レビトラジェネリック販売中止。 バリフの通販価格比較|効果や副作用詳細|正規品取り扱いサイトの紹介

日本では現在処方不可!?レビトラ製造中止の背景

レビトラジェネリック販売中止

このページの目次 CLOSE• 朗報!レビトラジェネリック一番人気のバリフが帰ってきました! レビトラジェネリック人気No. 1だった「バリフ」が2017年はじめに製造中止となり、これまで販売していたお店からもバリフが徐々に消えていきました。 オオサカ堂、アイエスティ、アイドラッグストアなどの大手の業者では既に姿を消し、今後の入荷予定もないようです。 そのため、本サイトでは在庫のある人気No. 2レビトラジェネリックである「サビトラ」をおすすめしてきました。 しかし、メーカーと深いパイプを持つ、くすりエキスプレスにおいては在庫分を優先的にまわしてもらって、今後コンスタントにバリフを供給できるようになりました。 なお、サビトラですが、効果はレビトラと同じであるものの、若干バリフのほうが安いので、個人的にはバリフの方をお勧めします。 バリフ通販の最安値のお店は?調査してみました! 左がレビトラジェネリック「バリフ」、右がレビトラ レビトラジェネリック「 バリフ」は数あるレビトラジェネリックの中で最も人気のある商品ですが、現在取り扱っているのはくすりエキスプレス系列とA社しかありません なお、ベストケンコーはくすりエキスプレス系列で同価格です。 ということで、くすりエキスプレスとA社の価格を比較してみます。。 1箱だけならくすりエキスプレスとA社の値段は変わりませんが、1箱だけだと大変コスパが悪いので、ほとんどの人はまとめ買いをします。 3箱以上ならくすりエキスプレスの単価はかなり下がるのでA社に比べてかなりお得です。 なぜ、レビトラジェネリックは販売中止になったのか? バリフだけでなく、サビトラ、ゼビトラ、ビリトラなどのレビトラジェネリックも製造中止になっています。 メーカー側の意向ということですが、一説によるとレビトラのメーカーであるバイエル薬品がインドのレビトラジェネリック製造メーカーに圧力をかけて製造を中止させたらしいです。 レビトラはまだ特許が切れてませんし、インドの製薬メーカーがレビトラジェネリックを製造することに対してはこれまでも批判があり、製造中止は仕方のないことかもしれません。 ただ、在庫分の販売は認められる バイエル薬品の訴えが却下された そうです。 なので、バリフ 他のレビトラジェネリックも いつかは消えますが、メーカーとコネのあるくすりエキスプレスに関しては在庫分を優先的に回してもらって、当面先までバリフを販売できるようになっているようです。 バリフを通販で購入して使用してみました バリフの通販ですが、簡単です。 アイエスティ 他の業者でも同じですが のHPで商品をカートに入れて、名前と住所とクレジットカードの番号を入力するだけです。 当然日本語で完結します。 所要時間は5分ぐらいです。 追記:アイエスティではバリフの販売は終了しています。 現在私はくすりエキスプレスで購入しています。 6日ぐらいするとシンガポールから国際郵便で小箱が届きます。 品名にはHealthcare Productsとだけ書かれているので中身が家族にバレることはありません。 人にもよりますが、私には1錠まるまるは必要ないです。 空腹時だと15分ぐらい、満腹時だと1時間ぐらいで効いてきます。 バリフ レビトラ は食事の影響を受けにくいといいますが、空腹時の方が早く効果が出ることは間違いないです。 一度効果が発揮されると6時間ぐらいはビンビンです。 1回出しても、しばらくするとまた勃ちます。 あまりの変貌になんだか自分のモノではないような感覚になります。 副作用ですが、あまり感じませんが、体調によっては胸焼け 腹部膨満感 が出ることがあります。 しかし、効果に比べれば副作用は大したことはありません。 今後も末永くバリフを使用していこうと思います。 レビトラとバリフの違い レビトラは高いので当初は購入する予定はなかったのですが、どうしてもバリフとの違いを知りたくなって、くすりエキスプレスで購入してみました。 価格は1箱4錠で5,484円、1錠あたり1,300円ちょっとです。 病院処方よりは安いですが、バリフの価格の数倍でした。 8日後にシンガポールから到着。 パッケージは英語ではなく、どうやらトルコ語のようです。 どうやらこのレビトラはトルコ市場向けらしいです。 それはともかく、中身を明けてバリフと比較します。 レビトラとバリフですが、外見は色も形もそっくりです。 裏面の文字だけが違っていますが、それがなければ見分けるのが難しいです。 効果は6時間ほど続きました。 副作用はほとんど感じませんでした。 全体的には素晴らしい効果でした。 しかし、バリフとの違いはというと、正直感じませんでした。 もしかしたら価格が高い分だけ効果も高いのかも…、と思っていましたが、同成分・同容量だけってやっぱり同じでした。 どうしてもジェネリックは嫌だ、という人以外はバリフで十分だと思います。 レビトラジェネリック「バリフ」の詳細 信頼と安さがセールスポイント 日本ではバイアグラに次いで2番目に認可されたレビトラですが、食事の影響を受けにくいなどバイアグラの欠点を克服した画期的な商品です。 しかしながら、気になるのはその価格。 病院処方だと2,000円程度します。 ファイザー製薬のバイアグラだと1,500円、日本製バイアグラジェネリックなら1,000円程度です。 やはりバリフは高性能の分だけ価格が高いです。 なお、バイアグラと違い、レビトラは特許が切れてないのでジェネリック薬は存在しません。 …しかし、それは日本国内の話です。 製薬大国インドではレビトラのジェネリック商品が生産されており、日本からも通販 個人輸入 で購入できます。 インド製レビトラジェネリックはいくつもあって、バリフ、サビトラ、ブリトラ、ジェビトラなどが日本からも入手できますが、おそらく人気No. 1はバリフだと思います。 バリフはインドのAjanta Pharma社が製造しています。 Ajanta Pharma社は他に人気No. 1バイアグラジェネリック「カマグラ」など、多くのジェネリック薬を製造している製薬会社で信用は高いです。 バリフは1錠あたり200円から300円程度で、まとめ買いすればその半額程度と激安になります。 バリフのネット上の口コミ バリフは人気商品なので、ネット上の口コミも多いです。 バリフの効果や副作用についての口コミをまとめてみました。 もう使いません。 <総評> 口コミを見る限り、ほとんどの方が効果を実感しているようでした。 しかし、一般的にED治療薬に関しては2割程度の人には効果がないと言われているので、バリフを使用しても効果がない人もいると思います。 副作用に関しては、軽い頭痛など軽微な副作用を感じる人が多いようです。 副作用を感じなかったという人もいる一方で、体質に合わなかったのか、副作用が強くて使用を断念したという声も少数ですがありました。 そういう場合はもったいなからと無理に使わないで、すぐに使用を中止しましょう。 <要注意!>レビトラ通販の最安値は? 本家レビトラも通販 個人輸入 で購入できます。 バリフ同様、レビトラを取り扱うショップはいくつもあります。 その中でも最安値はどこでしょうか? レビトラ1箱4錠の価格 V社:8,800円 W社:5,880円 X社:5,680円 Y 社:5,580円 Z社:2,600円 Z社のレビトラがダントツで安いですね 実名を出すとあれなのですが、「レビトラ 激安」などでググったら見つかると思います。 じゃあ、Z社で決まり、、 …ではありません。 Z社は避けましょう。 確証はありませんが、おそらくこのレビトラは偽物だからです。 いくらなんでも安すぎです。 あと、このレビトラは中国製らしいです。 中国は偽造ED治療薬天国です。 悪いですがこの手の商品に関しては信用できません。 本物ならアイエスティやくすりエキスプレスのような大手の業者で購入するか、病院で処方してもらうのが一番良いと思います。 なお、バリフは元々の値段が激安ですし、更に安い偽造品が存在しているという話は聞いたことがありません。 そういう意味でバリフの方が安全と言えるかもしれません。 参考:実際にサビトラを購入して使ってみました レビトラジェネリック人気No. 2のサビトラも購入したことがあります。 くすりエキスプレスにて注文は10分ぐらいで完了。 6日後にシンガポールから到着しました。 箱には商品名は書いていません。 色、形、サイズとも、バリフやレビトラとそっくりです このあたりがバイエル薬品の怒りをかったのかも。 右:サビトラ、中:バリフ、右:レビトラ 使用してみましたが、効果はバッチリでした。 バリフ、レビトラと同じです。 効果の違いは感じません。 バリフの方が若干安いので、今はバリフを使用していますが、もし、バリフがまた販売中止になったらサビトラに乗り換えようと思います。 バリフが気に入ったなら、カマグラやメガリスもいかがでしょうか? バリフは激安のレビトラジェネリックですが、バイアグラやシアリスにも同様の激安商品が存在します。 バイアグラジェネリック「カマグラ」とシアリスジェネリック「メガリス」です。 バイアグラジェネリックやシアリスジェネリックにはいくつかの商品が存在しますが、カマグラとメガリスがそれぞれではNo. 1の人気商品です。 当然私も愛用しています。 カマグラ カマグラはバリフと同じAjanta Pharma社が製造しています。 カマグラはバリフに比べると若干高いですが、まとめ買いすればせいぜい1錠100円程度の価格です。 バイアグラが1錠1,500円程度が相場ですが、比較にならないほどのコスパです。 バイアグラジェネリックにはカマグラ以外にもデグラ、ゼネグラ、シルデグラ、ベガマックスなどの商品が存在しますが、カマグラの特徴はそのラインナップの豊富さです。 カマグラにはスタンダードな錠剤である「カマグラゴールド」のほか、水に溶かして飲む発泡錠や、水なしで服用できるラムネタイプの商品などあります 私が普段使っているのはラムネタイプの商品で「 カマグラPOLO」という商品です。 バイアグラとカマグラの違いですが、私は両方使いましたが、まったく違いは感じません。 バイアグラも素晴らしいですが、カマグラも同様に素晴らしい効果です。 メガリス メガリスはインドMacleods Pharmaceuticals社製のシリアルジェネリック薬です。 シアリスジェネリックだとメガリスの他、タダリスSX、フォーゼスト、タドラなどがありますが、おそらくメガリスが一番人気です。 メガリスの価格は1箱4錠で1,500円ほど。 しかし7箱まとめ買いすれば2,800円ほどなので、1錠あたり100円程度になります。 病院処方のシアリスが1錠2,000円程度ですから、比較にならない価格です。 また、シアリスは偽造品が多いですが、その偽造品も1錠数百円するので、メガリスのほうが偽造品より安いと言えます。 シアリスとメガリスの違いですが、私が両方使った感じでは、効果の差は感じませんでした。 シアリスも素晴らしいですが、メガリスも全く劣りません。 バリフ、カマグラ、メガリスの特徴をまとめると以下のとおりです。 食事の影響を受けにくい。 食事の影響を受けにくい。 以上のような特徴をよく踏まえて使い分けていきましょう。 <姉妹サイト>.

次の

レビトラの在庫切れが続発!原因は?供給再開のメドは?|ED治療ナビ

レビトラジェネリック販売中止

レビトラジェネリックの個人輸入でおすすめ業者はです。 というか、 レビトラジェネリックはベストケンコーがほぼ独占状態になっています。 偽物まで含めるとちらほら見かけることもありますが、正規のインドジェネリックと呼ばれるレビトラジェネリックを扱っている個人輸入代行ということで考えると私が利用したことがある個人輸入代行業者ではベストケンコーしかありません。 レビトラのジェネリックは現在有効成分として配合されているバルデナフィルの商標権の問題によって製造中止になっている製品もあって個人輸入代行業者でも取扱いのない販売サイトも多いので貴重です。 具体的にはレビトラを製造、特許を持っているドイツのバイエル社がインドでレビトラのジェネリックを製造していたアジャスタファーマに対して訴訟を起こしてバイエル社が勝訴した結果、バリフが製造中止になりました。 バリフはレビトラジェネリックの中でも人気のジェネリック薬でしたが、製造中止によって様々な個人輸入代行サイトで取り扱い中止となりました。 販売停止ではないので製造中止前に製造されたものはまだ販売されていますが、世界的に見てもバリフの在庫は減る一方でしょう。 なので、今はバリフに代わるレビトラジェネリックに注目が集まっています。 ちなみにベストケンコーで取り扱っているレビトラジェネリックは何種類がありますが、最近人気なのが「 サビトラ」です。 >>> たま〜にすでに製造中止しているバリフが入荷することもありますが、 すでに世界的にみても正規品の在庫はどんどん少なくなっていく一方です。 バリフは大人気のためにすぐに在庫切れになっていることがほとんどですね。 >>> 私の知り合いには偽物のED治療薬とわかっていながらも服用するクレイジーな人もいますが、危険なのはもちろん、偽物と本物では効果に雲泥の差があるので偽物なんか飲んだところでリスクしかないと個人的には思っています。 実際私もタイ旅行に行く時はED治療薬調達係に選ばれるのですが、これまでにED薬の偽物しか知らなかった人は本物の効果に驚き、その姿を見るのもちょっと楽しくなっています。 と、そんな私がいつもお世話になっているのがベストケンコーなので安心なのは間違いありません。 一度だけ届くまでが遅くて心配になったことはありますが。 (笑) ただ問い合わせすればきちんと対応もしてくれます。 個人的にはシアリスのほうが自分には合っているのでレビトラジェネリックは まだ購入したことはありませんが、ベストケンコーなら間違いないでしょう。 もしレビトラジェネリックが人気で売り切れていたらシアリスを使ってみてください。 >>> レビトラジェネリックの正規品は日本には存在しない レビトラは発売されてからまだ20年経過していないので世界的に見ればまだ特許が切れていないので 国内で厚生労働省から認可されているレビトラジェネリックの正規品は存在しません。 なのでレビトラジェネリックの入手方法は個人輸入代行1択です。 当たり前の話ですが、楽天やAmazonでも販売されていません。 ただし、日本でも東京や大阪、名古屋といった大都市にあるED(勃起不全)専門のクリニックでは病院が個人輸入をした海外製品のレビトラジェネリックを仕入れてきて処方している病院もあります。 病院が個人輸入しているから安心だと思っている方もいますが、病院でも個人輸入した偽物のレビトラジェネリックを処方している悪質なケースも話題になっているので病院で処方してもらったからといって偽物には注意しましょう。 今後レビトラや有効成分であるバルデナフィルに関する特許が切れるタイミングで国内正規のジェネリックが出ることは予想されますが、今のところはレビトラジェネリックはインドジェネリックのみとなっています。 日本でいつ正規品のレビトラジェネリックが登場するのか?と疑問に思っている方もいると思いますが、少なくとも2020〜2024年頃までは販売されることはないと思います。 特許は一種類だけではないので製法や成分など様々な要素があるので一概に20年経過すればOKというわけでもありません。 インドでは薬剤の特許が認められていないので同じ成分を同量入れたジェネリックを特許や発売期間に関係なく製造することができます。 このようにインドで製造されているジェネリック薬品をインドジェネリックと呼びます。 先進国で製造されている医薬品と比較すると5%のジェネリック薬に品質のバラつきがあると言われていますが、インドジェネリックは国際NGO「国境なき医師団」でも使用されている医薬品です。 ただ当然バイエル社のような先進国の製薬会社からすれば面白くないので度々目を付けられて訴訟に発展するケースもあるようです。 代表的なレビトラジェネリックは「バリフ」「ジェビトラ」「ブリトラ」「サビトラ」「レビスマ」「ジマトラ」の6種類で、この他に早漏防止に効果があるとされるダポキセチンが配合された「スーパージェビトラ」や「サビトラマックス」もあります。 (値段は3倍ぐらいになる) レビトラジェネリックを比較すると値段的には 10mgあたり80円〜200円程度。 バリフ・ブリトラは20mgしかないのでピルカッターがあると便利です。 まあ私の場合は手で割りますが。 ちなみにバリフとジェビトラはすでにメーカーが製造中止しているので今後は個人輸入でもどんどん手に入りにくくなっていくでしょう。 安定的に使い続けるなら現在はサビトラになるんですかね! 人気という点で見るとバリフですが、現在の個人輸入サイトの通販売れ筋ランキングではサビトラですかね。 上記の製造中止や販売中止はインドジェネリックであるバリフがインドの裁判所での裁判に敗訴してしまったからで、その他のレビトラのインドジェネリックも次々と製造中止や販売中止となっている背景があります。 そんなインドでのレビトラジェネリック事情を考えると唯一イギリスで製造・販売がされているジマトラを今後の安定供給を考えて、ED薬の乗り換えをしている人が増えて人気になっています。 もちろん値段が手頃なのも人気の理由です。 >> レビトラジェネリックの場合は値段によって人気が変わってくる傾向が強いですね。 レビトラジェネリックの効果と副作用について ジェネリックというのは 「有効成分の種類と量」「用法・用量」「効果・効能」が新薬と同じでなければいけないので正規品であれば効果や副作用は新薬と同じです。 レビトラはED治療薬としてはバイアグラの次に販売された薬で、製造しているのはドイツにあるバイエル薬品です。 見た目はオレンジ色ですが、フィルムコーティング剤なので中身は白い錠剤となっています。 レビトラの正規品は錠剤に「BAYER」と十字に刻印がされています。 反対側には錠剤の規格である数字が刻印されています。 質の低い偽物の場合はこの刻印すらないので比較的見分けるのは容易だったりします。 レビトラのED治療薬としての特徴は薬価が決められていないためにどこの医療機関で処方してもらっても保険適用外の自由診療となってしまう点です。 レビトラのジェネリックは日本ではまだ正規品が存在していませんが、レビトラ自体は2004年の4月に厚生労働省から承認されて2ヶ月後の6月から発売されています。 レビトラが発売されたばかりの頃は5mgと10mgの錠剤のみでしたが、2007年からは20mgの錠剤も販売されています。 レビトラの効果や副作用に関しては、検索をすればクリニックのページがたくさん出てくるのでそちらのほうがより詳しく紹介してあると思いますが、簡単に説明するとレビトラの効果はED治療薬であるので勃起の補助となります。 どのようなメカニズムでレビトラの勃起補助の効果があるかと言えば、有効成分であるバルデナフィルが血管の拡張を阻害するPDE-5という酵素の働きを阻害することで正常な勃起に導くことが可能になります。 レビトラは食事の影響を受けないED治療薬をして人気ですが、食事の影響を受けない範囲は210キロカロリー程度であると言われています。 またレビトラは 効果の即効性にも定評があり、国内で販売されている3大ED(勃起不全)治療薬の中でも効果が現れるまでが最も早い薬といわれています。 性行為前の15分前に服用すれば効果が現れると7割以上の被験者によって確認されています。 レビトラは食事やアルコールの影響を受けない点が魅力ではありますが、お酒を飲む際には飲みすぎるとレビトラの効果が現れない可能性があり、お酒が弱い人の場合はレビトラの服用でアルコールが体内に一気に回り、倒れてしまう可能性があります。 なので レビトラを服用し、アルコールを摂取する際はお酒の量をなるべく控えておいたほうがより効果的と言えるでしょう ちなみに心因性のEDの場合は適度なアルコールのリラックス効果によってよりレビトラの勃起補助効果を引き出すことができるとも言われています。 10mg錠のレビトラジェネリックの場合は効果の作用時間は大体5時間〜6時間程度、20mg錠であれば8時間〜10時間が効果の持続時間です。 レビトラの中でも特に20mg錠はED改善の効果が非常に高いことから、重症と考えられるED患者の最期の砦とも言われるほどです。 以上がレビトラの効果で、レビトラのジェネリックの効果も同じです。 口説けるか、口説けないか微妙〜な時でもレビトラなら確定してから飲んでも本番に及ぶまでには効果が出ているのが嬉しいところですね。 (笑)大体最短で15分で効果が出ると言われています。 副作用に関しては「頭痛」「身体のほてり」「鼻づまり」持病によっては「昏睡」「強いめまい」「失神」「肝機能障害」も起こり得ます。 副作用は他のED薬とさほど変わりありません。 レビトラの副作用に関して最も多いのは 頭痛です。 頭痛の原因は血流が良くなることで血管付近の神経を刺激することで起こります。 一つ注意点としては、副作用を気にするあまり、そのストレスが原因となってEDの症状が深刻化してしまう場合があるので副作用に神経質になりすぎない・どうしても副作用が心配な方は一度病院に行き医師の診断や説明を聞いてからレビトラを服用してみて、それで大丈夫であればレビトラのジェネリックを個人輸入で安く購入したほうがいいでしょう。 もし、レビトラのジェネリックを服用して副作用による頭痛が気になる場合はロキソニンの服用がおすすめです。 ロキソニンは抗炎症作用のある鎮痛剤なので、血管拡張による頭痛を抑える効果が期待できます。 レビトラの副作用による頭痛が気になる方はレビトラとロキソニンを同時に服用しているようです。 それでも 副作用が心配という方は、恥を忍んで一度だけクリニックに行くのがオススメです。 クリニックに行ったほうが不安を拭えると思います。 最初にバイアグラ・シアリス・レビトラと少量ずつ処方してくれて自分にどのED治療薬が合っているのか処方してくれるクリニックもあります。 ちなみにベストケンコーにも3大治療薬のセットがあって人気です。 >>> ジェネリックの特殊な副作用としては成分の種類と量は同じですが薬をコーティングしている部分はそれぞれのメーカーによって違うのでそのコーティング部分でアレルギー反応を引き起こしてしまう場合もあります。 ここで紹介したレビトラジェネリックの効果と副作用はあくまでも正規品の場合なので 偽物を掴まないということが第一に重要になってきます。 レビトラジェネリックを個人輸入する際の注意点 個人輸入をする時の注意点というよりも 偽物を掴まないための注意点ですね。 レビトラは数多くの偽物が出回っているので信頼できる個人輸入代行サイトでなければ偽物を掴まされる可能性も十分に考えられます。 レビトラジェネリックの中でもバリフはレビトラ程偽物は多くないです。 なぜか?と言えば、レビトラジェネリックの中でもバリフは価格が元々かなり安いので偽物を作って販売するほどのうまみが少ないからです。 まず、正規品と偽物の見分け方ですが表面上は 刻印の有無です。 レビトラジェネリックに限らず、レビトラや他のED薬も錠剤に刻印があることがほとんどです。 この刻印がないものはまず偽物だと思って間違いないでしょう。 レビトラの場合は先程も紹介しましたが「BAYER」と「錠剤規格(5・10・20mg)」の刻印が入っています。 ジェネリックとして人気のバリフには「V」「20」の刻印が入っています。 「そんなわかりやすい偽物なんてあるの?」と思われるかもしれませんが、結構あります。 中には包装すら適当で透明な袋に入って送られてくる雑な偽物もあります。 PTP包装が違うなんてケースもありますね。 購入して手元に届くまでは正規品か偽物がを判断するのは難しいかもしれませんが、上記のような雑な偽物が届いても服用しないのがおすすめです。 次に、 個人輸入代行業者の選び方に共通するのですが、日本語が不自然なサイトはダメです。 ちゃんとした個人輸入代行業者であればサイトもきちんと日本語で作られていますし、問い合わせをすれば日本人が対応してくれるのでおすすめです。 日本語が不自然なサイトは基本的に1錠あたりの価格が異常に安いです。 当然偽物である確率が高いと言えます。 ベストケンコーでもレビトラジェネリックのサビトラは20箱まとめ買いしてやっと1箱1000円になります。 大体レビトラジェネリックだと10錠入りで1500円〜3500円ぐらいなので1箱の価格があまりにも安い個人輸入サイトは怪しいと思っておいたほうがいでしょう。 もう一つ、ED治療薬の偽造品でありがちなのが規格の違いです。 レビトラの場合は2. 5mg錠、5mg錠、10mg錠、20mg錠のフィルムコーティング錠しかありませんので、それ以外の規格のレビトラはまず偽物と思って間違いありません。 (日本では2. 5mg錠は承認されていない) 最後にこれは飲まないとわからないですが効果が明らかに違います。 本物を飲んだことがある人なら偽物を飲んだら違いが一発でわかると思います。 ただ当然偽物を飲むのはリスキーなのでできる限りその前の段階で防ぐか、本物を取り扱っている個人輸入代行業者を末永く利用するのがいいでしょう。 レビトラジェネリックに関しては がおすすめですが、その他の個人輸入代行ならオオサカ堂もたまに利用します。 使い分けは基本的には業者の価格を比較しています。 ただ現在オオサカ堂はクレジットカード決済ができないので私はベストケンコーを使うことがほとんどです。 全ての商品を注文したわけではありませんが、現在のところどちらも偽物は今までありませんでした。 安心して利用できる個人輸入通販業者を複数見つけると比較できるので便利ですよ。 実際に商品の注文から発送までは楽天やAmazonなどでのネット通販と大して変わりません。 あえて言えば海外からの発送なので届くまでに多少時間がかかるぐらいです。 個人輸入だときちんと届くか心配な方もいるかもしれませんが、問い合わせやサポートも付いていますし、個人輸入の業者によっては日本国内に入ったら追跡できる発送をしてくれる業者もあります。 当サイトで紹介しているベストケンコーがそうです。 先程も少し触れましたが、レビトラのジェネリックはその有効成分であるバルデナフィルに特許が新たに加えられたので現在はレビトラジェネリックも 製造中止になっていて、 現在個人輸入で販売されているのは在庫の商品となっています。 一部のレビトラジェネリックに関してはまだ販売が継続されるようですが、製造中止が決定しているレビトラジェネリックに関してはどんどん入手困難になっていきますので気にいったレビトラジェネリックがあったら まとめ買いをしておくことをオススメします。 レビトラジェネリック利用者の口コミ レビトラジェネリックの利用者の効果や副作用に関する口コミをベストケンコーのサイトから少し紹介したいと思います。 口コミやレビューをしっかりと読んでから購入するのがおすすめです。

次の

レビトラジェネリックの個人輸入でおすすめの業者はどこ?

レビトラジェネリック販売中止

レビトラのジェネリック医薬品について【浜松町第一クリニック】• 当院でも以下の処方価格にて全医院にて処方開始しています。 バルデナフィル錠10mg「サワイ」1錠:1,400円 税込 バルデナフィル錠20mg「サワイ」1錠:1,600円 税込 バルデナフィル錠10mg「トーワ」1錠:1,400円 税込 バルデナフィル錠20mg「トーワ」1錠:1,600円 税込 バルデナフィル錠「サワイ」とバルデナフィル錠「トーワ」の画像は以下の通り、「サワイ」は1シート5錠のPTP包装、「トーワ」は1シート10錠包装です。 どちらもシートの裏側の色が先発品のレビトラと同じ色合いであることから取り扱いはし易い印象です。 また、どちらも 10mgと20mgともに割線入りなので、とても割り易い剤形です。 割るのが面倒でなければ20mgを割って10mgにして服用れば経済的なので割って使用しても良さそうです。 ここ最近、 全国の主要駅近くに複数院展開している男性専門のED薬処方クリニックが、偽物混入の危険性がある個人輸入で仕入れた海外製のレビトラジェネリックを「正規流通経路でのレビトラジェネリック」と記して処方しているので注意して下さい。 以下に正規品と非正規品の画像を掲載しておきます。 後にリスクについてもご説明させていただきますが、既に当院にはその悪質なクリニックで処方された 非正規品のレビトラジェネリックを服用して強い吐き気を感じたりお腹を下したりといった健康被害にあった患者様からの問い合わせも来ているくらいですので、以下のような非正規品のレビトラジェネリックは服用しないのが賢明です。 独立行政法人 工業所有権情報・研修館」の運営する研究開発者向けに「重複する研究開発の防止」「既存の技術を利用した研究開発の推進」「意図しない権利侵害の防止」等を目的としたにて入念に調べてみました。 その結果、ある程度の情報を得ることができましたので以下にご紹介させていただきます。 【出願人】バイエル アクチェンゲゼルシャフト(ドイツ語で[aktien]は株式、[Gesellschaft]は会社、つまりバイエル株式会社の意) 【発明の名称】ホスホジエステラーゼ阻害剤としての2-フェニル置換イミダゾトリアジノン類 【特許番号】特許第3356428号(P3356428) 【出願日】平成10年10月31日(1998年10月31日) 『特許情報プラットフォーム|J-PlatPat』にて調べてみました。 にある「特許3356428」をクリックしてみて下さい。 【請求項1】にある構造式はレビトラの有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物であり、【請求項7】には「請求項1に記載の化合物を有効成分として含有することを特徴とする勃起機能障害の処置剤」とあることから、これがレビトラに関する物質・用途の特許である可能性が高そうです。 また、にある「特願2004-700045」を見てみると上記の特許番号3356428の延長出願登録が閲覧ができ、そこには以下のように処分の対象物として「塩酸バルデナフィル水和物」、特定された用途として「勃起不全」と明記されていることからも明らかです。 特許権の存続期間の延長登録の理由となる処分 薬事法第23条において準用する同法第14条第1項に規定する医薬品に係る同項の承認• 処分を特定する番号 承認番号21600AMY00075000• 処分の対象となった物 塩酸バルデナフィル水和物• 処分の対象となった物について特定された用途 勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者) レビトラの特許満了日について 添付画像の経過情報照会は上記の特許のものです。 特許出願日が「1998年10月31日」特許期間は20年なので本来、満了日は「2018年10月31」だったのですが延長出願し「1年6ヶ月」の延長が認められたことにより満了日が上記の期日となっていることがわかります。 冒頭で紹介した通り 2020年6月3日に沢井製薬株式会社がレビトラ錠のジェネリック医薬品としてバルデフィル錠「サワイ」の製造承認を取得し6月13日現在、発売準備中となっていることから予想通り「満了日は2020年5月18日」だった裏付けでもあります。 この特許の要約に「本発明は、バルデナフィル塩酸塩を本質的に固体の三水和物の形で含む薬剤の製造法、および、この方法によって得ることができる薬剤に関する」とあること。 またレビトラが厚労省より製造販売承認を取得したのが2004年4月、上記の通り出願日は2003年10月であり承認の半年前、時系列で考えても承認の目途がたってから製法特許の出願をしたと考えることで説明が付きます。 これはレビトラの製法特許である可能性が高いとみてよいでしょう。 基本的に先に「物質・用途特許」が満了を迎えれば、この製法特許にある製造方法以外であればバイエル薬品以外の製薬メーカーもレビトラのジェネリックを製造販売できるようになります。 特許満了日は出願日の20年後、2023年7月3日です。 また新たな情報が入り次第、こちらで情報提供させていただきますので、気になる方はお手数ではございますが定期的にご訪問下さい。 国内ではレビトラは特許満了日のかなり前からインターネットで「レビトラジェネリック個人輸入」で検索すると多くの個人輸入代行業者の運営する通販サイトが表示され、サイトの中を覗いてみると、本来、存在しないはずのレビトラのジェネリックが全てインド製ですが数種類販売されていました。 レビトラは2020年まで国際的にも特許が満了を迎えていなかったので本来は存在しないはずなのですが、どうしてインドだけでは存在しているのか?それはインドでは「2005年まで物質特許が認められていなかったこと」「発展途上国を支援する国境なき医師団の慈善事業の絡み」「地元の製薬会社からの反発」等が原因で、未だに先発品メーカーも諦めざるを得ない状況だからです。 代表的なインド製のレビトラジェネリックには以下のようなものがあります。 ・・Ajanta Pharma社製(アジャンタファーマ社)• ・・Centurion Laboratories社製(センチュリオンラボラトリーズ社)• ・・Sunrise Remedies社製(サンライズレメディ社)• ・・Sava Medica社製(サバ・メディカ社)• 未承認薬シルビトラ(SILVITRA)・・MACLEODS社製(マクレオーズ社) 以下で日本国内でインド製ジェネリックを入手して服用するリスクも説明いたしますが、たとえクリニックからの処方であっても服用は止めておくのが賢明です。 日本国内で海外製のレビトラのジェネリックを入手するには、たとえ医療機関であっても個人輸入に頼るしか方法がありません。 上記で紹介したインド製レビトラジェネリックは個人輸入代行業者の運営する通販サイトで非常に需要があるため、悪徳業者がそこに目を付けて個人輸入代行業者にもわからないように偽造品・模造品とすり替えて流通させて利益を得ている場合も決して少なくないのが実状です。 しかも日本の個人輸入の医薬品に対する法整備がゆるいので世界的に見ても特に日本は狙われやすい国となっています。 公共の安全を守る世界規模の活動をしている米国の 「不正医薬品販売業者にとって日本はアメリカに続き世界第2位の標的になっている」ということをご存じでしょうか? 日本は世界的にみても安全な暮らしができる環境であるがために、悪徳業者にターゲットにされていることを決して忘れてはいけません。 個人輸入で国内に入ってくる多くの医薬品の中でもずば抜けて偽物の混入率が高いのがED治療薬です。 それを承知で個人輸入で仕入れ、それをあろうことか患者さんに処方する悪質なクリニックがあるので注意して下さい。 そのようなクリニックに行かないために、安全に処方を受けられる病院の選び方を以下のページで詳しく説明しているのでご覧下さい。

次の