ポケモン 剣 盾 アブリー。 【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

アブリー|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 アブリー

【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はリーフィアの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ブイズは特殊アタッカーのイメージが強いですが、リーフィアとブースターは数少ない物理アタッカー系ブイズです。 今回は晴れパのエースとしても有名なリーフィアの強さを探っていきましょう。 リーフィアの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【リーフィアの特徴1】物理方面に強いステータス リーフィアは攻撃種族値110、防御種族値130と、物理方面については非常に強いステータスをしています。 一方で特殊方面については特攻種族値60,特防種族値65と非常に低いステータスになっています。 HP種族値は65とあまり高くないため、特殊耐久は低いと考えて扱ったほうがいいでしょう。 【リーフィアの特徴2】そこそこ速い素早さ種族値&夢特性:ようりょくそによる圧倒的素早さ リーフィアは素早さ種族値95と、タチフサグマ、ヒヒダルマなどと同じくミミッキュより「1」だけ低い数値になっています。 とはいえトップレベルの使用率を誇るミミッキュが抜けないとしても、物理方面に強いリーフィアにはvsミミッキュに限って言えばそこまで致命的ではありません。 しかし、リーフィアより速くかつ弱点のなかでも特に炎・飛行・氷については強力なアタッカーがいるので、上から殴れるほうが嬉しいです。 リーフィアは夢特性ようりょくそというフシギバナと同じ特性を持っています。 これは晴れのときに素早さが2倍になるという特性なので、晴れにすることができればほぼ上から殴れます。 リーフィア自体はにほんばれ以外に自前で晴れにする技は覚えないので、コータスやキュウコンといった特性で晴れにできるポケモンと組んだり、他のポケモンでダイバーンをうったあとにリーフィアを出すような動きが必要になるでしょう。 なお、通常特性のリーフガードは晴れのときに状態異常を防ぐというものなので、いずれにせよ以下にして晴れにするかが重要です。 参考 「」 「」 「」 「」 【リーフィアの特徴3】物理版ソーラビーム=ソーラーブレード ランクバトルでそこまで見かけるポケモンでもないので見たことがないトレーナーも多いかもしれませんが、実は物理技にもソーラービームのように晴れのときに1ターンの溜めが不要で威力125の高火力をうてるソーラーブレードという技があります。 物理攻撃種族値がそこそこ高く、晴れのときに特性が発動するリーフィアと相性がいいので、天候をうまくコントロールできるかどうかがリーフィアをアタッカーとして使う上での1つのキーとなるでしょう。 リーフィアの育成論と戦い方 リーフィアは晴れパのエースとして育てられることが多いですが、素の物理防御もかなり高く他のブイズ同様対面操作技を覚えるので数は少ないもののこちらの型も見られます。 【リーフィアの育成論】晴れパエースリーフィア• 特性:(夢)ようりょくそ• 個体値:C抜け5V• もちもの:弱点保険• わざ:ソーラーブレード・こうごうせい・タネマシンガン・アイアンテール 特徴 普通の晴れパエース型リーフィアです。 基本的には前段に特性日照り持ちをおくなど起点作成後に出します。 できればダイマックスを切りますが、晴れのときであればダイマックスせずとも高火力のソーラーブレードとこうごうせいで戦うことができます。 また、ミミッキュやみがわり持ち、きあいのタスキ持ちにもタネマシンガンで削っていくことができます。 そのため、性格補正をかけてぶっぱをします。 S188ラインまで落とすと、準速ロトム系やリーフィアに飛行打点(弱点を突きつつS逆転が可能な技)がない最速74族を抜けるため、ここを調整ラインにしています。 それを嫌う場合はリーフブレードや、そもそも別の技(技範囲を広げるあなをほるなど)を採用するのもありでしょう。 それ以外のときはじこさいせいと同じく半分回復ですが、耐久にあまり振っていないリーフィアなので晴れのとき以外に使ってもあまり意味はないでしょう。 ダイマックスのときのダイウォール枠でもありますが、あまり使わないようであれば対面操作ができるあくびの採用もありです。 パルシェンのスキルリンクつららばりのように5回必ずあたるわけではないので、できるだけソーラーブレードの方を選択する方がいいでしょう。 基本的には素の状態で戦う=晴れ下でソーラーブレードを打てる状態なのであまりこの技を素の状態でうつことはないでしょう。 技が違いますが弱点保険リーフィアを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【リーフィアの育成論】対面操作型リーフィア• 特性:(夢)ようりょくそ• 個体値:C抜け5V• もちもの:たべのこし• わざ:つるぎのまい・あくび・バトンタッチ・リーフブレード 特徴 ブイズ恒例対面操作型です。 タイプ不一致弱点(ドラパルトのだいもんじなど)なら耐えます。 とはいえ命の珠トゲキッスのようにタイプ一致弱点を突いてくる相手にはここまで振っても一撃でやられるほど弱いので気をつけましょう。 防御無振りでもミミッキュの命の珠じゃれつくを確定3くらいの物理耐久があります。 HPはたべのこし調整をしています。 あくび・まもる・ねがいごとのブラッキーセットも一応できなくはないです。 大体は前段にコータスかキュウコンが出てきて起点作成を行い、後ろからリーフィアが出てきます。 コータスのあくびなどで晴れ+眠りにされてしまうと、リーフィアが剣の舞を持っていることもあってそのまま積んで超高速高火力から全抜きにうつられることもあるため注意しましょう。 コータスやキュウコンがいなくても、ダイバーンをうてるポケモンがダイマックスしてきたあとにリーフィアが出てきて、ちょい残ししたポケモンを超高速+ソーラーブレードの高火力で一掃してくる動きも考えられるため、こちらも出すだけで天候操作が可能なバンギラス・ペリッパー・カバルドン・アローラキュウコンなどを後ろに控えておくのもおすすめです。 とはいえリーフィア自体そこまで個体数の多いポケモンでもないので、相手のパーティの構成をみて柔軟に対応するのが王道の対策となります。 まとめ:【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】 いかがでしたでしょうか。 ブイズの中では珍しい物理アタッカー型のリーフィア、晴れパでその真価を発揮するのでコータス・キュウコン・リザードン・フシギバナなどと合わせて晴れパを組んでみるのも面白いかもしれませんね。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】

ポケモン 剣 盾 アブリー

25で ポケモンずかんの説明文 はなのミツや かふんが えさ。 オーラを かんじる ちからを もち さきそうな はなを みわけている。 漢字 花のミツや 花粉が 餌。 オーラを 感じる 力を 持ち 咲きそうな 花を 見分けている。 はなに にた オーラを もつ ひとの あたまの うえには たくさんの アブリーが あつまってくるよ。 漢字 花に 似た オーラを 持つ 人の 頭の 上には たくさんの アブリーが 集まってくるよ。 はなのミツと かふんが こうぶつ。 はなばたけで エサを めぐり バタフリーと こぜりあいをしている。 漢字 花のミツと 花粉が 好物。 花畑で エサを 巡り バタフリーと 小競り合いをしている。 いきものの オーラを かんじとる。 オーラから うごきを さきよみ して てきを ほんろう するのが とくい。 漢字 生き物の オーラを 感じ取る。 オーラから 動きを 先読み して 敵を 翻弄 するのが 得意。 かふんや みつが だいこうぶつ。 ヒメンカの かふんを ねらって アブリーが ちかくを とびまわる。 漢字 花粉や 蜜が 大好物。 ヒメンカの 花粉を 狙って アブリーが 近くを 飛びまわる。 てきが はっする オーラから つぎの こうどうを よそくする。 こうげきを ひらりと かわして はんげきする。 漢字 敵が 発する オーラから つぎの 行動を 予測する。 攻撃を ひらりと かわして 反撃する。 種族値 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 40 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 出現場所 レベル 入手方法 S・M Lv. 7-10 - - Lv. 9-12 Lv. 9-12 US・UM Lv. 7-10 Lv. 11-55 のびのびリゾート Lv. 9-12 Lv. 9-12 US Lv. を参照。 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 アブリー アブ Cutiefly cute(かわいい)、fly(飛ぶ) Wommel Bombydou 에블리 萌虻 Cutiefly 英語に同じ 関連項目.

次の

【ダブルバトル】炙り爺【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 アブリー

0 今回はリーフィア。 イーブイズパーティとしては最強の「物理受け」ポケモンであり、7世代から大変活躍してくれていました。 8世代になって「やどりぎのタネ」を習得し、その型に磨きがかかった一方で様々な技が使えなくなって「意外性」を奪われた一面も。 Zパワー、メガストーンがなくなって実質的な強化となった 「はたきおとす」や「ダイジェット」で素早さが上がる「つばめがえし」は使えません。 種族値だけ見ればアタッカーとしても優秀なポケモンですが、失った技が大きな理由となって 基本的には物理受け特化することが安定だと思います。 物理受け特化はイーブイズ特有の豊富な補助技も強さの一因です。 受け型なら変に調整するより安定する 実数値:171-130-158-x-85-155@ようき 努力値:HP244 防御60 素早さ204 調整先: 最速ドリュウズ 88族 抜き 備考 :甘えるを使うならアリ。 先制で甘えたい オススメの型 自分が使ってみて強かった代表的な型を紹介します。 そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 7世代は「ミミッキュ受け」として頑張っていたのに、今作になって「最速球持ちダイマックス有」なミミッキュになって受けれなくなった。 悲しい。 それでも対面は基本的に勝てる(剣の舞ダイフェアリーを確定耐えする)し、一般的な物理受けとしては宿り木の種を習得したことで幅が広がった。 「タネマシンガン」はリーフブレードとの選択になるが、ミミッキュ対策の他に「接触しない」「PPが多い」というメリットもある。 でも イーブイズパーティじゃなかったら普通にリーフブレードで良い気がする。 やどりぎ、あくび、こうごうせいという強力な補助技がメインではあるがダイマックスを考慮して 「アイアンテール」もあり。 ダイスチルは自分の防御を1段階上げることができるのだ。 また、以前は当たり前に入っていた 「あまえる」は弱点保険バンギラスに対して大変よく通る。 「あくび」と選択肢になるところ。 大文字を吐いてきたら土下座して逃げよう。 草単タイプというのは攻めるにしても受けるにしてもあんまり良くない• ダイマックスにより役割破壊技(物理アタッカーの大文字など)が増えた• この異質な型をオススメしていいのか疑問に思いますが、僕自身がまだ正解を見つけられていないのでとりあえずコレで…。 適宜更新していきます。 気になる無振りミミッキュへのタネマシンガンですが、一発39~46ダメージなのでダイマックスされてたら化けの皮もあるし無理ですね。 でも 通常ミミッキュなら乱数3発 14. 4回ならなんとかしましょう。 ワンパンです(ワンパンとは) 「アイアンテール」はダイマックスした際に防御を上げることができるので採用。 技範囲的には「あなをほる」のほうが優秀ですが、技名に縁を感じるので採用。 そして「こだわりハチマキ」なのに「にほんばれ+ウェザーボール」というトチ狂ったコンボを採用しているのですが、天候晴れでダイアタックすることによってちゃんと「ダイバーン 威力130 」になります。 20試合使った。 一人しかラプラス使ってなかった。 その人ラプラス出さなかった。 とはいえ持ち物以外はもともと使っていたようなリーフィアなのですが、「ダイジェット環境なので使いづらいのではなく、リーフィアに対してダイジェットを打たせてダイマックスをいなすのが強い。 対面なら甘える入れて無力化できることもある」的な感じで、なるほどなぁって思いました。 ダイマックスをいなした後、他2匹のポケモンで試合をひっくり返さないといけないので、どう考えてもイーブイズパーティ向きではありませんでした。 リーフィア単体の型としては、すごくいいとおもいます。 カビゴンやミミッキュに対する対面性能は落ちますが、ドリュウズに対する有利やハチマキヒヒダルマとの同速ゲームが可能なところが魅力です。 この流れを確保しておけるのはリーフィアを使う上で非常に選出をしやすくする要素なので、強く感じました。 他のイーブイズ育成論を見る.

次の