仁王 2 スキル。 おすすめスキル|仁王攻略

おすすめスキル|仁王攻略

仁王 2 スキル

サムライスキル 【スキル値の獲得方法】 ・社の「能力開花」を行う。 【おすすめスキル】 ・残心・天・人・地 ・流水・天・人・地 ・常世祓い・天・人・地 ・流転、流転 弐 気力管理がとても重要なため、「残心」と「流水」は必須といえるスキルです。 それに合わせて、構えによって効果が異なる「常世祓い」も覚えておくといいかな! 半妖スキル 【スキル値の獲得方法】 ・魂代を入手した状態で社で拝む。 ・社の「魂代計らい」で魂代供養を行う。 【おすすめスキル】 ・常闇への適応 ・鳴竜の声 ・妙技充心 ・妙技集中 ・妙技昂心 ・地脈根 まず、常時発動するスキルは取っておいて損はないと思います。 しかし、常闇内や妖怪化中など発動が限定されるスキルは後回し、もしくは余裕があれば程度でいいかも。 そして本作は特技を使用する場面が多いので、特技を使ったら効果が発揮される「妙技スキル」は押さえておきたい。 妖力上限がアップする「地脈根」もなかなかおすすめです! ニンジャスキル 【スキル値の獲得方法】 ・ニンジャスキルを使用する。 【スキル値(熟練度)の効率的な稼ぎ方】 1. スキルの「手裏剣」「クナイ」「火薬玉」などをできるだけ多くセットして、社の近くに居る敵に当てまくる(ダメージを与える)。 スキルを使い切ったら、社で拝んでスキルを回復。 1と2を繰り返す。 【おすすめスキル】 ・手裏剣術 ・クナイ術 ・透っ波抜き ・毒術・大芹汁 ・目潰しの術 ・マキビシ術 ・変わり身の術 ・忍具の心得 敵に気づかれていない状態で背後から強力な一撃を加える「透っ波抜き」は最初に覚えることをおすすめ。 「手裏剣術」や「クナイ術」は、忍者特化ビルドにすると敵を近づけることなく倒せたりとかなり強力で、熟練度上げにも大きく貢献してくれます。 あと、「目潰しの術」や「麻痺系の術」は隙を作ることが出来るので、攻撃しやすくなりますし、「マキビシ術」は足を遅くすることができ、ダメージ目的ではなく逃げる時に便利! 「変わり身の術」に関しては、使用後の一定時間内で1度やられても復活できるので、忍者ビルド以外でも活躍してくれること間違いなし!? 陰陽スキル 【スキル値の獲得方法】 ・陰陽スキルを使用する。 【スキル値(熟練度)の効率的な稼ぎ方】 1. スキルの「火弾符」「水弾符」「雷弾符」などをできるだけ多くセットして、社の近くに居る敵に当てまくる(ダメージを与える)。 スキルを使い切ったら、社で拝んでスキルを回復。 1と2を繰り返す。 【おすすめスキル】 ・符術・封力符 ・符術・克金符 ・符術・遅鈍符 ・符術・漏活符 ・符術・活源符 ・符術・召雷符 ・符術の心得 正直、陰陽スキルは「封力符(敵の攻撃力減少)」「克金符(敵の防御力減少)」「遅鈍符(敵の動作を鈍くする)」を習得しておけばOKって程で、ボス戦がかなり楽になるので超おすすめ! 「漏活符&活源符」は、協力プレイではヒーラーとして活躍し、仙薬も節約できて便利です。 武器に雷を宿す「召雷符」も、攻撃速度を遅くしたりできて結構活躍してくれるはず。 中でも、 陰陽スキルの「符術・封力符」「符術・克金符」「符術・遅鈍符」は反則レベルで強し!!! 進行に苦戦していてまだ習得していない方は、ぜひ使ってみてください! 引用・出典元:『仁王2』より.

次の

【仁王2】おすすめサムライスキル

仁王 2 スキル

陰陽スキルとニンジャスキル 陰陽術と忍術の術アイテムは陰陽スキルとニンジャスキルから習得する事で仕度できるようになります。 陰陽スキルとニンジャスキルのスキル値の入手法は以下。 陰陽スキル 陰陽師の遺髪の使用、陰陽術アイテムの使用による熟練度 ニンジャスキル 忍者の遺髪の使用、忍術アイテムの使用による熟練度 最初はフィールド上で入手出来る遺髪を所持品から使用してポイントを獲得、ポイントで術を習得してから習得した術を使いまくって熟練度を上げていくのがおすすめです。 術仕度 スキル習得で1つでも術アイテムを仕度できるようになると社に「術仕度」の項目が利用できるようになり、術アイテムを仕度できるようになります。 術仕度でセットした術アイテムは所持品に加わり、 社で拝む事で何度でも補充する事ができます。 術アイテムをショートカットにセットしておく事で本編攻略が楽になるので、序盤でも陰陽スキルかニンジャスキルのどちらかは優先して成長させると良いでしょう。 スポンサーリンク 術容量 術アイテムにはそれぞれ術コストがあり、自分の 術容量以上の術アイテムは仕度できません。 術容量を増やすためには、 能力開花で「忍」、「呪」のステータスのレベルを上げる必要があります。 陰陽スキルとニンジャスキルのスキルには術容量を増やすものがありますが、基本的には能力開花によるレベルアップで術容量を増やせるという事を覚えておきましょう。 能力開花で増やせる術容量は最大30までで、「忍」「呪」どちらもステータス値を30まで上げれば術容量が最大(30)になります。 術 術容量 忍術 忍30+スキル「忍具の心得」の術容量+5 陰陽術 呪30+スキル「符術の心得」の術容量+5 なので、序盤の内で忍具と陰陽術を使用する場合は 「忍」「呪」は術容量を考えて能力値30を目安に上げていくのがおすすめですね。 関連記事 以上で『仁王2』の術アイテムについてを終わります。

次の

【仁王2】おすすめ忍者・陰陽・半妖スキル(熟練度上げ方)

仁王 2 スキル

複数の武器を使うよりも1つの武器に特化させた方が結果として早く強くなるのでおすすめです。 守護霊の加護は気にしない 守護霊を憑けるとステータスに応じてボーナスが発生しますが、ボーナスを発動させるために無理やりステータスを上げる必要はありません。 六道輪廻の書でステータスの振り直しができる ステータスの振り直しには「六道輪廻の書」が必要です。 「六道輪廻の書」はステージのクリア報酬やなどで入手できます。 武器スキルポイントや陰陽術ポイントの増やし方 武器ごとの武技を覚えたり陰陽術や忍術を覚えるのに必要な スキルポイントは、その武器や術を使用し続けることで入手できます。 スキルポイントの振り直しは、修練場でいつでも行うことができます。 基本性能が高かったり特殊能力がついている防具ほど必要ステータスが高いので、防具に合わせて少しずつ成長させておきましょう。 武器種に関わらず「体」と「心」を10まで上げる 「体」はHPに大きく影響し、「心」は気力に大きく影響します。 どちらのステータスも レベル5から10までの上昇値がとんでもなく大きいので、どんな武器を装備するにしても優先的に10まで上げましょう。 準備ができたら武器に合わせて上げる 「防具に必要なステータスの確保」「体と心を10まで上げる」の2つが完了したら、今度は武器種に合わせてステータスを上げていきましょう。 使用する武器の「攻撃力への反映」がもっとも大きいステータスに特化させれば効率よく火力を上げることができます。 反映はAが最も大きくB,C,Dとなるにつれて小さくなっていく。 ステータス効率で考えたら、忍術を使いたいなら「鎖鎌」一択、陰陽術を使いたいなら「大鎌」一択です。 防具のステータスのチェックも忘れずに 防具の必要ステータスは、防具の種類によって変わるので、防具のステータスも常にチェックしておきましょう。 防具の必要ステータスの確保が最優先なのは序盤の育成方法と変わりません。 武器種に関わらず勇や剛も上げていく 気力回復速度にかかわる「勇」や、装備重量にかかわる「剛」もある程度上げておくのがおすすめです。 「勇」は上昇効率が良い10まで、「剛」は敏捷B以上を確保できるように上げましょう。 終盤おすすめのステ振り論.

次の