移など

プレシジョン システム サイエンス

課徴金納付命令対象者(1)は、プレシジョン・システム・サイエンス株式会社(以下「プレシジョン」という。 )の顧問として勤務している者であるが、同人がその職務に関し、同社の業務執行を決定する機関が、株式会社日立ハイテクノロジーズと業務上の提携を行うことについての決定をした旨の重要事実を知りながら、上記事実の公表がされた平成29年5月15日より前の同年3月22日及び同年4月7日、自己の計算において、プレシジョン株式合計2000株を買付価額合計74万3000円で買い付けたものである。 違反行為事実の概要については、のとおり。 課徴金納付命令対象者(1)が行った上記の行為は、金融商品取引法第175条第1項に規定する「第166条第1項又は第3項の規定に違反して、同条第1項に規定する売買等をした」行為に該当すると認められる。 (2)課徴金納付命令対象者(2)について 課徴金納付命令対象者(2)は、プレシジョンの顧問として勤務している者であるが、同人がその職務に関し、同社の業務執行を決定する機関が、株式会社日立ハイテクノロジーズと業務上の提携を行うことについての決定をした旨の重要事実を知りながら、上記事実の公表がされた平成29年5月15日より前の同年1月23日及び同月27日、自己の計算において、プレシジョン株式合計2000株を買付価額合計80万9000円で買い付けたものである。 違反行為事実の概要については、のとおり。 課徴金納付命令対象者(2)が行った上記の行為は、金融商品取引法第175条第1項に規定する「第166条第1項又は第3項の規定に違反して、同条第1項に規定する売買等をした」行為に該当すると認められる。 3.課徴金の額の計算 上記の違法行為に対し、金融商品取引法に基づき納付を命じられる課徴金の額は、下記のとおりである。 課徴金納付命令対象者(1)37万円 課徴金納付命令対象者(2)30万円 計算方法の詳細については、のとおり。 4.その他 本件については、日本取引所自主規制法人より提供された情報を参考として、実態解明を行ったものである。

次の

プレシジョン・システム・サイエンス

プレシジョン システム サイエンス

決算年月日 2015年6月30日 2016年6月30日 2017年6月30日 2018年6月30日 2019年6月30日 現預金等 1,799 2,632 2,444 2,056 1,845 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 3,085 2,423 2,592 2,311 2,854 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 1,443 709 709 701 740 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 52 1 2 2 4 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 75 56 57 60 62 総資産 資産合計。 6,455 5,820 5,805 5,129 5,505 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 2,019 1,811 1,425 1,449 1,292 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 740 618 628 389 235 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 3,695 3,391 3,751 3,291 3,977 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 2,423 2,554 2,854 2,593 2,936 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 - - 740 - - 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 1 3 4 5 5 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 797 796 62 900 888 総資産 資産合計。 5,512 5,705 5,505 5,272 5,747 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 1,455 1,570 1,292 1,180 1,157 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 297 315 235 203 357 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 3,760 3,820 3,977 3,889 4,233 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 3,316 3,060 2,502 2,329 2,830 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 722 701 797 641 808 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 -1,363 72 -803 -33 -404 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -150 -260 -268 -116 -95 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 175 1,124 828 -237 309 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 -35 - -368 - -351 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -27 - -68 - -61 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 301 - 8 - 487 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 3,354位 3,010位 3,516位 3,205位 3,373位 総資産 資産合計。 2,843位 2,960位 3,035位 3,185位 3,171位 現預金等 2,512位 2,253位 2,436位 2,665位 2,821位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 2,717位 2,822位 2,833位 2,983位 2,895位 現預金等増減 3,061位 1,034位 2,723位 2,851位 2,499位 2,619位 1971年6月18日生 1994年4月 動力炉・核燃料開発事業団入社 2004年1月 当社入社研究開発本部システム開発部開発第1グループマネジャー 2009年7月 当社技術本部設計第一部長 2011年6月 当社システム開発本部長 2011年9月 当社取締役システム開発本部長 2013年7月 当社取締役システム開発統括本部長 2014年10月 当社常務取締役システム開発統括本部長 2015年1月 当社常務取締役 技術本部・ソフトウェア開発本部及び生産技術本部担当 2018年7月 当社専務取締役 現任 技術開発部・試薬管理部担当 2019年7月 製品サポート部・メカ設計部・エレキ設計部・ソフト設計部・試薬開発部・試薬管理部担当技術統括部長 現任 1954年7月20日生 1987年12月 共同PR㈱入社 1992年11月 ㈱アイアールジャパン入社 2000年12月 ㈱ジュピターテレコム入社 2006年11月 当社入社業務本部IR・社長室長 2012年7月 当社事業本部長 2015年1月 当社営業本部長 2015年9月 当社取締役営業本部長 2016年7月 当社取締役事業推進本部長 2017年12月 Precision System Science USA,Inc. CEO 現任 2018年4月 当社取締役営業部長 2018年7月 当社常務取締役営業部長 2019年7月 当社常務取締役 現任 品質保証部・営業1部・営業2部・サプライチェーンマネジメント部・学術部担当 現任 決算年月日 2015年6月30日 2016年6月30日 2017年6月30日 2018年6月30日 2019年6月30日 従業員数(単独) 120人 115人 105人 77人 78人 従業員数(連結) 196人 197人 186人 171人 166人 平均年齢(単独) 40. 2歳 40. 4歳 40. 8歳 43歳 46歳 平均勤続年数(単独) 6. 8年 6. 7年 7. 4年 9. 5年 10. powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の