シャネル トランス パラン。 シャネル CHANEL ボームエサンシエル #トランスパラン 8g [690507]【メール便可】 :chaic0000021:BLANC LAPIN

ヤフオク!

シャネル トランス パラン

ボーム エサンシエルは2種類 ボーム エサンシエルは2種類あって、色がちがうというよりは使いみちも違うので自分のハイライトのイメージに近いものを選ぶようにしてください。 今回私が購入したトランスパランの方は、透明なバームのようなものにゴールドのラメがいい具合に散りばめられていて、濡れたような艶、水光肌、ぬめり肌、などのキーワードがピンとくる人。 肌にみずみずしい艶を出したい人は重宝すると思います。 艶を足したい人はトランスパラン。 もうひとつのスカルプティングは、見た目にも細かいシャンパンゴールド系のラメが入っているので華やかな感じ。 正統派のハイライトっぽいものをご所望であればスカルプティングをおすすめします。 光を集めて立体感を出したい人向け。 ボーム エサンシエルの使い方 こちらのボーム エサンシエル、スティック状なのですのまま頬を滑らせるかと思いきや、直塗りすると下のお化粧がよれてしまう可能性があるため、専用のブラシまたは指にとってつけます。 ボーム エサンシエル専用の筆が出ていますが、バーム状をのものを乗せるのが苦手な人は買ったほうがいいと思うけど、私を担当してくれたBAさんは指でつけるほうがきれいよ、と教えてくれたので、今回は本品のみ買いました。 ブラシ使用は推奨だけど、必須ではない。 このボーム エサンシエルは専用のブラシもあるのですが、ブラシは必要ないと私は判断しました。 タッチアップしてくれたBAさんも指でやるほうがきれいに付くのよ〜と言って指で付けてくれたので、私は買っていません。 出典: カウンターによってはブラシを使ったほうがいいという方もいるそうなので、その場でタッチアップした感じでいけそうなら1度指で使ってみて、不便なら必要に応じてブラシを買えばいいのではないかなと思います。 限定ではないですしね 指で塗る場合は、 メイクの一番最後に、指先をバームの先端にぐりぐりして指につけたものをクリームチークなどをなじませる要領でなじませていきます。 トランスパランは特に強めにつけるとベースメイクがよれることもあるので優しく丁寧になじませていってください。

次の

CHANEL(シャネル) ボーム エサンシエル トランスパラン

シャネル トランス パラン

ボームエサンシエルは美肌効果が高いフェイスカラー ボームエサンシルはスティック状のフェイスカラーで、ファンデーションを塗った上から直接肌に塗ることができます。 肌に濡れたようなツヤがでるので、頬、まぶた、唇など、ツヤを出したいところに塗ると顔が立体的に見え、小顔効果もでます。 ボームエサンシエルを塗るとお肌にツヤがでてかなり美肌に見える!ということでインスタグラムで火が付き、売切れ続出のアイテムで、公式サイトでは常に「入荷待ち」状態になっています。 ボームエサンシエルの2つの違いはツヤ感 ボームエサンシエルはトランスパランとスカルプティングの2種類あります。 トランスパランは濡れたようなツヤ ほんのりローズ色のトランスパランは「Transparent」という意味のごとく、透き通った濡れたようなみずみずしいツヤがでます。 色も香りもないので使いやすいです。 スカルプティングはパールのツヤ スカルプティングはパール入りなので、繊細なパールがサテンのようなツヤを出し、顔色がぱあっと華やぐかんじです。 ボームエサンシエル どっちを選ぶ? 私のおススメはスカルプティングです。 使用する前は50代なのでナチュラルなツヤの方がいいかな・・・と思ったのですが、トランスパランはただ濡れているように見えるだけで(笑)、ツヤ・・・というより顔が皮脂でテカってるいるような、汗をかいてるような仕上がりになります。 でもナチュラル感はあるんですよね。 顔に皮脂がでない方はトランスパランの方が自然に仕上がるかもしれません。 一見、派手にみえるスカルプティングの方が、パールが肌にのってツヤがでるし、見た目ほどギラギラするわけではないので、40代以降ならこちらのスカルプティングをおススメします。 ボームエサンシエル 使い方と実際のレビュー スカルプティングを使用しています。 スティック状態で見ていると派手な印象でしたが、お肌にのせるとほどよいパール感がでて、きれいなツヤが出ます。 塗っている場所はこの赤い部分です。 リキッドファンデーションで仕上げたあとはスティックで直塗りできますが、パウダリーファンデーションを使っている方はよれるので、指の腹にとってポンポンとのせた方が良いかも。 塗るときの注意点は3つあります。 頬にちりめんジワができる場合、そのシワにも塗らないようにします。 ちなみに私は上まぶたが腫れぼったい奥二重の目なので、まぶたの上には塗りません。 ボームエサンシエル デメリット シワに塗らないで~と先ほど書きましたが、手の甲に塗ると顔よりもキメが荒いので、キメが目立ちます。 なので頬が乾燥気味な方はシワが悪目立ちする可能性もあります。 2つとも塗ってみたのですが、どちらもやっぱりキメが目立ちます。 でも手の甲とファンデーションを塗った頬とでは土台が違うので、そこまで気にしなくてもいいかなとも思います。 じつは最大のデメリットは「ベタベタする」ことなんです! ベタベタするので、髪の毛がくっつくんですね。 髪の毛もくっつきますが、ホコリとか糸くずとかもつきそうなイメージ。 でもベタベタするせいか、保湿力はけっこう高いです。 口コミサイトでは若い人からの大絶賛が多い 口コミで大絶賛されているので、私も購入してみましたが、これはシミやシワがない若い子向きのアイテムだなあと感じました。 顔がプリプリしてるからこそ、ボームエサンシルのツヤが最大限に生かされるんですね。 50代のシワっぽい肌には、正直むずかしいです。 私は同じツヤを出すアイテムなら、クレドポーのレオスールデクラの方がよっぽど使いやすいし、べたつかない分、仕上がりもキレイだと感じました。

次の

CHANEL(シャネル) ボーム エサンシエル トランスパラン

シャネル トランス パラン

ボーム エサンシエルは2種類 ボーム エサンシエルは2種類あって、色がちがうというよりは使いみちも違うので自分のハイライトのイメージに近いものを選ぶようにしてください。 今回私が購入したトランスパランの方は、透明なバームのようなものにゴールドのラメがいい具合に散りばめられていて、濡れたような艶、水光肌、ぬめり肌、などのキーワードがピンとくる人。 肌にみずみずしい艶を出したい人は重宝すると思います。 艶を足したい人はトランスパラン。 もうひとつのスカルプティングは、見た目にも細かいシャンパンゴールド系のラメが入っているので華やかな感じ。 正統派のハイライトっぽいものをご所望であればスカルプティングをおすすめします。 光を集めて立体感を出したい人向け。 ボーム エサンシエルの使い方 こちらのボーム エサンシエル、スティック状なのですのまま頬を滑らせるかと思いきや、直塗りすると下のお化粧がよれてしまう可能性があるため、専用のブラシまたは指にとってつけます。 ボーム エサンシエル専用の筆が出ていますが、バーム状をのものを乗せるのが苦手な人は買ったほうがいいと思うけど、私を担当してくれたBAさんは指でつけるほうがきれいよ、と教えてくれたので、今回は本品のみ買いました。 ブラシ使用は推奨だけど、必須ではない。 このボーム エサンシエルは専用のブラシもあるのですが、ブラシは必要ないと私は判断しました。 タッチアップしてくれたBAさんも指でやるほうがきれいに付くのよ〜と言って指で付けてくれたので、私は買っていません。 出典: カウンターによってはブラシを使ったほうがいいという方もいるそうなので、その場でタッチアップした感じでいけそうなら1度指で使ってみて、不便なら必要に応じてブラシを買えばいいのではないかなと思います。 限定ではないですしね 指で塗る場合は、 メイクの一番最後に、指先をバームの先端にぐりぐりして指につけたものをクリームチークなどをなじませる要領でなじませていきます。 トランスパランは特に強めにつけるとベースメイクがよれることもあるので優しく丁寧になじませていってください。

次の