はめふらあっちゃん。 はめふらで『あっちゃん』が話題に!【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】

ソフィア・アスカルト (そふぃああすかると)とは【ピクシブ百科事典】

はめふらあっちゃん

概要 本作の主人公の前世である女子高校生(通称・)の親友だった少女。 主にカタリナの前世の回想シーンに登場する。 野猿からは「 あっちゃん」と呼ばれている。 アニメ版ではコミカライズ版に準拠した外見だが、髪の色は茶色に変更されている。 オープニングにおいては『完全攻略本 大技森』なる本を持って登場。 オープニングソングのセリフ リズム パートを語っているかのごとき演出がなされている。 また、この時の歌詞からアニメ版が本作の初見となる層の一部からは「 あいもかわらずに 東奔西走の人」と言われる時も(実際に東奔西走しているのは)。 アニメ版では本編に初登場した第3話から第10話までの間、担当声優が非公開だった。 エンディングのクレジットに表記されたのは第11話が最初である。 人物像 中学一年の休み時間、校庭の木の下を通りがかったら、よりによってその木にて木登りをして落ちた野猿に下敷きにされて以降の付き合いで、彼女と出会うまではオタクゆえの内向的な性格が災いしてであった。 野猿と知り合って彼女に好かれて構われ続けていくうち「野猿のお世話焼き」としてクラスのポジションが確定し、ぼっちから脱却できた。 根っからの野生児であった野猿に対して漫画・アニメ・乙女ゲームなどのオタ趣味を吹き込んだ張本人だが、その事によって野猿が大人しくなり知恵(常識)も多少ついた事から、野猿の両親から「 猿を人間にしてくれてありがとう」と泣いて感謝される。 高校受験においても必死に野猿を支えて彼女を志望校合格へと導いた。 当然『』も完全攻略しており、 隠れ攻略キャラの存在にも至っていたりする。 野猿の突然の死に対して、友の葬式を終えてなお現実感を失い意識が乖離していたが、彼女がメッセージアプリに遺していた「腹黒ドS王子が攻略できない~」の言葉に感情と現実感を蘇らせて号泣。 のち野猿の分まで日々を生き抜くことを誓う。 そして「 もしも生まれ変われるのならば、もう一度あの子と出会い友達になりたい、もう一度、あの子と共に日々を生きたい」と強く強く願うようになる。 ソフィアの悪夢の正体は「親友を事故で喪った敦子の慟哭の記憶」であり、それゆえに「二度と親友を失ってはいけない」という意味で夢に見ているのだが、ソフィアの項目にもある通り、ソフィアの目が覚めた時には忘れている。 前世の記憶がそのまま人格に現れているカタリナとは異なり、 ソフィア自身に敦子の記憶はなく、一種の的な状況による状態にある。 敦子の人格は普段はソフィアの中の根幹のメモリーとして潜んでおり、カタリナの正体(前世)がかつての親友である事にも気付いている。 また、敦子と本編におけるソフィアには以下のような共通点がある。 野猿(カタリナ)が木の上から落ちてきたことで出会う(敦子の場合は下敷きになっている)• 野猿(カタリナ)と共通の趣味で意気投合する• ぼっちだったが、野猿(カタリナ)との出会いで彼女を通じて他の人間とも親しくなる ネタバレに関する関連タグ 関連記事 親記事.

次の

アニメ『はめふら』6話 海外の反応「あれソフィアの声優…」|アニはん

はめふらあっちゃん

Contents• 前回までの『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』 ゲームの設定通り、ゲームの主人公マリアは学園の生徒から虐められていた。 カタリナはすかさず助けるが、結果的にジオルドとの恋愛イベントを横取りしてしまうことになった。 マリアは助けられたカタリナとの関係を、急速に縮めるのだった。 マリアの自慢のクッキーを頬張るカタリナ。 休日に畑に出掛けるキースとカタリナは、近くにマリアの地元の街があることを知る。 約束はしておらず、家にはマリアのお母さんだけがいた。 マリアのお母さんの顔はなぜか浮かばれない表情をしている。 なぜなら、マリアが平民には珍しい魔法使いだったからだ。 町の住人の間で根も葉もない噂話が広まり、お父さんも消えてしまったのだ。 そんなマリア家をカタリナの明るさが変えるのだった。

次の

ソフィア・アスカルト (そふぃああすかると)とは【ピクシブ百科事典】

はめふらあっちゃん

概要 の前世であった女子高校生(通称・)の世界で発売されている『』シリーズにのライバルの1人として登場する女性キャラクター。 のアスカルト伯爵家の令嬢(長女)で、の。 父の伯爵は同国の宰相を務めている。 身長が判明している主要キャラクターの中では最も背が低い。 両親や兄からは大切にされ愛されていたが、その特異な外見が原因で周囲から「呪われた子」と呼ばれて忌み嫌われ、家に閉じこもりがちだった。 しかし魔力を持つためにいずれは学園に入学しなければならず、人慣れの為に王子主催の茶会に参加した際に心無い貴族の子供達に捕まって罵倒されていたところを、偶然にも通りかかったに助けられる。 その後、ロマンス小説を語る同志に飢えていたカタリナに捕まり、好きな物語に登場する憧れの王女そのものの彼女と過ごすうちに、愛らしい笑顔を取り戻していく。 と違いカタリナに対してはあくまでも「親友」とみているが、初めての友人となったカタリナを強く慕っており、義妹になれる可能性にもとづいて自慢の兄であるニコルを何かとけしかけている。 TVアニメではカタリナに自分の気持ちを告白していて、一緒に住む覚悟がある旨を伝えている。 カタリナを独り占めにしようとしているに対しては幼い頃からむっとしていて、もし婚姻関係を結ばれたら今までのように会えなくなってしまうと懸念している。 外見による差別も悩みのタネではあったが、それとは別に、よく 大切な人を失う悪夢に悩まされる。 悪夢の内容は全く覚えていないが、とにかく悲しい事と不安感だけは感覚として残っている。 だが、 カタリナと一緒にいるとそれが消える。 魔力属性は、兄と同じ風。 カタリナ自身は彼のルートを攻略する前に死んでしまったため、詳細は不明だが、親友であったの情報によると、ニコルルートは彼を攻略する前に彼女の攻略が必須だった模様。 外見などの基本設定は本編と同じだが、メアリ同様、カタリナの事は嫌っている。 関連動画 関連タグ (兄) 以下、ネタバレにつき、閲覧注意 実は、 カタリナの前世(通称・野猿)の親友であったの姿である。 ソフィアの悪夢の正体は「親友を事故で喪った敦子の慟哭の記憶」であり、それゆえに「二度と親友を失ってはいけない」という意味で夢に見ているのだが、上述の通り目が覚めた時には忘れている。 前世の記憶がそのまま人格に現れているカタリナとは異なり、 ソフィア自身に敦子の記憶はなく、一種の的な状況による二重人格状態にある。 但し、カタリナと行動した際、「懐かしい感じがします」と話すなど自覚はないが前世との繋がりはある様子。 敦子の転生としてのソフィアに関してはを参照。 真・ネタバレ関連タグ 関連記事 親記事.

次の